NEW!
2009/09/30(Wed)
10月の新豆入荷!\(~o~)/!
IMG_1963.jpg
早速買って来ました(^^♪
今回はお祭りって事でオマケが付いてました!
IMG_1965.jpg
カプチーノパウダーだそうです
さて、早速淹れてみましょう(~o~)
今回はコチラ!

タンザニア オルデリア エーデルワイス農園 ですっ!

IMG_1968.jpg

豆は小粒で丸っこいです
IMG_1966.jpg

一口にタンザニア珈琲、キリマンジャロ、などと言っても、産地とか、豆の種類とか、まぁ兎に角色々有るんですね~^^;
知れば知るほど奥が深いわ~
コイツは挽く前から結構鮮烈な香りがしますねー
結構きつそうな予感・・・
んで、飲んでみます
おぉ~~~(*^_^*)
予想通り、苦味・コクのクッキリしたタイプですね!
美味いんだけど、チョットきついかも・・・
寝ぼけた朝に良いかもw
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
メンテ!
2009/09/27(Sun)
昨日で走行5300kmを越えたXRのオイル交換をしました(^^)
XR、ドライサンプなのでオイル交換にはチョットしたコツが有ります
まぁ、それさえ覚えていれば何も難しい事は無いんだけど(^^ゞ
前回の交換から1300km程走ったオイル(純正)は結構シャバシャバな感じに・・・
オイル抜くといつも思うんだけど、XRってオイルの劣化早くないかい?
油温高いのかなぁ?
それとも非力な250シングルというエンジンだから仕方ないの?
前に交換した時に、純正からモチュールにしたら感触と持ちが良い感じだったので、今回もモチュールにしてみた
交換したオイルはモチュール5100・15W-50
ホントはオベロンの2輪用が有ったので、それと随分悩んだんだけどね~(^^ゞ
まぁ今度使ってみましょっ
粘度は硬めの方がフィーリングが良かったので15W-50を選択
やっぱ熱的にキツイのか?、、、空冷だし
オイルエレメントは前回換えたので今回は未交換
オイル量は1.3リッター
助かります(^^♪
掃除して、各部注油
これでまた気持ち良く走ってくれるでしょう!\(~o~)/!
そうそう、今回の秘境アタックの前にフロントブレーキキャリパーをメンテしておいたんだけど、やっぱ効くなー
キャリパー洗って、ピストン揉み出ししただけなんだけど、絶大な効果が有ります!
タッチの向上は勿論、効きは勿論な上にレスポンスも良い
パッド交換の必要性も感じない程
簡単だから、チョクチョクやってあげよう
そうそう、今回新たに入手したブレーキキャリパーツールを使ってみたんだけど、アレ良いわ!
ピストンを内側から掴んでグリグリ出来るので、全周掃除出来るし、抜く事も出来るかと
キャリパーメンテには必需品ですな
あと、タイヤ減ってきたな・・・^^;
まだ大丈夫だけど、意外とフロントの方が減りが早いみたい
サイズ的にタイヤ選択の幅は広くは無いんだけど、次は何にしよっかな~
この記事のURL | バイク・温泉ツーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
真・酷道ハッケン(~o~)
2009/09/26(Sat)
今日は秘境アタックに行ってきますた\(~o~)/
泊まりでは無いので、持って行くのはタオルのみ!w
七ヶ宿まではいつものルートで(286~47~12~51~113)
土曜日は大概ガラガラです(^^♪
寒くないようにシッカリ着込んで出たんだけど、意外と暖かいですね~
113を快走し、ぶどうまつたけラインへGO!
399を渡り、その先へ
実はここから先って初めて走るんだよねー
意外や山の中の道で、しかも曲がりくねってる!
楽しい~(^^♪
途中m道端でキャンプしてる人が居てビックリ(~_~;)
葡萄畑の中を走ります
結構長く走って行くので、もしかして道間違えたか!?、と思った辺りでR13に合流
福島方面に少し行って、右折
R376に入ります
あー、ナンカデカイ道造ってるなー、と思ったら、東北中央自動車道だったのねー
水窪ダムっていうダムが有るらしいんだけど、ダム掘削中って看板が
造ってる最中か!?
がら空きの道を快走すると、現れた!
IMG_1971.jpg
水窪ダム
なんか水位が低いね・・
IMG_1972.jpg
やっぱ造ってる最中なの?
ダムを過ぎて、少し行くと分岐点が
R376からR232に入ります
道の脇には線路が有りました
へーこんなトコに電車走ってるんだぁ・・・(後で調べたら奥羽本線でした)
しかしこの辺、意外にも山深いなぁ
232を走り出してすぐ異変に気づく(゜o゜)
この道・・・

ツギハギですっ!!!

どうも全面舗装せずに部分補修を繰り返したようで路面がデコボコですよ(+_+)
お陰で乗り心地わるーい\(◎o◎)/
XRでこれじゃぁロードバイクで走ったらキツイだろうな
先に進むと道はドンドン細くなり、終いに1車線以下に・・・
狭い(+_+)
さらに、路面は舗装が荒れている、というレベルでは無く
荒れすぎてもはやダートと化していますっ!\(◎o◎)/!
しかもデコボコ・・・
うわーんマジですかっ!?
そう、この後、道中何度このフレーズを繰り返した事だろうwww
カーブを曲がる度、道を進む度、マジですか!?マジデスカぁ!?まじですかっ!!!
と、半ば青くなりながら突き進みますた(ToT)/~~~
狭いトコだと1車線無いんじゃないだろか?
ホント酷い道デス・・・

酷道発見シマスタ(*_*;

コレに比べたらR352なんか天国です!立派です!
完全舗装されてるしw
ホントがたがた道で大変でした^^;
時々オフローダーと擦れ違ったんだけど、この時ほどオフ車が似合う道だと思った事はアリマセン(爆
ヒイヒイ言いながら何とか舗装の良い道に出ました、、、ヤレヤレ

って、アレ?

R154?
五色温泉?

・・・
・・

ナンカ行き過ぎてるぅぅぅぅうう(+_+)
何でだ?
道路標識無かったぞ!?
地図を見ると、どうやら行き過ぎてしまっている模様
Uターンして元の山道を登り始める
うわ~~ん、またアノ道走るの嫌だよぉぉぉぉお(ToT)
と、思ったら
標識発見!
てか、コッチ向きにしか標識出てないんだけど!?
反対側には標識が出ていない・・・^^;
なんでだ====(ーー;)
目的の道路を発見し、登坂開始!
最初は快適に走ってたんだけど・・・
うぉっ!
ドンドン道が細くなっていくー!
しかも曲がりくねっててブラインドコーナーの連続(*_*;
IMG_1973.jpg
こーんな山の中に入って行きます
んで
IMG_1974.jpg
こーんな感じ
道は一本、幅は1車線のみ
さらに、片側は崖で、落ちたら痛そうです(怖
ご丁寧に路肩危険なんて看板が一杯有ります^^;
登りのキツイヘアピンを抜けながら、ドンドン先に進んで行きます
IMG_1975.jpg
たまに車と擦れ違うんだけど、バイクと車が擦れ違うのに気を使う状況・・・凄ぇ
カナーリ必死に走っていくと、滑川温泉到着!
滑川スルーw
そう、今日の目的地は五色でも滑川でも無く、姥湯温泉なのでした~~\(~o~)/
滑川温泉からさらに先に進むと、道はもっともっと険しくなります
慎重に進んで行くと、突然、という感じで小さな広場(?)に出ます
そこは道の両側が駐車場になっているようで、車が多数止まってました
そう、ヤットコサ着いたよ、姥湯温泉!

