スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
年末まったり旅・その2
2012/12/30(Sun)
美味しい朝食を頂き、またまた大浴場、小浴場と満喫して出立w
ノンビリ出たらナント大女将さんがお見送りに!!!
いやー、物凄く物腰柔らかな方なんだけど、なんか威厳があります
前回は雪だるまになった8を掘り出すのが大変だったのでブラシ持って宿に入ったんだけど、今回は出番無しw
うーむ温かい・・・
気持ち良くアスピーテラインを下り、いざマッタリの旅その2!

341号から282号に入り、鹿角の道の駅を過ぎたら66号へ
街中を抜け、山の中に入るとそれは有ります
<史跡尾去沢鉱山>
既に閉山した鉱山なんだけど、観光鉱山として開放されてるんです
地図見てたら目に入ったので行ってみた(^^ゞ
町の外れ、山の麓に有る鉱山、当然ながらこの季節人の姿は無く・・・
受付にも誰も居ないwww
オイラが着いたら中から人が出てきたというwww
しかも通常炭鉱ガイドさんは事前申し込みが必要なんだけど、頼んでもいないのに付いて来た^^;
観光客が来てよっぽど嬉しかったんかねぇ
んでも、結果的にとても良かった!
歴史とか、いろんな解説をしてもらって面白かった(^^♪
しっかし炭鉱、たかが観光炭鉱だろ?って侮ってました・・・^^;
途中まで案内してもらい、ソコからは一人で歩いたんだけど、人工的とは言え、岩肌ゴツゴツの坑道、しかもこれが長いんだっ!
実際歩けるのは1.7kmってとこなんだけど、この鉱山全体で見れば坑道総延長ナント800kmも有るそうな!!!
800kmですよ800km!!!
どんだけ掘ったんだ^^;
鍾乳洞には何度か入ってるけど、ここにも想像を絶する風景が広がってました
もともと銅だの金だのっていわゆる鉱脈は岩の割れ目など地中に広がる台地の割れ目にマグマによって生じた蒸気が流れ込んで、冷えて含有する成分が固まって出来るものだそうです
で、その鉱脈を掘り進んで行くとあら不思議!?
もともと有った大地の裂け目が出現するという!!!
そういった裂け目は実際何箇所か見られるんだけど、想像を絶する規模でしたねー
暗くて先が見通せないほど
あれが人の手で成されたモノだっていうんだからトンデモネー!!!
結構凄いものを見てしまいました~

無事に地上に出たら再出発
282号から103号に入り、辿り着いたるは大湯温泉
開湯800年の歴史の有る温泉らしい
ココ大湯温泉には上湯・下湯・川原湯と共同浴場が有って、今回は上湯に入ってみました
料金は180円と格安!
意外と広い浴室には四角い湯船が有って先客が二人
地元の方々が利用するお風呂な感じですね
お湯は無色透明で匂いも無し
福島の飯坂温泉のお湯に良く似てます
掛け湯して、早速入ってみましょう~
おぉー
結構熱い
飯坂程じゃ無いけど、ココのお湯もあっついです
でも浴感がさっぱりしてて気持ちが良いお湯ですねー(^^♪
これで180円は安いっ
正直、大湯温泉郷、と言う程の賑わいは無いけど、いつまでも残ってほしい温泉でした

そのまま282号を進んだんだけど、気温が上がってビシャビシャな雪道にはマイッタ(>_<)
こういう道にFRは結構キツイ~
坂梨峠も大変でしたー
しかしココ、バイクで走ったら楽しそうだな~(^^♪
てな感じで雪道を楽しんでたら古遠部温泉通り過ぎたっ(>_<)
てか標識も無かった気が!?
うーむ、今度また来よう

7号に入り大鰐弘前の先で13号、135号と抜けて終に到着!
念願の新屋温泉でーす\(~o~)/
DSC_0086.jpg
この新屋温泉、兎に角お湯が良いとの評判を聞いて是非とも行ってみたい温泉だったんだよね
見た目普通の共同浴場な感じ
入浴料350円を払って中に入ると・・・

\(◎o◎)/

おぉ~~~~~~~

目にも美しいバスクリンの湯がっ!(違
四角い湯船の真ん中にパイプが突き出していて、そこから湯船にドッパドパと掛け流される美しい緑の湯
国見温泉みたいなのオドロオドロシイ蛍光グリーンでは無くて、綺麗で自然な緑色です
匂いも国見とは違って石油系のアブラ臭がします
掛け湯をして入ってみると・・・

おぉ~~~~~~

(#^.^#)

柔らかなお湯
とっても滑らかでヌルヌル感が有ります
しかも入っていると体に沢山の気泡が付くんですねー
これがお湯のヌルヌル感と相まってさらに滑りが良いという・・・
しかも湯の温度が絶妙!
熱くも無く温くも無いという、長湯可能な温度です
上がって休んでも体に汗もかかないくらい
こりゃぁ気持ち良い温泉だなー
驚いたのは風呂から上がった後で、ナント暫くの間ポカポカと暖かくて汗かくくらいなんですよっ
これはあの気泡かなぁ?
炭酸成分でも入ってるのか???
兎に角暖まる温泉でしたっ
お気に入りに追加だなっ!

その後は高速で青森まで移動
センターホテルに宿泊です
ココでもお目当ては・・・
蛍の香で日本酒!でっす\(~o~)/
全国各地から集めた日本酒という特上の日本酒を頂きました
5~6杯飲んだなー
美味しゅう御座いました(^^♪
スポンサーサイト
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
年末まったり旅
2012/12/29(Sat)
この一年の総括り、まったり旅に出て来ました(^^)

先ずは昨年始めて行ってとっても良かった後生掛温泉へ!
前回は結構雪降る中苦労してアスピーテラインを登った記憶が有るんだけど、今回は楽々でした~(^^♪
去年のマイナス13℃に比べて今年はマイナス6℃!
雪も降ってないっ
ただ、積もった雪が凍り付いて、表面が解けてツルツルなんで場所によってはある意味去年よか苦戦したかも・・・^^;
無事に上りきって後生掛温泉到着です
相変わらずの温泉パラダイス!
滑らかな硫黄泉に浸かってほんとノンビリ出来ました
今回も思ったんだけど、やっぱ大浴場よか小浴場の方がお湯の状態が良いね
入ってる人全然居ないし~
貸切状態で素晴らしいお湯を堪能しました(^^♪
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
充電二日目
2012/12/16(Sun)
充電ちう(^^)

昨日は電気つけっぱなしで寝ちまっただーーーー(~_~;)
さてさて
早速お風呂に行きましょう~
朝は頭洗いたいので唯一シャワーの有るさるの湯に向かいます
さるの湯はガラス戸の面積が広いので露天風呂気分が味わえるお風呂です
朝からこんな極上湯に入れるなんて贅沢やな~
そう言えば昨日のきつね湯もそうだったけど、今朝も誰も居ないから貸切だ!
贅沢ぅ~

お風呂から出たら暫し休憩
こたつで新聞なんぞ読みながらまったりと

少ししたら女子高生さん登場
お待ちかねの朝ごはんです
IMG_3905.jpg
朝飯で一番なのはコレ!
向瀧の温泉玉子
トロッとして美味いんだこれが!
これだけでご飯一膳イケルw
IMG_3907.jpg
IMG_3906.jpg
ほかにも美味しい漬物や筑前煮など朝食も満足ですよー
ご馳走様でした(^^♪

IMG_3904.jpg
この部屋の意匠

いや~
充電出来た~
これでまた来週も戦えるぞーーー\(~o~)/
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いやいやいやいや^^;
2012/12/16(Sun)
やっと見た!

The Girl With The Dragon Tattoo



途中、きっついシーンも有ったけど、面白かった(^^♪
1級のサスペンスドラマだなー
ラストが切ない・・・
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
充電ちう
2012/12/15(Sat)
10月から体制が変わって実質人員減・・・
オイラは前担当者の得意先をぜ~~んぶ持たされてトンデモナイ事に(>_<)
とってもキツクてこのままでは年末に向けて耐えられない~モタナイ~!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/!!!

てなことで

急遽フラリと行って来ました<向瀧>
充電ですっw

いつものように113号から米沢に抜け、指をくわえつつ喜多方を抜けw
やってきました東山温泉・向瀧!
宿に着いて顔馴染みの若い番頭さんと立ち話してたら向こうからシャチョサン登場!
社長さんとも立ち話です(^^ゞ
道路には雪は無かったけれど、中庭にはそこそこの雪が有りました
社長さんに今年は雪の心配しなくて済みそうですねー、と言ったらまだ分からないけど、そうあってほしいですっ!とおっしゃってました
これからの季節、向瀧さんでは雪見ろうそくというイベントが始まるんですよね
これがとても綺麗なんだけど、中庭に有る程度の雪が無いと出来ないんですよねー
さてさて
今日の向瀧さんはこんな感じです
IMG_3901.jpg
結構積もったんですね~
IMG_3900.jpg
雪見ろうそくをやるには蝋燭の炎が綺麗に映えるように中庭の雪をスコップで馴らして平らにする必要が有るそうです
人海戦術で大変そう(^_^;)
IMG_3903.jpg
時々屋根からドサッと雪が落ちてきます
IMG_3902.jpg
池の鯉達も寒そう・・・
さて、庭を眺めたら今日の部屋に案内してもらいます
今日は水仙の間
前にも一回来たかなー?
んでも、この並びの3室は庭の真正面に位置してとても眺めの良い部屋なんですよ(^^♪
少し待ったら今回の担当仲居さんが登場
ナント!あの<女子高生さん>でした\(~o~)/
オイラの初向瀧の時に担当してくれた仲居さんなんですよねー
何故かアレ以来付く事が無かったんだよなー
あれから何年経ったのやら!?
女子高卒業したてだった彼女も今ではすっかり立派な向瀧の仲居さんとなっていたのでした(^.^)
人の成長って凄いですね!
てか、ここの教育が良いんだろうなー
さてさて
お茶を頂いたらさっそくお風呂に突撃ですっ
向かったのは大好きな<きつね湯>です
15時過ぎに着いたので恐らく一番風呂でしょう!\(~o~)/!
熱めの気持ちの良いお湯は健在で、凛とした空気のなか透明なお湯に漬かるのは至福の時・・・
幸せ~(^^♪
ユックリ入ったら暫し部屋で休憩
んで、今度は貸切風呂に突入ですっ
入ったのは蔦の湯
IMG_3882.jpg
湯気でAFが効かずボケ気味(>_<)
向瀧さんのお風呂はその泉質から湯口に白い析出物が付くんだけど、この蔦の湯の湯口(蛇口)は析出物のお陰で蛇口が回せない状態になってるんですね~~~凄いです!
貸切風呂のナニが良いかって言うと、湯船が小さいから上がって少し待つとすぐに満杯になるトコロ!
だから何度でもザバ~~~~~~~~~(分かる?)が出来るんですよ===!
湯船から溢れる温泉
うーん、贅沢だっ