IMG_1976.jpg

ジャーーン(~o~)
画面中央、奥の方に姥湯温泉の建物が有ります
姥湯名物露天風呂はさらにその上に有ります

IMG_1977.jpg

こーんなロケーション
周りは切り立った崖のような山々に囲まれた凄い場所に有るんですねー
車を止めた場所から500m程降りた所に旅館の建物が有ります
建物の脇には川が流れていて、吊り橋を渡って歩いて行くという秘境度満点な場所です
建物に着くと、日帰りの受付が有って、そこで料金を払います
料金は500円
登っていくと、先ず女性用露天風呂が有り、その先に男性用露天風呂が有ります
風呂の脇に小さな脱衣所が有って、そこで着替える事が出来ます
早速脱いで、イザ!\(~o~)/!
風呂の縁に立つと、眼前に迫る断崖!!!
かなりの高さで、岩肌が迫ります
うぉ~迫力ぅ(゜o゜)
掛け湯をして、入浴~(~o~)
姥湯は硫黄泉ですね
岩肌を伝って勢い良く源泉が流れ込んで来ます!
湯船は結構白濁しているので、お湯が白いのかと思ったんだけど、源泉は殆ど透明に近いですね
どうやら白い湯花が舞ってお湯が白濁しているようです
蔵王とか、鳴子とはチョット違いますねー
姥湯のお湯はサッパリした感触で、体にも穏やかな感じがします
だから長湯出来るんですね~(^^♪
蔵王みたいに効き過ぎるお湯だと長湯出来ないかんね(^^)
これは良いかも
お湯の良さと相まって、これだけの景色の良さ、圧倒する自然の力強さが味わえる露天風呂ってなかなか無いように思いますねー
今日は天気がかなり良かったから、尚更なんだけど、空の青さ・湯の白さ・眼前に立ちはだかる圧倒的迫力の岩肌を見ながら湯に浸かっていると、何だかドキドキして落ち着かない感じ^^;
一緒に入ってた人達も同じように感じてたみたいで、皆キョロキョロしながら入ってたw
帰りの事があるから、汗だくに為るほどは入らなかったけど、実に気持ちの良い湯でした
ココは凄いね
お湯と、景色と、自然に圧倒される

まさに秘境!\(~o~)/!

苦労してでも行く価値有り!ですね(^^)

帰りは酷道は走りたく無かったので、R13に降りましたw
したら、R13からだと意外なほど近いのね(゜o゜)
こっちから来れば良かった~~~(ToT)
まぁ、良いや
良い経験だ!
帰りは湯冷めしたくなかったので、一路家路を急ぎます
空いてるR13をぶっ飛び、ぶどうまつたけラインに入ります
あとは往路を逆走
快適に快走出来ました(^^♪
本日の走行276km
道を選んで走れば意外と近いね(^^ゞ
いやー、凄ぇ温泉だったぁ!
この記事のURL | バイク・温泉ツーリング | CM(4) | TB(0) | ▲ top
お試し
2009/09/25(Fri)
普段XRの掃除&磨きにはフクピカを愛用してるhalusukeです(~o~)
ただ、前から気になってた磨きアイテムが有ったのです
それは・・・

ワコーズ・バリアスコート

これ、磨くモノに吹き付けて拭き取るダケ、と簡単施工で効果も長持ちらしい
流行のガラスコート系コーティング剤だそうで、硬い皮膜が形成される上に、浅い傷なんかも消えるらしい・・・
エイビットさんでキャンペーンやってたので、買っちゃいました(^^ゞ
んで、早速お試しおば!
XRはフクピカで磨いたままの状態だったので、そのまま施工
どうかな~(?_?)

IMG_1895.jpg

おぉ!?
IMG_1896.jpg

なんかピカピカじゃね?^^;
IMG_1900.jpg

バリアスコートは金属・樹脂・ゴムなど、殆どの素材にコート可能です
つまり、これ一本でバイク丸ごと掃除&コーティング出来るのです!

IMG_1905.jpg
こういうプラスチックパーツは効果が顕著に出ます
透明感がアップするのですぐ分かります(^^♪

IMG_1907.jpg
調子にのってこんなトコまで(^^ゞ

IMG_1897.jpg
さらに調子にのってコンナトコまでコーティングw

IMG_1898.jpg
まぁ、工具の錆び防止にもなるし、何よりコーティングしておくと掃除も楽です(^^)

IMG_1899.jpg
ぴかぴか~

IMG_1894.jpg
金属パーツは兎も角、樹脂パーツは傷付くと磨いても艶は復活しないので、コイツで早めにコートしておけば長持ちするかな?
施工も簡単、艶もスッキリした感じで気に入った(~o~)
良いです、バリアスコート!!!

ただ・・・

匂いが結構強烈(+_+)
室内での使用は止めたほうがいいカモw
この記事のURL | バイク・温泉ツーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マイブーム?
2009/09/23(Wed)
ここ最近のマイブーム
それは・・・

IMG_1956.jpg

↑コレ^^;
ガーデニング!?
うは
なんかウチの庭って殺風景だなーって思った
で、いつものムサシに行ったついでにお花を買いました
それがコレ
IMG_1962.jpg
なんて花だったけ^^;
植えてみたら、なんだかパッと明るくなったように思えてねー
あぁ、花って良いもんだなぁ・・・
これと、最初の写真中央の竜胆を植えてみたのです
これだけだと少し寂しいので、また買って来ました(^^♪
IMG_1957.jpg
竜胆の種類違うやつ
竜胆って青がとても綺麗なんだよね
IMG_1958.jpg
癒される~
さらに
IMG_1961.jpg
桔梗
隣に植えてみた
IMG_1960.jpg
桔梗も綺麗だよね
さらに
IMG_1959.jpg
↑コレ
これは野草らしい
なんつったっけ(^^ゞ
花が可愛いので買ってみた
先に植えたオレンジのと竜胆は上手い事根付いたようなので、今回も大丈夫でしょう!
雑草に侵略されるのもつまらないので、ここらでお花一杯にしようかなぁ(~o~)
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
またまた焼き焼き
2009/09/22(Tue)
またまた焼いてみました、自家製パン!

IMG_1953.jpg

今回も上手い事焼けました(^^♪

IMG_1954.jpg

またまたパンの焼ける香りと共に起きて、焼きたてパンで朝食です
うまー(~o~)
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
弾丸ツーリング!?
2009/09/20(Sun)
19・20日と弾丸ツーに行ってきますた(^^ゞ

IMG_1950kai.jpg

山はもう秋ですた・・・
詳細はノチホド^^;
この記事のURL | バイク・温泉ツーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
弾丸ツー・その6
2009/09/20(Sun)
R352に入ると小出インター先からは次々に温泉街が続きます
湯之谷温泉大湯温泉駒の湯温泉
どれも特徴の有る温泉で、一々寄って行きい誘惑に駆られますw
しかーし
ぐっと我慢して通過(ToT)/~~~
暫く山間の農村風景が続きますが、その先で道は二手に分かれます
左R50・シルバーライン
右R352
シルバーラインは奥只見ダムまで続く道で、全長22kmの内、18kmがトンネルという道です
んでも、シルバーラインは2輪通行禁止な道らしい
まぁ、通れるとしてもトンネルばっかの道走ってもツマラナイので行かないけどね(~o~)
分岐点にはガススタが有りました
給油中のBMな方が一人
そうそう、352に入ってからずっと気になってたんだけど、前方からはバイクの集団が結構走ってくるのに、後ろからは全く来ないんだよね~
ナンデ!?
こっちから352に入る人ってあんまり居ないのかな・・・
チョイト不安になりつつも、352突入~\(~o~)/
分岐点から暫くはハイスピードで走れる道だったんだけど、いよいよ山間部にさしかかると道もグッと細くなり、1.5車線程に
それに、どんどん急な登りになって行きます!
おほっ!山道って感じぃ(~o~)と、楽しむ余裕が結構有ったのですが・・・
IMG_1941kai.jpg
どんどんこんな山間の道になって行きます・・・
IMG_1942kai.jpg
全線ガードレールは無し、ガードワイヤーのみ!
谷側はホントに切り立った崖!という状況なので、落ちたらヤバイです・・・
ココはまだまだマシ方で、この後ますます道幅は狭く、荒れてきます
うおぉ~これが噂(?)の酷道かぁ~(~_~;)
ホントに狭くて車は普通乗用車でもすれ違い不可能なんじゃないかと思われる所ばかり!
こりゃバイクで来て正解だったなぁ
凄ぇ道ですっ!\(◎o◎)/!
携帯は勿論不通
店なんか一軒も無い
そんな道がず~~~~~~っと続いています
ホント酷道・・・

しかーーし\(~o~)/

周りを見れば、美しい山々が広がり、緑がホントに美しい
作られた不自然さが欠片も無いのです
これが本当の自然の美しさなのだなぁ、とつくづく感じます
IMG_1945kai.jpg
癒される~(^^)
IMG_1944kai.jpg
こんな道をタップリ走れます!
酷道酷道連呼したけど、実は走ってて実に楽しかったりします(^^ゞ
と、言うのも、曲率の小さなコーナーが連続する場面、XRは水を得た魚のようにスイスイ走れるんですよ!
もうホント楽しくて、景色を見るのも忘れてバンバン走ってしまいますた(^^ゞ
稀に車が走ってたりするんだけど、この狭い道で持て余してノロノロノロノロ走ってる・・・
どの車もオイラが後ろで待っていると、脇に寄って先に行かせてくれました
まぁ、ホントにここは車で来るもんじゃ無いよ
路肩が崩落しそうな箇所も有ったり、落石の有りそうな箇所も有りました
そうそう、黒のR1Z一台放置されてたなー
アレ、コケて置いていったのかなぁ?
前傾のきついロードバイクは気を付けた方がいいかも
ブラインドコーナーの連続だし、路面の悪い箇所も多い何より、アレが有る!

洗い越し

道路に沢が流れているのです!
なぜかその殆ど全てがコーナーに有るんだけど、山から流れ落ちる水が沢となって流れるのを見越して道路に窪みが作られているんです
オイラが走った日は大して深い沢は無かったんだけど、水量の多い時は渡るのが大変なくらいになるときも有るらしい
オイラは洗い越しが現れる度に嬉々として渡ってたけど、ロードバイクだと慎重にならざるを得ないかも
結構窪みが深い場所も有ったし
今回も思ったんだけど、モタードってツーリングにはかなり理想的なバイクなんじゃないかと
勿論、スピードは出ないし、ハッキリ言って遅い
んでも、長距離を自分のペースで走るって限りじゃほんと走破性高いし、フラットダートなら問題無し
酷道352も全然問題無く楽しく走れますた(^^♪
352で遭遇したバイクで、遭遇率の高かったバイクが有った
それは、BMのGSとF800
GSはダカールも多かった!
さすがにハーレーは居なかったw
一般道での遭遇率は高いのにねー
ここでの王様はBMかぁ
しかし、GSの大きさは大丈夫なんだろか?
オイラなんかだと持て余しそう^^;
やっぱXRが良いかな~
さてさて
そうこうするうち、眼下に湖が見えてきました
そう、奥只見湖ですっ!!!
コレが見たくてここまで来たんだよ~~~\(~o~)/
うわぁ水が綺麗だな~
ずっと奥まで続いているみたいだなー
凄ぇー
なんだけど・・・
なんせ道がクネクネ曲がりくねってる上に、草の丈が高くてなかなか良い観覧場所が見つからないんですっ!
この先行けば有るか?いや、この先なら、、、と、絶景ポイントを探しつつ爆走していたら・・・

IMG_1946.jpg
アリ?
何時の間にか湖見えなくなっちゃたよ???
しかも
桧枝岐・ようこそ福島へだって・・・(@_@;)
ぐはぁっ、絶景ポイント探し過ぎて湖過ぎちまったぁぁぁぁぁああ(+_+)
がくし
という訳で、奥只見湖の写真は無し
仕方ない、目に焼き付けてきたから良しとしよう(涙
ここまで来ると大分緩やかで、尾瀬に行く人達の車で混雑する箇所も有ったりします
いやー、想像以上だったなぁ
また来たいね(^^)
今度は奥只見湖の写真取りに(笑

大分麓まで降りてきたら、<もうかげの滝>という看板発見
よって見る事に
考えてみたら、奥只見湖周辺ってこういう止まる所も無かったなぁ・・・
ホントに秘境だ
IMG_1948kai.jpg
<もうかげ>って何だ?と思ったんだけど・・・
IMG_1947kai.jpg
それはこういう事↑
IMG_1949kai.jpg
なかなか面白い形した滝でした
周りには早くも紅葉した木々が・・・
IMG_1950kai2.jpg
秋はすぐそこ・・・
この辺、結構肌寒かったなぁ
もうかげの滝を過ぎると、一気に下界に下りてきた感じになります
高原の避暑地みたいな気持ちの良い風景が続きます
勿論温泉もね(^^)
兎に角道沿いに温泉が続きます
どんだけお湯が有るんだろ?
暫く行くと、R352とR401の分岐点に来ます
ここは352を選択
この先に<かねまる食堂>っていう山菜やキノコがタップリ入ったラーメンを出す店が有るらしいので(^^)
しかしR352、ず~~~~~~~~っと川沿いの道なのね(~o~)
兎に角景色が変化に富んでて飽きないですね
良い道だ
で、着いたよ、かねまる食堂
・・・
・・

臨時休業だったけど(>_<)
仕方なく先に進みます
この先に手打ち蕎麦の美味い店が有るらしい!
R352とR121の分岐点辺りにその店は有る
<かいなり>
・・・
・・

並んでる~(>_<)
仕方なく先に(涙
121に入っても川沿いで、しかも交通量少なめでグッドです
R121とR289の分岐点では121を選択、そのまま暫く121を走行
そうそう、ここまで来ると那須や鬼怒川はもう近くですね
宿取れたら行ってたなぁ
121を進んで行くと、何やら渋滞してますよ!?
この先には<塔のへつり>が有る
しまった~塔のへつり渋滞かぁっ(+_+)
仕方なく車と一緒にノロノロ進むと、何やら後ろからケタタマシイ爆音が聞こえますよ!?
ミラーで確認すると、ゾッキーなおにいさん達の集団が(~_~;)
うおぉーコッチ来るな~、と願うも虚しく、一台抜き、また一台抜き、とうとうオニーサン集団はオイラの真後ろに来たのであった(涙
オラオラオラ~!!!と、絡まれる事も無く、大人しく後ろに付いて来ますよ?
あ、大人しくってのは語弊が有るか・・・^^;
10台位居るんだけど、まぁ煩い事煩い事!
その先頭に位置するオイラ(汗
周りの車からはどう見えたのでしょう???
暫く並走しましたが、塔のへつりの先で彼らは曲がって行きました・・・やれやれ
その後R118で会津市内まで進み、再びR121で北上、米沢を抜けます
さすがに疲れているし、これからスカイバレー登る気力無いよ(~_~;)
米沢でR101に入り、R1経由でR113に合流
ふえぇ~やっとここまで来たぁ
後は勝手知ったる(?)13を爆走
大分日も傾いてきました
うぅ体痛いなー
特に肩甲骨の辺りが痛いよぉ(>_<)
頑張って走って、R51に入ります
ここまで来ると、結構暗くなって、寒い!
ハイビームにして爆走します
やっとこさ遠刈田温泉到着
この辺は結構混んでますねーさすが連休
そこからR12で蔵王町に入り、R25で村田へ
村田からはいつもなら菅生経由で帰るんだけど、今回はR31で
いい加減疲れてたので(^^ゞ
で、後はR286に合流
やっとこさ帰宅ぅ\(~o~)/
いや~走った走った(~_~;)
結局、この日の走行455km
一日の走行としては最長記録かな?
2日間で705km走りました
まさに弾丸ツーリング!?

今回は念願の只見地区を走破して、さらに奥只見湖も見れた
初めて走る道だったけど、全体に自然豊かで本当に眺めの良い道ばかりでした
いやー、良かったぁ(~o~)
まだまだ知らない場所が一杯有るなぁ、と痛感
昔、<狭い日本そんなに急いで何処に行く?>なんてCM有ったけど、オイラに言わせれば、狭く無い!
広い、広いよ~日本って\(◎o◎)/
東北だけでもこんななのに・・・
日本全国って言ったらどんだけでしょ!?
そう思うと、、、居てもたっても居られない!
まだまだ知らない土地を思い浮かべながら、次なる計画を練るhalusukeでした(^^♪
この記事のURL | バイク・温泉ツーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
弾丸ツー・その5
2009/09/20(Sun)
弾丸ツー2日目の朝
昨日は少し曇り空だったけど、今朝起きてみたら良い天気!
いやー、今日も楽しみだっ(^^♪

先ずはお風呂へ~
体洗って、先ずは露天(~o~)
IMG_1930kai.jpg
これですよ、コレ!
時刻は7時20分あたり
御来光を拝む事が出来ました\(~o~)/
まぁ、御来光って言うか、既に日は昇っているんだけど、向かいの山の頂から太陽が顔を出すって事です(^^ゞ
これを独り占め状態のとっても気持ち良い露天風呂に入りながら、ほ~~~っと眺めていますた(^^)
いや~、良い!最高!!
またまた満足して上がりました(^^♪

湯上りは朝ごはんw
昨日と同じ部屋にご飯が用意されていました
朝の光にキラキラ輝く只見川の流れが美しい
朝食は温泉旅館スタンダードに近い内容
んでも、やっぱり野菜も豊富でどれもこれも美味しかったです
んが
オイラ、朝食で一番感動したのが温泉卵
多分源泉で作っているんだと思う(たまごの殻が温泉色になっているので)けど、これが美味いんだっ!
これだけでご飯2杯はイケソウな感じですw
朝からシッカリ食べてしまいますた(^^ゞ