お湯から上がったら、今度はお楽しみのご飯ですっ
食事がまた美味いんだ、これが!
しかも給仕は女子高生さんときたら、んもう最高ですっ!www
IMG_3884.jpg
先ずはこれ、ココからスタートです
IMG_3885.jpg
会津名物ニシンの山椒漬
噛み締める程美味いんだ
IMG_3887.jpg
向瀧名物鯉の甘煮
骨まで全部食える一品です
鯉、という感覚じゃ無いですね
圧力鍋は使ってないってのが信じられない!!!
IMG_3888.jpg
カブのすり流し汁
優しい味付けで体に良さそう
IMG_3886.jpg
鯉のたたき
プリプリして、臭みなんか全く無い!
IMG_3889.jpg
向瀧さんは食器や湯飲みなんかも良いもの使ってるんですよー
見たところ古伊万里が多いかなー
焼き物好きなら感激するっス
IMG_3890.jpg
中はこれ
福島酵母牛のステーキ
サクサク、ジュワっと油まで美味い!
IMG_3891.jpg
これは体内燃焼ごんぼ湯っていうもので、揚げたパリパリのごぼうが美味しい一品
IMG_3892.jpg
こちらは今回お初で新メニューの会津地鶏のあぶり汁、だそうです
炙った地鶏は美味しかったけど、握ったご飯が、、、秋田のだまこ汁かっ!?
会津らしい、向瀧らしいメニューでは無い気が・・・^^;
それ言ったら女子高生さんも苦笑い
小田切さんには悪いけどー、もすこし工夫だよー!
IMG_3893.jpg
こちらは会津伝統のこずゆ
これもまた美味いんだ
いつもお代わりしたくなるぅぅw
IMG_3894.jpg
こちらの素敵な椀の中には・・・
IMG_3895.jpg
これがっ
ほっとぼっこ!芋まんじゅう、だそうです
ネーミングも小田切さん!?
IMG_3896.jpg
打ち豆と油揚げの味噌汁
豆が美味しいのです
IMG_3897.jpg
手作り佃煮とカブ漬
ご飯がすすむ~~~
IMG_3899.jpg
そのご飯は会津のこしひかり
もちもちして美味しい
IMG_3898.jpg
デザートはラフランスのジュレ掛け
ラフランスの香りがグー
以上に向瀧さんに来たら飲むっきゃない!のオリジナル日本酒を頂きました(^^ゞ
とってもマイウーでお腹一杯
幸せ~
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やるな!スズキ
2012/12/02(Sun)
スズキからVストローム650が国内販売されますね~
海外ではロングセラーなモデルですけど、国内ではまず見かけないマイナーバイク・・・^^;
恐らく騒音対策の為かオリジナルの海外モデルには無いアンダーガード的なカバーが付いてますね
お陰で下側がスカスカなイメージが払拭されて重厚な感じ
実際の車重は軽いから、これはこれでアリかな~
オイラ実は大型免許取るにあたっての候補に入ってたんですよねー
いわゆるアルプスローダーに憧れが(^^)
ホンダ・トランザルプ、アフリカツイン、KTM990アドベンチャー、そしてVストローム
XR250モタード買ったのもそんな流れから
ただ、隼買ったのは隼にも勿論強い憧れが有ったし、何より<今しか乗れない>的な恐怖感というか後悔したく無い的な思いが・・・(^^ゞ
実際隼買って、乗ってみて後悔は全く無いんだけど、走ってみてやっぱり隼にはアルプスローダーが似合うような獣道は合わないなーってのが実感だったのも事実
第一勿体無い!w
てなわけで、Vストローム国内販売、、、悩むぜ~www
増車!?
この記事のURL | バイク・温泉ツーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。