さて、お名残惜しいですが、出発準備です
会計をしようと受付に行くと、女将さんが居て暫しお話
受付脇に写真が置いてあって、見ると川の脇に露天風呂が写ってる
古い写真のようで、聞くと只見川にダムが出来る以前の写真だそうです
この只見川界隈、ダムが出来る以前は川底は遙下だったとか!?
ダムが出来た時には、川の水深はナント!60mは有ったとか!!!
今は堆積物が有るのでそこまで無いでしょうとの事だけど
あうると、写真の露天風呂はこの川底に有るんですね?と聞くと、今でもそのまま残っていて、川渕で見ているとプクプクと泡が登って来るのが分かるそうです
今でもお湯は沸いているんですねー
勿体無いと思ってしまうな~
今朝はスッキリ良い天気になって、只見川名物の川霧が見れなかったのが少し残念でした

XRに荷物を積んで、出発
IMG_1931kai.jpg
鶴亀荘、お湯も食事もとっても満足なお宿でした!
また来たいな~

橋を渡り、再びR252に戻ります
今日はホントに良い天気\(~o~)/
IMG_1932kai.jpg
朝早いせいか、こんな道も一人締めです(^^)
IMG_1933kai.jpg
対岸はお山が続きます
只見川の流れを眺めながら快走すると、大塩、滝沢と温泉街を通過します
風呂に入っていきたい気持ちになるけど、この気温では湯冷めして風邪引きそうなんで我慢
しかし只見川はホントに水量豊富です
IMG_1934kai.jpg
只見町まで来ると、チョットした町並みになるけど、それ以外は手付かずな自然って感じな場所です
心洗われるぅ(*^_^*)
IMG_1935kai.jpg
IMG_1936kai.jpg

只見を過ぎて暫く行くと、前方に大きなダムが見えてきます
田子倉ダム到着
ダムまでは急激に登りになって、九十九折れな道を行く事になります
ダム駐車場にはバイクや車が結構居ました
IMG_1939kai.jpg
大きなダム湖ですね~(゜o゜)
相当深いのか、水の色が濃い
IMG_1937kai.jpg
日差しが反射して綺麗です
IMG_1938kai.jpg
IMG_1940kai.jpg
暫し休憩して、再度出発!
ここからが結構急峻な道が続いて大変でした^^;
相当雪深いのか、スノーシェッドの連続で、部分的に水も流れていたりして気を使う
スノーシェッド上から滝のように水が流れ落ちている所もありました
この辺、気温もグッと下がって、山岳地帯な感が強まります
せっせと走って走破!
ッコを過ぎると道も大分緩やかになって、山中の一本道になります
相変らず只見線とは並走で、2両編成の可愛い電車と遭遇します
結構電車見るけど只見線って意外と本数多いのかなぁ?
入広瀬辺りまで来ると、大分街中に来た感じがします
道も広く、車もそれなりに走ってるし
あー、なんか人の居るトコに来た~って感じw
そのままR252を直進し、魚沼の街中を抜け、R352へ
魚沼かー、米米米w
さすが米どころ、至るところにコシヒカリを売るお店が(゜o゜)
買って行きたい・・・(^^ゞ
小出市街を抜ける所で給油
シルバーライン入り口に最後の給油所が有るらしい
この先は山岳地帯でガススタもコンビニも無いハズなので、念のため、ね
いよいよ待望の352突入だぁ!
この記事のURL | バイク・温泉ツーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
弾丸ツー・その4
2009/09/19(Sat)
さて
お風呂で温まって
マッタリしていると・・・
「下のお部屋にお食事の準備が出来ました~」
とお呼ばれw
わーいご飯だご飯だーと小走りに階下へ(^^ゞ
オイラお一人サマなので、てっきり他の人達と一緒なお部屋で食べるのだとばかり思っていたら・・・
女将さんが待ち構えていて、コチラです!とご案内
ナント!座敷でお食事ですよ!\(◎o◎)/!
いやぁ贅沢ぅ
テーブル上には既に前菜が(^^♪
夕ご飯
↑こんな感じです
別室での食事だったので、カメラ持って行くの忘れてしまったので写真が無いのです(^^ゞ
飲み物を聞かれたので、酒が飲みたい旨伝えると、女の子がお薦め一覧(?)を持ってきてくれた
品名を見ても分からない酒ばかりだったので、悩んでいると、女将さんにどんな酒が好きなのか聞かれる
辛口でスッキリした感じのヤツが好きだと応えると、ではこの泉川という酒が良いでしょう、と
暫し待つ
しかし、驚いた
会津の山中、只見の一見宿、しかも民宿風(失礼!
こういうお宿でまさかこんな食事が頂けるとは夢にも思わなかったぞ(゜o゜)
ここで本日のお献立(平成21年9月19日の!)

・食前酒 カリン酒
・前菜 みょうが寿司 きゅうり生ハム巻 梨チーズ モロッコいんげんしそみそ和 枝豆(黒豆)
     しょうがみそ豆腐 地鶏くんせい 谷中しょうが 金山町特産赤かぼちゃ 栗渋皮煮
・小鉢 トマト豆腐(自家製豆乳とトマトで
・蓋物 里芋まんじゅう(会津地鶏を入れて青ゆずの香りと共に)
・洋皿 子持ち鮎と地野菜(奥会津の情景)
・小鉢 もろこし寄せ
・冷鉢 まるごと冷やしトマト(バジルを添えて)
・お食事 栗ご飯
・汁物 モロヘイヤ
・香の物 きゅうり三五八漬
・水菓子 きゅうりのムース

以上(^^)
和食なんだけど、斬新で不思議(?)なアレンジがなされていてどれもこれも驚きの連続ですた!
しかも、美味しいんですっ!\(~o~)/!
こういう食事大好きなオイラ、ドツボでしたw
食前酒のカリン酒懐かしい味だったし、みょうがの寿司なんて初めて食べた!梨とチーズって意外と合うものなのね~黒豆の枝豆なんてこれまた初めて!しょうがも香りが良くて美味かったし、豆腐もまろやかでグッド!かぼちゃホクホク栗はジューシーで・・・

トマト豆腐は不思議な味わい(~o~)

里芋まんじゅうは噛むと歯応え良く地鶏の旨みがジュッ!と、柚子の香りが鮮烈

子持ち鮎は初めて食べたな~卵一杯持ってて、しかもサッパリとした味わい、焼き加減が絶妙でパリッとしていてジューシーご主人が自ら沢で釣り上げて来たものだそうです!

もろこしってなんだろう?と思ったら、とうもろこしだってw柔らかでコクの有る美味しさでした

トマトは冷たくて、トマトとは思えないくらい鮮烈な甘みにビックリ!聞いてみたらワインで煮てあるそうな

栗ご飯には塩漬けの紫蘇の実が沢山まぶしてあって、ご飯も甘くないんですよねー栗ご飯ってなんか甘ったるいイメージが有ったので、意外でした、サッパリしていてグー

汁物は味噌汁じゃ無いよ!?何か緑だなーって思ったら、モロヘイヤ擂ってあるそうな!

漬物も美味しかった

水菓子もビックリ(゜o゜)なんときゅうりのムースです!食べてみると見た目と反してまさにきゅうり!!!
シャリシャリとした歯応えが残ってて、グーです

んで、お酒
スッキリクッキリした味わいのお酒で、そんなに辛口ではありません
んでも、穏やかな味わいの食事と有っていてどちらもさらに美味しく頂けました(^^♪
いや~お腹一杯、満足満足

こんな食事が頂けるとは思いもしなかった(^^ゞ
もっとこう、田舎の旅館風な食事が出るものとばかり思っていたので・・・
会津の地の物を100%生かした献立で、ここで食べる食事に相応しいものだと思います
特に野菜好きな人にはお薦めかな
その夜はとっても気分良く寝ることが出来た事は言うまでもナイw
この記事のURL | バイク・温泉ツーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
弾丸ツー・その3
2009/09/19(Sat)
鶴亀荘さんは只見川対岸に有ります。
大きな只見川に掛かるこれまた大きな橋を渡ると建物が
山の懐に立つお宿です(*^_^*)
宿の目の前にはすぐ只見川の流れ・・・雄大な景色ですね~
駐車場には先客らしい車が一台
いや~、やっと着いたっ!^^;
仙台を出発して、約250km
チョッチ疲労感が有ったけど、仙台からずっと快調に走れるルートを選べたので、意外と来れる距離なのかも?
宿外観は大きな民宿風(失礼!
玄関への上り口や玄関は改装されているようで、まだ新しい雰囲気が有りますね
戸を開けて中に入ると、窓が大きくて日の光のよく入る明るい玄関ホールでした(^^)
少し奥に受付(?)が有って、若い女の子が一人
他に人影は無い
先客は風呂か、、、はたまた部屋に居るのかな?
上がって受付
この玄関ホール、木造でとても雰囲気の良い明るい造り
いや~凄ぇなぁーこんな家に住みたいな~とか思ってしまいますた(^^ゞ
部屋に案内されると、2階のようで木の階段を上がります
最初の印象は当たりのようで、玄関付近は改装されて新しくなってるようです
所々古い建物の残っている部分が散見されますね
部屋は階段を上がってすぐの部屋でした
IMG_1928kai.jpg
結構広い(^^♪
実は、予約を入れた時に、一人でも大丈夫だが部屋は狭いですよ、と言われていたのです
んでも、十分だね、こりゃ
IMG_1926kai.jpg
窓の外の眺めは山側ですた
川側にも部屋は有るハズだから、そっちは只見川が見れて眺めが良いんだろうな~
IMG_1929kai.jpg
裏山では手製の野菜なんかも作っているようです
小さな池も有りました
部屋に案内してくれた女の子、「女将が後程ご挨拶に伺います。」と言って出て行った
ご挨拶ぅ!?\(◎o◎)/!?
着替えて風呂入りに行きたいんだが、イカンのかね?w
取り合えず、革ジャン脱いで、暫し待つ
いや~、結構ハードな道だったかなー?ナドト考えながら待つ
風呂入りてぇなぁ(爆
暫くすると、女将さん登場!
女将さん、肝っ玉かあさん風(失礼!
んでも、凄く元気でパワフルな方で、しかもお話が楽しい(^^)
ここ金山町の歴史や由来、只見川に関わる話などなど、話していて少しも飽きませんでした
色々為になりますっ!
この会津・只見地区を知ってもらいたいんだなぁ・・・
そうこうするうち、お風呂の説明が
ここ鶴亀荘さんのお風呂は含重曹食塩泉というのだそうだ
お湯につかると、先ず最初に重曹のピリリとした刺激が有りますが、そこで熱い!と思って上がらないで下さい、少しすると慣れます、と言われる
オイラ、熱めのお湯が大好きだから歓迎ですよ!と、応えると女将さん嬉しそうにsれおは良かったと
食事は部屋か下の部屋となりますが、状況によって変えますので6時半頃伺います、と言われて説明終了
お疲れ様w
さて、早速着替えてお風呂に行きましょうかね~(^^♪
お風呂は玄関の脇に有るそうな
浴衣に着替えて降りていくと、誰も居ない
お!これはもしや貸切か!?と小走りに風呂へw
扉を開けると、少し年季の入った脱衣所が有ります
フムフム
突き当たりは大きな窓になっていて・・・なんか道から丸見えですよ!?^^;
外を良く見てみると、突き当りには赤茶けたコンクリ製のタンクのようなものと、ホースが数本
そして左手の林の中には小さな建物が
あー、あれは多分ココの源泉かな?
で、建物はもしや共同浴場か!?
予想は的中、ここ鶴亀荘さんのすぐ脇には湯倉温泉の共同浴場が有るのです
結構頻繁に町の人達が入りに来てました
しかし・・・丸見え・・・^^;
まぁいいやw
スパッと脱いで、いざ風呂へ!\(~o~)/!
浴室に入ると、タイル貼りの内湯が有りました
半月型で、4~5人は入れるかな?
お湯は笹濁りで匂いは殆ど無いです
ただ、赤茶けた析出物が凄いっ!!!
お湯は成分の濃さを表すかのようにトロッと滑らかな感じ
体を洗って、内湯に、、、は入らず(爆
後から作られたと思われる右手の露天風呂にダッシュ!\(~o~)/!
露天風呂は元内風呂の窓だったと(今でも窓か?)思われるガラス戸を開けて入ります
なんとも豪快^^;
露天は浴槽もこじんまりとしていて、3人も入ったら一杯な感じ
周りは木の塀で囲まれてはいるけど、低いので湯船の中で立ち上がると体半分以上丸見えですw
しかし、目の前に広がる只見川の眺め、対岸に広がる山の尾根、実に清清しい景色が満喫出来ます!
いや~良いねぇ(^^♪
さて、肝心のお湯ですが・・・
入った瞬間、多少刺激が有るかな?と思ったくらいで、重曹の刺激は特に強く感じる事は無かったです
お湯は肌触りが滑らか、と言うか濃厚な感じがします
源泉のタンクから引き湯されているんだけど、ほんの20mくらいなものだから、お湯は新鮮そのもの!
湯船には塩ビのパイプで注ぎ込まれているんだけど、そのパイプにも赤茶けた析出物が!
勿論、木造の湯船にも、お湯の流れる場所には全て赤茶けた析出物がたんまりと付いているのです!
いや~、凄いなー(゜o゜)
お湯の温度は適温(オイラには)で、加水・加温無しの正真正銘掛け流しです!
しかも動力汲み上げの源泉から僅か数十メートル引き湯だからねぇ
これは良いですよ!
気持ちの良い景色の中、ジックリ、ゆっくりお湯を味わう事が出来ました(^^♪
その間、勿論貸切ですっ!
いい加減温まったので、内湯に移動
こちらにも入ってみたんだけど、露天より少し温めかな?
ここ湯倉温泉の源泉温度は60℃弱、と結構熱いし、源泉から距離が無いので投入する湯量で温度調整しているようです
女将さんには熱ければ水を入れても良いと言われてたけど・・・
内湯も露天も必要無いかな
内湯はもう少しお湯の投入量を増やした方が湯が入れ替わってもっと良くなるかな?と思いました
すっかり満足して上がります
しっかしこのお湯、凄く暖まるんです!
なかなか汗が引かずに大変でした(^^ゞ
湯上りは肌がシットリする感じで、やっぱり温泉成分の濃さを感じますね
いやー、こういうお湯も良いなぁ!
良いお湯見つけた!(^^♪
この記事のURL | バイク・温泉ツーリング | CM(2) | TB(0) | ▲ top
弾丸ツー・その2
2009/09/19(Sat)
今回のルート、前半は8月のお盆ツーリングの逆走です
あ、お盆ツーの記事書いてないや^^;
先ずはR286から蔵王方面へ向かい、遠刈田温泉まで
今回はパンダ号に追いかけられませんでしたwww
R286は連休初日だけあって、それなりの交通量
んでも、川崎町で蔵王方面に曲がると、後はガラガラ
遠刈田町内は意外と賑わってました
さすが連休!
しかし、R51に入るとまたしてもガラガラw
気持ちの良い高原の空気を吸い・・・・牛臭っ(*_*;
まぁ、牧場の合間を走りますからこういう事も有りますw
R51はチョットした北海道気分(?)を味わえる風景が続く道です
最近お気に入り(^^)
やがてR113に合流、米沢方面に向かいます
途中、街道名物の蕎麦屋さんが有るんだけど、時間が早かったせいか閑散と・・・
食べる気も無かったんだけどね(^^ゞ
チョット拍子抜け
R113は結構なペースで快走出来る道です
他に車が居なければ、だけどw
途中、ぶどうまつたけラインに入るつもりだったんだけど、通り過ぎてしまったのでそのまま直進
R1に入ります
この辺、土蔵が有ったりして町並みに統一感が有りますねー
こういうのもっと整備したら人来そうに思えるけど・・・どうなんだろ?
R1からR2に入り、一旦コンビニで休憩
ここから先は結構アップダウンのキツイワインディングになります
前回とは逆ルートなんだけど、コッチの方が楽だな~
今回はお猿さん達とは遭遇しませんでした
途中の休憩所には沢山のラーダーが集まってました
走りに来てるのかな?
ココって結構路面も荒れてるし、ドリフト君達が頑張ってるようで派手にブラックマークが・・・
あんまり攻める気にならないんじゃないかと思うんだけどね、、、どうなんだろ?
先に進むと桧原湖が見えて来ました!
IMG_1911kai.jpg
今日はなかなか良いお天気で、家族連れも沢山
IMG_1912kai.jpg
良い天気、ですっ!
IMG_1913kai.jpg
この辺、紅葉はまだまだのようです
麓まで降りてくると、湖周辺はキャンパーで一杯でした
R64もいつもながら空いていて快適!
途中、産直野菜が売ってたりしてとうもろこし欲しくなったのはナイショw
IMG_1914kai.jpg
この辺はキャンプとか、釣りとか、マリンスポーツもいろいろ有って、楽しめそうですねー
桧原湖は水も綺麗な感じだし
良いですね(*^_^*)
R64からR459に入ります
この辺も快走ルートですね
気持ちよく山を下ると、途中大塩裏磐梯温泉が有ります
こじんまりとした温泉街です
お湯はどんなだろ?
一回入ってみたいなぁ
さらに先に進んでR69、は今回はパスし、R121まで行きます
121を南下、R61へ入ります
61も田んぼの中を走る快走路です
この辺を走ると、会津は盆地なんだなーと思います
田んぼの広がりと周りの山々・・・宮城とはまた違った魅力が有ります
R61からR21へ入り、いよいよR252に合流!
ここで一旦給油したら、ガススタのオバチャンに飴2個もらいましたw
オバチャン、あんがと!
会津坂下インターを過ぎると、すぐに大きな川沿いを走る事になります

うわ~~ちょっとコレって!?

只見川
もっとちっさな川だとばかり思ってました^^;
イキナリこんな大河に出会ったのでビックリです!
途中の道の駅で休憩
IMG_1916kai.jpg
赤べこちゃんがお見送りw
IMG_1917kai.jpg
ここは会津柳津
IMG_1918kai.jpg
ツーリング仕様XRっす
右ステップの赤いのは応急処置^^;
なんだかな~
IMG_1919kai.jpg
こーんな景色が続きます
緑豊か(*^_^*)
IMG_1920kai.jpg
只見川はこんなに急峻な感じなんですね~
しかし水量豊かな川だな~
IMG_1922kai.jpg
切り立ってます
IMG_1923kai.jpg
R459でもそうだったんだけど、山間部に行くとこういう家が多く見受けられますね
雪対策?
結構降るんだろうなぁ
先に進むと、車も少なめで快走出来ます(^^♪
この辺から結構登りになってて、切り立った崖を縫いながら走るような感じです
意外に険しいルートだなぁ
眼下に只見川を眺めながら走るので飽きる事が有りません
途中に現れるスノーシェッドが煩わしいくらい!
只見川は電源開発の為にいくつものダムが作られています
そのどれもが大型で、一つの川にこれだけ多数の大型ダムが有るって事は、水量の豊かさを表していますよね
凄いなぁ
暫く行くと、沼沢湖の看板をハッケン!
そちらに向かいます
IMG_1924kai.jpg
橋の上から
只見川って藍と言うか、群青と言うか、深い色をしてます
IMG_1925kai.jpg
急峻な崖に囲まれてます
沼沢湖には湖畔にキャンプ場が有るんですね・・・
静かな山間のキャンプ場で寛ぐ人達にXRの爆音が目立って恥ずかしかったので早々に退散w
XRのマフラー、認定品だけど、こう静かな環境だと凄く目立つのよね(^^ゞ
252に戻り、さらに先に進みます
小さな集落を通るものの、人影は少ない感じ
その代り自然はタップリ残っているという・・・
人口と相反するものになってしまっているようで、少し寂しいですね
もっと上手く自然環境を残せないものかね?
あ、そうそう、252走ってて感心したのが、杉の木が殆ど見られないって事!!!
多種多様な広葉樹が多い感じがする
植林されて無いって事なのかな?
やっぱこういう自然な状態の森や木々の姿は良いですね(^^♪
これが本来の姿なんだろうし
整然と並んだ杉ばっかりの林を見ると気持ち悪いよ
花粉も飛ばないし\(~o~)/
この辺は桐が多いそうな
途中の道の駅でも桐箪笥の展示販売やってました
桐って木というか、草に近いものらしいね、ビックリ
R252は脇をJR只見線が走ってるんですね
丁度途中で電車と遭遇したんだけど、クネクネの一般道を走るオイラ、只見線抜いちゃいました!\(◎o◎)/!
驚いた~
どんだけユックリ走ってるの!?
しかし電車抜いたの初めてだw
2両編成のカワイイ電車でした
気がつくと、結構な走ってきたよ?
まだかなぁ・・・?
本名ダムを過ぎ、少し行くと小さな看板発見!
今夜のお宿、湯倉温泉・鶴亀荘に到着で~す\(~o~)/
この記事のURL | バイク・温泉ツーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
弾丸ツー・その1
2009/09/19(Sat)
待望の5連休
これはツーリングに行けっ!
というカミサマの思し召しw
と、言う訳で、ツーリング決行~\(~o~)/

だったんだけど・・・

台風14号接近(>_<)

どうも20日に東北地方に近づくらしい
19日の宿はもう取ったんだけど、20日以降どうしよっかな~、と悩むこと数日

しかし・・・

台風逸れてくれますた(^^♪
慌てて20日以降の宿の確保に走ったんだけど、時既に遅し、もう聞くトコ聞くトコ満室の嵐!!!
旅館はおろか、民宿、ビジホの類まで全滅ぅ!?
仕方ないので宿取らずにツーリング決行かとも思ったんだけど、今回は1泊のみで行く事にしますた
資金に余力を残しておいて、また行けば良いかと(^^ゞ
連休って場所を選ばないと宿泊施設は何処も混んでるしねー

と言うわけで、出発です!
1泊なので荷物は最小限、コンパクトに
この季節、夏でも冬でも無く、かと言って山間部は寒かったりするので着るものに困ります(>_<)
そこで、先ずは外側!
これは革ジャンにウインドストッパーを付けてOK、と
IMG_1884.jpg
で、内側は、と言うと・・・
肌の上には夏のツーリングで絶大な威力を発揮したクールインナー
HYOD
寒い季節にナゼクールインナー!?って思われるかもしれないけど、綿素材が冷えるのは汗を吸って湿気を帯びるからだと聞いた事が有ります(^^)
このクールインナーは汗をどんどん吸収して、さらに発散してくれるので時間が経っても冷たくなりません
オマケに汗を掻いてもべたつかないし、至極快適!
んでも、それだと寒いよね・・・
そこで!
その上にはアンダーシャツとして、コレを選択!
デイトナ・ホットバイポリ4WAYストレッチシャツ
デイトナ
コイツは生地内に無数の空洞を作る事で、体温で温まったデッドエアを逃がさず暖めようって寸法(らしい)
伸び縮みよく、重ね着しても違和感は有りませんね
ただ、Lサイズ買ったんだけど、袖がみょうに短い・・・
この組み合わせで走ってみます
一応、これでも寒かった場合に備えてチャリンコ用のウインドストッパーベストも持参
そうそう、チャリンコ用と言えば、準備中に思い出したモノが有りましたw
パールイズミ・レッグウオーマー
パールイズミ
これならジーパンの下に履いても嵩張らないし、違和感無く履けるだろうし、保温・防風性もバッチリ!かと
外から見ても、着込んでいるようには見えないでしょう(*^_^*)
冬場のライディングで何が嫌かって言うと、着膨れて動き難いって事!
勿論寒いのは最悪だから、ある程度仕方無い事では有るんだけど、今では色々な防寒グッズが出ているから、それらを利用しない手は無いっ!\(~o~)/!
まぁ、多少の出費にはなりますけど・・・
着膨れて動き難くてイマイチ暖かくない思いをするよりずっと良いでしょ

この記事のURL | バイク・温泉ツーリング | CM(2) | TB(0) | ▲ top
食えたっ!
2009/09/18(Fri)
また今年も無事に食べられました!

IMG_1910.jpg

嶽きみ

もうシーズンも終わりのほうだったから、心配だったけど、まだ売ってた
青森~秋田出張のついでに買って来ました(~o~)
会社のみんなで分けて、残りはオイラが頂きました
では、早速
どれどれ・・・んーーー美味いっ(^^♪
凄く甘くて歯応えシャキシャキですっ
嶽きみ、最高~
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
拭き拭き
2009/09/12(Sat)
ここんトコ急に肌寒くなってきましたね~(>_<)
そろそろ寒さ対策が必要な感じになったので、革ジャンに<アレ>付ける事にした
それは・・・

ウインドストッパー

オイラの革ジャン、パンチングメッシュ仕様なので、これまでは至極快適だったんだけど、山の上なんかだとそろそろ寒い(ToT)
なんせ穴空いてるんだもん!
IMG_1883.jpg

ただし、このジャケットには3シーズン使用を考えてウインドストッパーなるものが装備されているのです!
今までは外してた
暑いかんね^^;

こないだの修行ツーで虫だらけだったので、掃除
湿らせた布で拭き拭き拭き
んで
IMG_1875.jpg
キレイになった!\(~o~)/!
IMG_1879.jpg
肩も虫だらけだったけど、この通り
IMG_1880.jpg
鎖骨辺りから腋を通って袖口までニットになってるので、腕はとても動かし易いです
IMG_1881.jpg
しなやかで、質感の良い革ですね(^^♪
IMG_1882.jpg
こういった所の切り替えとか、素材の使い分けがセンス良くなされていて、一見黒一色のシンプルデザインだけどナカナカ複雑です
IMG_1884.jpg
付属のウインドストッパー
ファスナーとボタンで簡単かつシッカリ固定されて、しかも薄いので違和感無し
これで後は防風・防寒素材のインナー選べばまだまだ使えるかな!?
グッジョブ(*^_^*)
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
焼き焼き
2009/09/12(Sat)
オイラ、休日の朝は大概パン食です(^^♪
久しぶりに焼いてみようかと昨日の晩に準備おば
小麦粉とか、ドライイーストを量ってパン焼き機にセットして、タイマーをかけておけば起床と同時に焼きたてパンが出来ているという素晴らしさっ!\(~o~)/!
IMG_1868.jpg

今朝は香ばしいパンの香りと共に起きますた(^^♪
IMG_1870.jpg

久々に焼いたけど、上手いこと出来ました!
まぁ、材料軽量してパン焼き機にセットするだけなんだけど、そこは気温とか酵母の加減とか、イロイロな要因は絡むわけで・・・
微妙に焼きあがりは変わったりします
特に気温は重要らしく、パンの発酵度合いが変わってくるそうな(゜o゜)
ま、酵母ちゃんは生き物だからねぇ

カメルーン カプラミを淹れて、朝ごはん(^^♪
IMG_1871.jpg

贅沢に厚切りw

うま~~~~~

今回は初めて使う小麦粉だったんだけど、そのせいかパンがフワフワですた!
何もつけなくて十分に美味しいです!
明日は軽くトーストして頂きますか(^^♪
ウマー
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
うほっ
2009/09/11(Fri)
得意先の人と旅行の話になりますた
その人も温泉大好き人間で、温泉話で盛り上がってw
実はその人の親戚の方が温泉宿をやっているって言う話を聞いたので、行ってみるかと宿に電話してみた

すると・・・

<生憎満室ですー>

(ToT)/~~~

安くてお風呂のよさそうな宿だったんだけど、さすがは温泉豊富なメジャー所、那須湯元!
残念っ!
今日その話をしたら、さらなる温泉情報を教えて頂きました!\(~o~)/!
それは・・・

群馬県に有る<宝川温泉>
宝川温泉
ココ、お風呂が沢山あるし、露天風呂デカイ!!!
凄い温泉宿ですね~(゜o゜)
チョイト遠いけど、行ってみようかな?
と、見てみたら・・・

満室っ

アウッ(>_<)
さぁて、どうするーどうする~w
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
と、、、取れた^^;
2009/09/10(Thu)
今度の連休、行き先も大体決まりつつありますw
ただし、問題が一つ・・・

宿一杯でなかなか取れないっス\(◎o◎)/

さすが5連休・・・^^;
しかも、結構な山間部なようで、宿が少ない(゜o゜)
ネットでいろいろ見てたんだけど、なかなか見つからない(>_<)
んで、愛用のスーパーマップル見て、目ぼしいトコを検索
したら、有りましたっ!
ネットの旅行サイトには載ってないんだよなー
立ち寄り湯も結構有るそうだし
で、直接電話して聞いてみたら、お一人サマでもOKだそうです!\(~o~)/!
と言うわけで、無事初日の宿ゲット(嬉
いや~、楽しみだなぁー(^^♪
さて、2日目の宿もがんばって探しますかぁ!
この記事のURL | バイク・温泉ツーリング | CM(3) | TB(0) | ▲ top
ほほ~
2009/09/09(Wed)
こないだの修行ツーでの事
ブレーキメンテしてから、初走行となったのね
んで、一発目レバー握って驚いたっ!\(◎o◎)/!

スンゲェ効きの良さっ!
カッチリしたレバータッチ!
ブレーキレスポンスの向上!

いやもう驚いたって言ったらもぉ・・・(~o~)
今までエア抜きしようが、グリスアップしようがココまでの改善は無かったなー
やっぱり大本のキャリパーピストンの動きの良し悪しが肝だったのね
レバーなんて遊びがグット減ってレバー位置が遠くなったくらいだし、パッド換えてないのに効きも向上した感じ、、、と言うかレスポンス向上した分効きが良くなったように感じてるのかも
これでブレーキの効きに関しては不満無くなっちゃいました(^^ゞ
ホース交換の必要性さえ感じないくらい
いや~、ビックリ仰天な変化だな~

キャリパーメンテ、超お薦めっす\(~o~)/
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
修行ツー!?
2009/09/05(Sat)
ツーリング行って来ますた(^^♪
先週はなかなかイロイロ有って、ハードな一週間だったので、ノンビリ休んで、珈琲飲んでから出たので出発は12時30分w
今回は5連休に向けたシミュレーションも兼ねてのルート設定
先ずは286を南下、、、だったんだけど、のっけから後ろにパンダ号が(>_<)
40km制限の道だったので、50km以下で走ってたんだけど、前の車は60km位で離れてく・・・

オイコラ前の車パクレごらぁっ!!!(--〆)!!!

と心の叫びを炸裂させていたのはナイショw
ようやく2車線・50km制限の道に道に出て、車線を変えて信号待ちで先頭に、、、ヤレヤレ(*^_^*)
すると、同じく車線を変えてオイラを追ってくる(?)パンダ号
その後、青信号でフル加速!60kmで巡航~ってパターンっを2本程www
パンダ号は必死に追ってきます^^;
その後ろは長蛇の列に・・・
信号で止まって隣に並んだパンダ号を見ると、助手席のオニーサンが何か言いたげな顔してコッチ見てますヨ!?
ウザイのでOzさんちの前の方にヒョイと曲がって逃げましたw
そのまま直進、286に合流すると、ウマい具合に信号青!
右手を見ると、赤で止まってるパンダ号w
1~6速フルに引っ張ってさよ~~なら~~~(~o~)
やれやれ(^^ゞ

さてさて
286から青根方面に抜けて、遠刈田まで
んで、457経由で51号に
白石方面に向かう51号はガラガラですた
途中、<甘~いとうもろこし>の看板に、一瞬買っていこうかと思ったのはナイショw
積めないもんなぁ
快調に走れる51号
長老湖には結構人が居ましたね
113号に合流し、七ヶ宿ダム方面へ
途中の道の駅で一休み
オイラのXRの隣に止まってた綺麗なグリーンのXSに乗ってるオジサンと暫しお喋り
維持するの大変でしょう?と聞いて見ると、ピストンリングくらいは有るらしいけど、やっぱり大変だとか
その辺はW1なんかの方がパーツには困らないそうです
パーツ作って売ってる個人の方なんかも居るからねぇ

休憩後、再び出発
白石方面に少し行った先で右折、46号に入ります
46号、初めて走ったけど、ナカナカ良い道ですねー
山間の道路で車は少ないし、気持ち良く飛ばせます(*^_^*)
小坂峠近辺では山間から見下ろす国見市街が綺麗に見えました
IMG_1862.jpg
途中、道路右手に赤い鳥居が一杯並んでる所が有ってビックリ!
万歳稲荷神社というそうです
桑折では何だか見た事有る景色が!
羽州街道と奥州街道の分岐点!\(◎o◎)/!
さっきの神社も、この分岐店も、ツーリングマップルで写真見てたんだった(^^ゞ
ナルホドね~、ここだったのねw
下った所で353号に入ります
コノ道、土蔵が有ったり、昔ながらの面影を残した町が続きます
353から399に入り、飯坂温泉街を抜けます
うわ~泊まりてぇぇ(~o~)
と、思ったのはナイショw
そこから3号に入り、13号を目指そうかと思ったところで結構日も傾いて来た事に気づく
もうスグ4時になろうかというトコロ・・・
あー、やっぱ出た時間が時間だからなー、これから向かうにはチト時間が足りない・・・

そう
ホントはここから13号に入り、五色・滑川・姥湯、と見学&入浴してこようかと思ってたのですよ^^;
んでも、さすがにコノ時間じゃもう遅い(泊まりなら別だけどね)
仕方ないので予定変更!
また来ればいいや、と3号を逆走w
399号に戻ります
飯坂を過ぎて、少し行くと穴原温泉
この辺も温泉一杯有るなぁ、、、
そういえば、来る途中の51号にも気になる温泉有ったっけ
蔵王開拓温泉なる看板ハッケン
今度行ってみよう
399号を行くと、でかい湖が有った
ダム湖のようなんだけど、このダム、なんだか適当に石積み上げて作ったダムみたいw
大丈夫なの?
このダム湖、オイラの持ってる2001年度版のスーパーマップルには載ってない!\(◎o◎)/!
んでも、2009年度版ツーリングマップルには載ってる・・・
結構新しいダムなのね(゜o゜)
時間は4時を過ぎ、徐々に日も落ちてきました
しかしこの道、車少ないね~
ガラガラもいいとこ
貸切状態!\(◎o◎)/!
お陰で気分良く走れます
ダムを過ぎて暫く行くと、道幅も狭くきついコーナーが連続します

そうそう
小坂峠で気がついて、ここでも実践してみた事が有る
それは、セルフステア邪魔しない事
オイラ、どーもヘアピンが苦手だったのね
特に下りのタイトなヘアピンがだめ(>_<)
きゃー怖~い曲がらなーいって感じw
今日は家を出てから結構良い感じで走れるなーって思ってた
バイクの押さえが効いて、コーナーが安定して走れるって言うか・・・
で、さらに気がついたのが、セルフステア邪魔しないと凄く良い感じで曲がるって事!
今までどうも曲げようとして結構手を使ってたみたいなのね
で、長距離走ると手が痛いので極力軽く握るようにって気をつけてた
肘を突っ張らないようにして、手首も遊ばせるイメージで
今日もそうして走ってて、とあるきついヘアピンでおかしな事に気が付いたっ!

あれ?バイクがハンドル切ろうとしてる!?

バイクはハンドル切って曲がるんじゃ無くて、車体をリーンさせる事で曲がるんだっていうイメージが有ったので、スロットルオフとかブレーキングでの加重移動は意識してたんだけど、ハンドル切るっていうイメージは全然無かった
所が、気がついてみたらバイクがハンドル切ろうとしてる!?!?!?
思えば、オイラがヘアピン苦手だったのは、ビビッて体硬くなってハンドルを押さえてしまっていたから余計曲がらなかったんだと
バイク寝かせても曲がり難いなー、と思ってた
それが、バイクがハンドル切ろうとするのを邪魔せずに居ると、クルクルと向きを変えるじゃないかっ!
それからコーナーが来る度にいろいろ試してみた
XRは基本オフ車のポジションなので、ハンドルを切ると体に近い
余計抑えてしまいがちなので、そうならないよう肘を曲げる事を意識してみた
すると・・・

なーんだこれ~
クルクル曲がるじゃーん\(~o~)/
下りのヘアピンも意識して走ると全然問題なく曲がる
あはは~
こりゃ良いやっ!

どーもオイラ、XRの乗り方マチガエテタみたいっす(^^ゞ
XRの場合、コーナーでのセrフステア量は多めだという事が分かりました(^^ゞ
ビビリーも手伝って、オイラが押さえ込んでいた為に余計曲がらない状態だった事が判明(^^ゞ

(^^ゞ(^^ゞ(^^ゞ

それが分かった後は、ヘアピンも楽しくなってw
いやー、力も要らないし、これなら問題無いじゃーん!
と言うわけで、399も楽しく走破w
米沢に抜けようかと思ったけれど、ここの所米沢は結構通っているので別の道に行く事に
ぶどうまつたけラインで113号に入り、七ヶ宿方面に戻ります
んで、二井宿から268号に入ります
金山峠は走ってたけど、268号は初めて通る道です
ココも結構な山間の道路だけど、ナカナカ気持ち良く走れる道ですね
楢下を抜けて、13号に
上山を抜けて、山形市内へ
途中、一瞬エコーライン抜けようかと思ったけど、いい加減暗くなってきたので却下
危ない危ないwww
無事286に入りますた
コンビニで休憩
サンドイッチ食べてたら(昼飯食って無かった!)、チャリンコのおっさんに話しかけられたw
これ、チャリンコがどうのこうの・・・
は?ちゃりんこ???
オッチャンの山形弁が理解不能ですた^^;
さて、出発
もう大分暗くなってきたけど、笹谷峠行ってみようかー!\(~o~)/!
一人旧道に突入するオイラw
暗くなってから笹谷峠をバイクで走るのは初めて!
オマケにガスってるし(爆
ココで発見!
夜道ではイマイチ頼り無いXRのライトだけど、ハイビームではなかなか明るい事が判明w
もう少し周囲に配光されると完璧なんだけど・・・
ロービームは相変らず暗い
やっぱバルブ換えるかなぁ?
コツを掴んだので、真っ暗な笹谷峠も無事走破!
後は286を激走して無事帰宅w
247km走りました(^^♪

いや~、良い修行になった!!!
この記事のURL | バイク・温泉ツーリング | CM(2) | TB(0) | ▲ top
またまた新着
2009/09/04(Fri)
新着・第二段!

またまた珈琲w
今回はコレ!

カメルーン カプラミ生産者共同組合

ですっ(^^♪
IMG_1854.jpg
細長い形の豆ですねー
開封して、匂いを嗅いでみると、青臭い香りがします
うーん
酸っぱそう(゜o゜)
IMG_1855.jpg

ところが・・・

挽いていると、とてもパンチの有る香ばしい香りがっ!
うわ~なにこれ!?
挽くと全然違うなー、、、不思議です
早速淹れて、頂きますっ

おっ
あー、、、へぇ~
これ、ローストはフルシティなんだけど、フレンチかイタリアンかってくらいハードな味わいです
苦味も際立ってますねー
細長い外見からは想像もつかないくらいビターでハードな味わいの豆でした!\(~o~)/
この記事のURL | ノンジャンル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
新登場!
2009/09/03(Thu)
EOS 7D
キャノンから、遂に登場しましたね~
まだ暫くかかるかと思ってたから、イキナリの発表にビックリ(゜o゜)
これで上級機と入門機の間を埋めるキャノンフルラインナップの完成ですね
しかし・・・
残念だったのが、視線入力機構が搭載されなかった事!
EOS5で初搭載だったかな?
ファインダーを覗いた瞳の動きを計測して、ファインダーの何処を見ているかを判断し、そこにピントを合わせるという画期的システム!
オイラが持ってるフィルム一眼のEOS7には、さらに改良されて視線検出精度の上がったシステムが搭載されていたんだけど、コレがほんとにバッチリで、視線検出にストレスを感じる事は有りませんでした
撮った写真を見ていると、視線入力機ならではの仕上がりにニンマリする事多々有ってwww
ピントを合わせる位置を一々手動で選ばなくて良いし、勿論オートのまだるっこしさにストレスを感じる事も無いという素晴らしい機構だった・・・
デジタルになる<次期7>にも、勿論搭載されるものだとばかり思ってたんだけどなー

らなかった!!!(>_<)

こりゃぁカナーリがっかりだ~
今オイラは50D使ってるんだけど、測距点手動で選ぶのメンドクサクテ中央固定で使ってるし(^^ゞ
刻一刻と変わるシチュエーションに、手間の掛かる手動変更はやってられないってのが本音・・・
これが視線入力だったらなぁ、と思うこと暫し有り
キャノンさん、なんで載せてくれなかったの~\(◎o◎)/
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
また今年も
2009/09/01(Tue)
ウマー\(~o~)/

すっかり秋の気配が漂う今日この頃
秋、と言えば、、、食欲っ
んで、今年も無事白山産・だだっちゃ豆を食べられました~(^^♪
IMG_1764.jpg

うま~(*^_^*)
やっぱ茹でてる時から香りが違うし、歯応え良いし何より甘みと旨みが抜群ですっ!
至福の時~

コノ季節ならではの美味しいモノが出てくるので、毎年楽しみなんですよねー
来週には上手くすると<嶽きみ>入手出来るかも!?
たーのーし~み~だぁぁw
この記事のURL | ノンジャンル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |