スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お手入れ開始!
2015/05/31(Sun)
新しく買ったラスポルティバ・カラコルムHCだけど、こいつはヌバックレザーで作られた靴
表面の風合いがとっても良いいなと思ったんだけど、革と言えば手入れが必要なハズ
店員さんに聞くと、スプレーするだけで良いですよ、と
ヌバックスプレーなるモノも購入
うーむ、こんなんでいんだろか?・・・
自分でも革ジャケットを使っているので革製品がメンテフリーじゃ無い事は分かってた
適切なクリーニングと油分の補充が必要なハズだ
んで、いろいろ調べてみたら案の定
スプレーだけだとカッサカサのヒビヒビになっちゃうらしい\(゜ロ\)(/ロ゜)/
それを防ぐ為にはどうすれば良いのかとググってみたら、ワックス加工するのが良いらしいと
そもそもヌバックレザーの表面が起毛しているのはワックス等の油分を吸収しやすいようにしているとか
フムフム
なら、やらにゃイカンでしょう!
早速ヌバックレザー用のワックス等入手して、加工開始!
IMG_4952.jpg
表面を水で濡らしてからヌバックレザー用ローションを染み込ませるように塗布
IMG_4953.jpg
続いて最初だけ塗る乳液みたいなレザー何とかを塗布(w
IMG_4954.jpg
ようやくワックスを塗布します
IMG_4955.jpg
何れもブラシで全体に伸ばして馴染ませたり、掌の熱を加えながら磨くように擦り込んだりと結構手間が掛かります
んでも、これを最初にやっておくと水が染み込まないのは当然として、泥汚れなんかも付きにくくなるそうです
だから新品の時に施行するのが一番良いそうです(^^)
最初は表面が弾くような感じで馴染みが出難いけど、この作業は全部で3回行いますから段々馴染んでいい感じになってくれるでしょう!
履くのが楽しみだ!
スポンサーサイト
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新しい足!
2015/05/24(Sun)
昨日の北泉が岳~泉が岳プチ縦走で足、つーか指痛くなっちゃって(>_<)
どうやら4時間を越えるような歩行だと今の靴が合わないみたい・・・
今使ってるモンベルの靴、幅広めで下りで足が靴の中で動いて前に出ちゃうみたいで、それで指が痛く・・・
リールシステムで使い勝手が良くて気に入ってたんだけどなーーー
甲の部分だけ締めたり出来ないのでねー
うーん・・・

と、言うワケで

IMG_4947.jpg
買っちゃいました、ラ・スポルティバ カラコルムHC!(*^_^*)
オールレザーの登山靴です
かっちょいい~~w
IMG_4948.jpg
マークがまたカッコイイ!
ココの足首部分、スポルティバの売りで3Dフレックスシステムっていうらしい
結構なハイカットの靴だけど、足首が柔軟に動いて道の凸凹に追随してくれて接地面が安定するという
IMG_4949.jpg
ココ(中央)のカナグのトコで紐を固定出来るようになってて、コレのお陰で甲と足首周りと別々に締め具合を変える事が可能!
IMG_4950.jpg
シッカリ食いつきそうなソール
IMG_4951.jpg
いやぁ、良い雰囲気の靴ですっ
次回の山行が楽しみだ~~~
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
リハビリ登山!?
2015/05/23(Sat)
5月4日以来の山歩きに行ってきました!
仙台ハーフマラソンに出る関係で5日以降は回復に専念、マラソン走ったら走ったでダメージの回復に2週間・・・(~_~;)
と、山に行けなかったのです。
今日はリハビリ兼ねて久々のお山!
ノンビリ泉ヶ岳にGO
IMG_0572.jpg

水神の水場までは普通に登り、休憩後北泉ヶ岳方面にGO!
コッチ来るの初めてだ~
IMG_0574.jpg

水神コースとは植生が違う気がしますね
IMG_0573.jpg

それに歩く人が少ないのか登山道の状態が良好です
青い空と新緑の緑に癒されました~
初めて登った北泉ヶ岳山頂は思ったより狭いし眺望が無いのでイマイチでした^^;
IMG_0575.jpg

舟形山まで12kmかー
遠いなーーーー
いつか歩いてみたいものです!
帰りは三叉路まで戻って、泉ヶ岳方面へGO!
IMG_0577.jpg

IMG_0578.jpg

頂上で休憩して、水神コースで戻ってきました。
IMG_0579.jpg

IMG_0580.jpg

IMG_0581.jpg

IMG_0582.jpg

なかなか歩き応えの有るコースでした~
また行こう!
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初参戦っ!!!
2015/05/10(Sun)
5月10日

な、ナントわたくし・・・

<仙台国際ハーフマラソン>に出場してしまいますたっ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

郡山のお客さんに唆されて・・・
(^^ゞ

まぁ、走ってみたかったので、ね
しかし、花粉症のワタクシは練習しようにも外に出るのが辛く、雪が無くなった3月、4月もなかなか外で走る事が出来ず・・・
ようやく週1~2回走り始めても5km程度・・・
こんなんでダイジョウブか!?\(゜ロ\)(/ロ゜)/!?

しかし、実際のコースを歩いてみたら、スタート地点から最初の関門(7.7km)まで1時間30分程で歩けました
この関門が1時間で閉まる事を考えると、歩かなければ何とかなるんじゃね?と思えたのですな
せめて定禅寺通りまでは行きたい・・・
20150510-093131_24459718-1-1_572-453550_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
20150510-092528_24459718-1-1_572-453548_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん

そんなこんなで当日
兎に角無理せず周りのペースに巻き込まれて疲れないように!って事だけ考えてました
20150510-085523_24459718-1-1_1427-997685_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん

20150510-085231_24459718-1-1_1427-997682_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
スタート地点へ移動すると、物凄い人の数に圧倒!
参加者総数13390人
どっひゃ~~~~\(゜ロ\)(/ロ゜)/
スタート位置は最後尾のグループです
何故か隣のオネーサンにしきりに話しかけられる・・・
この位置だとスタートしてから実際にスタート地点を通り過ぎるまでに時間が掛かるから酷い、とかまぁイロイロ^^;
確かにこれだけの数の人が居ると、後ろのほうは実際にスタートラインを超えるまでに時間掛かっちゃうけど、そりゃ仕方無いっしょ
遅いんだし

いよいよスタートの号砲がっ

しかし、動かない

・・・
・・


まだ動かないw
前にも人が一杯でさっぱり動けないので待つしかないw
居暫くして動いた、ヤレヤレ・・・
やっとユックリ走り始めたらまた停まった!?
ナンデ!?と、思ったら、スタート地点にQちゃんが居て皆さん写真撮ったりしてる
それで動かないんかいwww
その後は徐々に動いてきて、漸く自分のペースで走れるようになった

すると・・・

ゴボウ抜かれ!w


オイラのペースだとバンバン抜かれます
みんな気合入ってるなー、、、分かるけど
両側の歩道にはたくさんの人が応援してくれていて、いやでも気分はハイになるのです
しかし、ここで頑張ってもすぐダメになる事は判っているので無理はしません
このコース、青葉城址までは兎に角登りが続くので、最初から頑張っては危険が危ない!

コボスタ裏を抜けると、右に曲がって新寺小路へ
ここから五橋の陸橋まで兎に角登り
歩いた時は結構キツク感じた場所だけど、走っていると意外と大丈夫なのに気がついた
今走っているのが普段車道になってる道で、歩道と違って段差が少なくて凄く走りやすいのです
それでも、いつ走れなくなるか不安なまんま、淡々と走っていても周りの参加者さんとか沿道の応援の人達を見ていると結構楽しい
マラソン楽しいかも!?

そうこうする内、五橋のガードを潜り、東二番町通りへ出た!
ここで最初の給水ポイント
あんまり喉が渇いている感じはしなかったものの、乾いてからじゃ遅い!って事で水を頂く
しかし給水ポイント、戦場のようだな!
集団で走ってくる人がてんでバラバラ、又は一斉に給水ポイントに突っ込んでくるわ出てくるわで結構危険
何よりボランティアで水を用意してくれている方々に感謝です!(^^)
20150510-094432_24459718-1-1_97-2833619_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
青葉通りに入ると欅並木のお陰で日陰になって走りやすい
20150510-095645_24459718-1-1_717-3225218_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん

暫く平坦だったけど、青葉城址に向かうと結構キツイー(>_<)
しかーし!
ココでサプライズ!!!
ナント伊達武将隊の方々が応援してくれているではありませんか!!!
政宗様~~www
元気をもらって走ります!
宮城県美術館を過ぎると若干下り
西公園前に来た!
ここで二度目の給水ポイント
今度は水の他にスポンジも取った
これで腕とか首筋を冷やしてやると結構気持ち良い!
市民会館前を過ぎ、定禅寺通りに入ると、ウワ~~~~~~~\(゜ロ\)(/ロ゜)/
歩道には凄い数の応援の人達!
中央には雀踊りの人達とか盛り上げてくれる人達が一杯!
こりゃ凄ぇ!
20150510-093131_24459718-1-1_572-453550_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん

20150510-114213_24459718-1-1_309-2081732_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
撮影されてた!(^^ゞ
周り黙々と走ってるのにオイラだけキツそうw
足元に散らばってる白いのはスポンジ
最初は避けてたんだけど、無理なんで踏みまくりw
20150510-114213_24459718-1-1_309-2081733_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
後ろの眉毛薄めのバッチリカメラ目線のオイーサンが怖い・・・
20150510-114214_24459718-1-1_309-2081734_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
またしてもバッチリカメラ目線
Qちゃんが2~3m先の足元見て走れって言ってたのに・・・
てか、この方ブロック>ですな
スタート順はオイラなんかよりずーーーーっと前(オイラFだかんね!)
タイム申告ズルしたのか!?
カッコ悪~w
20150510-114214_24459718-1-1_309-2081735_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
<F組>に囲まれて走るカメラ目線<Cブロック男>

ここで最初の関門、折り返しポイント
おぉ~制限4分前に通過!
やったー\(~o~)/
定禅寺通りを抜けて、立町小学校前を通過、再び青葉通りに
東二番町通りに出る処で10km
10km来たか~~(^^)
再び制限時間の5分前くらいで通過
危ねー
東二番町通りに出ると、沿道のお客さん減少w
20150510-094450_24459718-1-1_1116-1780007_ALLDATAX1.jpg
ココ、広くて長いかんね・・・
再び給水、水とスポンジ
五橋のガードに向かう手前で再び関門!、11km
うおぉ~ドキドキするなー
ガードを潜って新寺小路へ
新寺通りは今度は下り、嬉しい!
陸上競技場に戻ってくると、13kmの関門、クリア!
競技場を横目に仙台育英高校前
競技場を裏手にグルリと廻って15kmの関門、クリア!
てか、もうゴールしてる人一杯居るよぉ\(゜ロ\)(/ロ゜)/
凄いなぁ
15kmを過ぎると足が重くなってきた!
アミノ酸を補給
うわぁココに来て足が・・・ヤバイ
ペースも大分落ちてノロノロ進む
周りには同じようにノロノロ進むランナーが一杯
みんな苦しそう
おし!オイラも頑張るぞ!!!
卸町に入り、再び応援の人達が増えた
見知らぬ人でも、ガンバレー!って声掛けられると凄く励みになります(^^♪
正直嬉しい
ハーフ最後の折り返し通過!
17.6km!
うわーこんなに走ったの生まれて初めてだぁぁあ
再び新寺通りへ
微妙に登る、、、足前に出ね~~~(>_<)
んで
20150510-094025_24459718-1-1_155-2500879_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
この登りが物凄くキツかった!
ここまでずーっと走る続けて来たオイラだけど、とうとう歩く
残念ながら無理!
橋の登りは息を整えて、最後の一踏ん張りだっ
関門、19,6km通過
後はフィニッシュするのみ!
再び陸上競技場に戻って来た!
沿道の応援が凄い!!!

ここから競技場内に誘導され、さらに誘導されて出た先は・・・






20150510-122942_24459718-1-1_1933-340506_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
トラック1周した先にゴールが有りました
結構感動もんで、おぉ~あそこがゴールかぁ!って感じ
隣のオニーサンも同じトコ見てるw
周り見ると先行組結構抜いてるな・・・エライぞ、オレ!www
20150510-122942_24459718-1-1_1933-340507_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
アソコがゴールか・・・
終に21km走り切る事が出来るのか!?
20150510-122951_24459718-1-1_355-721604_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
トラック半周して、もうスグゴール
応援の人達に挨拶
もう足痛くて動かないけど、とうとう21km走り切る事が出来るのかと思うと嬉しくて(^^ゞ
20150510-123140_24459718-1-1_576-2832603_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
終にフィニッシュ
20150510-123140_24459718-1-1_576-2838235_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
浮いてますwww
20150510-123140_24459718-1-1_576-2844032_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
フィニッシュはみんな万歳なんだね(^^)
お約束?www
20150510-123141_24459718-1-1_576-2832604_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
とうとう走り切った、凄いぞオレ!
タイムは制限ギリギリの2時間26分(NET21分)だけど、練習状況からして完走出来るとは思えなかったから一際嬉しい!
20150510-123141_24459718-1-1_576-2838236_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
人それぞれのゴールです
みんな良く頑張ったね!
20150510-123141_24459718-1-1_576-2844033_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
右端のフィニッシュが良いな、、、オイラも次回はアレでw
20150510-123142_24459718-1-1_576-2832605_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
あ~着いた~~
20150510-123217_24459718-1-1_518-304846_ALLDATAX1.jpg
↑撮影・オールスポーツさん
満足げ(^^ゞ
この後2015仙台国際ハーフマラソンフィニッシャーと書かれた大きなタオルを頂き御満悦
トラックから出るルート上、両サイドに今回お手伝い頂いたボランティアスタッフの方々が居て、みんなでハイタッチ!
有難う、お疲れ様の感謝の気持ちを込めて・・・

今回、初めて参加した仙台国際ハーフマラソン
申し込み出来ない人も出る程の人気の大会だという事が参加してみて良く分かった
大変だけど、満足感、達成感が半端無い!!!
また来年も出るぞ!、と誓ったのでした(^^♪
しかし楽しかった~~~
この記事のURL | ノンジャンル | CM(2) | TB(0) | ▲ top
大雪への道・その5
2015/05/05(Tue)
5月5日

最終日、この二日間の興奮冷めやらず、という感じです(^^)
今日は夜の便で仙台に向かうので夕方までに苫小牧に戻らなくてはいけない
ノンビリ下道を移動します
昨日、昼飯食べながらガイドさんと話してて、日本酒好きなら是非ココに!
というワケでそこに向かうw

IMG_4936.jpg

IMG_4937.jpg

IMG_4938.jpg

IMG_4939.jpg
途中、軽い山越えをしつつ見えてくる美しい風景にココロ洗われる
やっぱ北海道エエなぁ・・・

んで

IMG_4940.jpg
国稀酒造さん!
日本最北の酒蔵で、辛口な味わいの酒が特徴
前に銀婚湯さんに泊まった時に飲んだっけ
ココは通年見学が可能で、酒蔵脇には湧き水の提供も有ります
開店と同時に水汲みに来る人がワンサカ来てビックリ!
水、無料なんですね
造りは終了していて蔵の中は静かなものだったけど、建物や展示物を見ていると飽きさせない!
酒蔵は何処に行っても特徴が有って面白いなぁ
と、言うか古いものだから?
歴史をかんじさせるモノって良いですよね(^^)
見学してもオイラは車なので試飲は出来ず(>_<)
んでもお土産に2本買って帰りました

IMG_4941.jpg
まっすぐ!な道を楽しみつつドライブ~
無事に苫小牧港到着
IMG_4942.jpg
おっ!
シルバーフェリー発見
コレは確か八戸に行くんだよね
乗ってみたいんだけど、j到着時間が・・・^^;
IMG_4944.jpg
こちらは本日乗船の太平洋フェリー・きそ
デカイ!
IMG_4945.jpg
おぉ!懐かしのサンフラワーだ!
乗ってみたい
IMG_4946.jpg
乗船直前
きその口に飲み込まれますw

今回はS寝台
大部屋で、カプセルホテルみたいな部屋
意外に静かで快適でした
後はお風呂に入ってサッパリしたら夕食おば
ノンビリ、ユッタリの船旅の始まりです
船はノンビリしていて良いですね(^^♪

初めての北海道の山々、雄大な眺めが忘れられません
またいつか、素晴らしい景色を見に登りに行きたいものです
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大雪への道・その4
2015/05/04(Mon)
5月4日

昨日の感動も覚めやらぬ中、今日もたっぷりと北海道堪能です(^^♪
今日は美瑛の道の駅に集合、そこでガイドさんと落ち合います。
ガイドさんと色々話すうち、オイラが美瑛周辺の有名処は廻ってきたと話すと、じゃぁ行ってない処にお連れします!との事
IMG_0544.jpg
先ずはどこぞの展望台へ(忘れた(^^ゞ
IMG_0545.jpg
広大な美瑛の丘が見渡せます!
ココ、人も居ないし穴場かも
マイルドセブンの丘でも思ったんだけど、畑が耕されて出来る筋が幾何学模様に見えて綺麗なんだよね!
IMG_0546.jpg
正面に昨日歩いた旭岳も見えます(^^)
IMG_0547.jpg
さてさて、ここから少し移動して、昨今とても有名になった観光名所にGO!
それがこの<青い池>、、、なんだけど・・・
時間が早かったお陰で駐車所までスンナリ入れたんだけど、そこから動かない!!!
んー
あんまり待つのヤダなぁ(~_~;)
と、言うワケで、ガイドさんが裏技を駆使して池近辺へ、後は歩いて・・・
IMG_0548.jpg
何でも、河川改修で造った砂防ダムに川の水が溜まって池が出来たそうなんだけど、この川に含まれる成分がこの不思議な色を作り出しているらしい
だから川の色も不思議な青み掛かった色なのね
しかし、オイラも旅行雑誌とか見て期待して来たんだけど、<青>じゃ無いよね(~_~;)
<緑>だよねw
IMG_0549.jpg
どうやら昔はもっともっと青かったし、何より冬場は本当に蒼くて綺麗だそうです
IMG_0550.jpg
ナルホド
ここは冬に来るべき場所なのねー
また来よう!
IMG_0551.jpg
続いて移動、やって来た場所は<白金模範牧場>
十勝岳連峰が目の前です!スゲー
IMG_0552.jpg
しかし、ココ、めっちゃ広い
右下に牛舎やら何やらが有ります
IMG_0553.jpg
ずっと向こうまで広がる牧場
お約束の「東京ドーム何個分ですか?」という質問をしてみたら、分からないってw
因みに、ココは牧草地帯
IMG_0554.jpg
ガイドさんの親戚が経営してるそうで、敷地内に入って良いと
行ってきまーす
IMG_0555.jpg
あぁ、ただただ凄い眺め
IMG_0556.jpg
めっちゃ広
今はまだ放牧シーズン前なので牛さんもお馬さんも居ません
お陰で糞地雷も無いwww
IMG_0557.jpg
開放的~
キャンプでもしたいね!
この日も冬装備で来たけど、暖かくてマイッタ(これしかもって来なかった)
IMG_0558.jpg
広大であります!
IMG_0559.jpg
また移動
道すがら山脈を見る
IMG_0560.jpg
実は本当は先ほどの<青い池>の元になる青い川のほとりをスノーシューツーリングする予定だったんだけど、予想外に暖かくなってしまい雪が融けて・・・歩けない(>_<)
仕方無いので予定変更!
向かった先は!?
IMG_0561.jpg
望岳台
スノーシュートレッキングやりたいですよね?って事で、まだ雪の残る十勝岳に来ました!
IMG_0562.jpg
普通は後ろの人達のように登山道を歩くんだけど、我々はスノーシュー履いて雪渓を行きますw
IMG_0563.jpg
遥か上に噴気を上げる十勝岳
雪の上にはスキーの滑走跡
やっぱ雪は良いや!
昨日の旭岳でスノーシューにも慣れたのでサクサク進む
IMG_0564.jpg
遥か眼下に先ほどの農場
IMG_0565.jpg
ココの岩場、ナキウサギが住んでいるそうです
鳴き声は聞こえたけど、姿は確認出来ず
その代わりリス発見
IMG_0566.jpg
避難小屋到着!
今回はココまで
ココでお昼休憩して、暫し雄大な景色を眺める
しかし嬉しそうw
IMG_0567.jpg
やたっ
IMG_0568.jpg
もう一枚
顔日焼けしたなぁ・・・真っ赤
IMG_0569.jpg
残念ながら下山開始
いつか頂上まで行ってみたい
IMG_0570.jpg
無事下山
また来るぞぉ!
[広告] VPS


その後吹上温泉近くのの露天風呂(無料!)に行って混浴(#^.^#)
川沿いに有る露天風呂で、元は旅館だったそうな
廃業した後地元の有志の方が維持してくれているそうです
ナント!、あの北の国からで田中邦江と宮沢りえが混浴したお風呂でした!
うっほう
近くの吹上温泉白銀荘には車中泊とキャンプ両方出来るスペースが有って格安!!!
今度ココ利用してみたい!

今日も兎に角大満足な一日になりました
予想外に二日連続で登山になったけど、登れたし実に美しく雄大な景色を堪能出来ました(^^)
また来たい!!!
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大雪への道・その3
2015/05/03(Sun)
5月3日

今日は大雪山系の旭岳に登る日です
厳冬期では無いとは言え、通常期であれば5月でも真冬の雪山と考えて良い旭岳を登るにあたって単独行は危険と判断、ガイドさんを頼む事に
調べてみて良さそうなトコを見つけたのでガイドをお願いしました
<大雪山倶楽部>さんですっ!
大雪山倶楽部
当日8時30分にオイラが宿泊した遊水公園駐車場に迎に来てもらって、ガイドさんの車で移動です
今回の担当は倶楽部代表の愛澤さん
とても感じの良い方で、頼れる山男!な人です
挨拶したら、荷物を積んで早速出発です
道中北海道の植物や動物の話を聞いたり、山の話をしてとてもためになりました(^^♪
ガイド登山ならではだなー
昨日の湧水公園を過ぎ、30分程走ると旭岳の麓に到着
IMG_0507.jpg
ここからロープウエーに乗ります
9時発の1番便に乗り込み、上へ
眼前に広がる山々、雄大な景色にワクワクしてきます
10分くらいで到着、先ずはトイレw
オイラ達の他にも結構人が居て、登山は勿論、スキーやボードの人も多かったかなー
建物を出ると、うわ~~~~~~~~~~\(~o~)/
IMG_0508.jpg
眼前に広がる旭岳
周りを見渡せば言葉が出ないくらい雄大な眺め
うはっ
凄ェとこきちゃったよ、オレ
ここから避難小屋辺りまでスノーシューを履いて歩くそうで、スノーシュー装着
初スノーシューだ\(~o~)/
持つとワカンに比べて重いけど、履いてしまえば気にならないね
愛澤さんに続いてばっさばっさ音を立てて歩いて行きますw
やはり予想外に暖かくなったそうで、雪はザクザクですね
服装も暖かいのでベースのみ、アウターは着ませんでした
003.jpg
まだまだ元気ですw
ここから右上に見える避難小屋までノンビリ歩きます
旭岳の麓には広大な台地が広がっていて、7月くらいには色とりどりの高山植物が綺麗だそうです
こういう地形、その昔旭岳が吐き出した溶岩が広がって出来上がったそうです
スノーシューでの歩行にもすぐに慣れた
こういう平坦な地形だと凄く良いな~
さすがにワカンより浮力が有るし、踏み抜くような雪でもスノーシューは面積が有るので楽々です
ただ、愛澤さんも言ってたけど、傾斜が有る所だとワカンの方が良いとの事
逆にフカフカの新雪とか平坦な所はスノーシューが適しているそうな
うーん、悩むぜぇ!
IMG_0510.jpg
そうこうする内、避難小屋到着
一時休憩です
旭岳、いまだ活動中の火山で、噴気が盛大に噴出しています!
噴気口は帰り道に見に行くとの事
IMG_0509.jpg
これから右上の岩場の上の雪渓までスノーシューで登って、そこでスノーシューをデポ
後は右の稜線に沿って頂上まで登るそうです
け、結構距離有るな・・・^^;

休憩を終え、再び出発!
右を見れば有名なトムラウシや十勝岳に続く山脈が、左を見ても旭岳の勇姿とその向こうに広がる山々が
なんて広いんだっ!

岩場に着いて、一旦スノーシューを脱いで歩く
岩場を越えたらまた履いて雪渓歩き
IMG_0511.jpg
噴気口が下に見える
結構上がって来た?
昔は硫黄を採取していたそうです
IMG_0512.jpg
十勝岳連峰
その一つ一つの山が名だたるお山
すげ~~\(゜ロ\)(/ロ゜)/
IMG_0513.jpg
眼下に広がる山々
富良野岳や美瑛岳などなど
そうそう、旭岳を中心に見ると、東西南北、山脈が広がっているそうですよ
IMG_0514.jpg
山頂はあの向こう!
IMG_0515.jpg
ここから稜線歩きです
冬場はアイゼン必須なトコロらしい^^;
再び愛澤さんに続いて歩き始める
雪はザクザクだけどそれ程歩き難さは無いかな
それにしても、前を見ても右を見ても後ろを見ても素晴らしい眺めで一々感動しちゃう(^^ゞ
稜線とは言っても、旭岳の場合そんなに狭くは無いです
んでも、左側も右も落ちれば下まで転げ落ちそうな斜面、き、緊張する~w
楽しくも、苦しい登り
んでも愛澤さんのペースが丁度良いのと、毎週お山に行っていたお陰かそれ程キツクは無い感じ
オイラも漸く2000m級のお山を登れるようになったか~(^^♪


なんて言ってたら・・・


IMG_0516.jpg
この上が頂上らしい
スゲー斜面なような気がするのはオイラだけ!?(~_~;)
IMG_0517.jpg
下に広がる台地状のトコロは歩けるそうな
んで、そのままお山を縦走出来るんだって!
トムラウシにも行けるし、十勝岳にも行けるとか
テン場も有るって
熊も居るって!(>_<)
凄いけど、いつか行って見たい!
IMG_0518.jpg
金庫岩、、、ん?ニセ金庫だったっけ^^;
金庫岩はルートの目印になっているんだけど、近くに似たようなのが有って、その昔間違えてニセ金庫の方に降りた人が遭難したらしい
そんで名前がニセ金庫になったとか
IMG_0519.jpg
こっちがモノホンの金庫岩だったかな?
さて、休憩を終えて再び出発
IMG_0516.jpg
↑本来は左側の稜線を行くのが正規のルートらしいんだけど、ツボ足で歩ける状況なので直登します!だそうでつ
真っ直ぐ・・・^^;
足場を確保しながら登る
グングン増す高度!
さすがに息が切れるけど、楽しいっ
周りを見れば雄大で美しい山々
キツイけど楽しいぞ~~~

んで

IMG_0520.jpg
つ、着いたっ
旭岳、標高2291m
制覇っ!\(~o~)/!
IMG_0522.jpg
ヤッターーーーーー!
IMG_0521.jpg
も一枚w
標高は最近の計測で2291mになったそうです
BCスキーの人も一杯居る
ココまで2時間30程で登りました
IMG_0523.jpg
噴気口があんなに小さいよー
左の稜線を登って来たのです!
ロープウエーの駅は見えないなぁ
IMG_0524.jpg
連なる山々
なんて景色だ・・・
IMG_0525.jpg
バックに一枚
えへ(^^♪
IMG_0527.jpg
向かいが噴火口かと思ったら、その向こう側だそうです
お鉢と呼ばれる巨大な噴火口が有るらしく、お鉢を廻ってその向こうの黒岳という山にも行けるそうな
で、その先には層雲峡、と
なんつースケール!!!
IMG_0528.jpg
向こうにも山脈が・・・
登れる山が数知れず有るという・・・
とにかく圧倒的
IMG_0529.jpg
今回ガイドを務めて下さった愛澤さん
ナント靴一緒w
IMG_0530.jpg
雄大な景色を眺めながらお昼ご飯に
愛澤さんもカップラー持ってきてたw
やっぱ山ではお握りとカップラーはセットなのか!?w
周りの皆さんもカップラー率高し!
そうそう、正面の谷には温泉(野湯)が有るそうな
山頂でお話したオニーサンがソコに行くと言って降りて行った
ここまで登って、また先に行く・・・皆さん凄いなぁ
IMG_0531.jpg
素晴らしい景色を眺めながら、愛澤さんと暫しお話
山の事とか道具の事とか、食べ物や酒、兎に角色々教えてもらった
ホントに良く知ってて、今回ガイドさん頼んで良かったなぁ、と思ったよ
今日みたいな天気なら一人でも登れただろうけど、こういう話は聞けないもんね
IMG_0532.jpg
<稜線歩き>って高度差があんまり無いから言うほどキツクは無いそうな
オイラももっと鍛えてチャレンジしたい!
IMG_0534.jpg
左下に続く稜線から上ってくる人も居た
しかし広大
IMG_0535.jpg
この眺めも見納め
そろそろ下山します
いつもでも見ていたい、そう思える眺めでした(^^)
また来るぜ!旭岳

帰り道、愛澤さんはタッタカタッタカ降りて行く
オイラは下りは着いて行けない場面もチラホラ
こんな所に技術・経験の差が!
愛澤さんを見ていると、地面への足の置き方が違うのに気がついた
踵からじゃ無く、全面を着く感じ
オイラは踵から接地していて、ズルリと滑る場面が多くて怖かったので、何故あんなに安定して歩けるのか不思議だったのだ
まねしてみたら思ったより滑らず歩ける事が分かったので、それからは雪の上でも砂利の上でも安定して歩けるようになった
これもガイドさん頼んで良かった事の一つ(^^♪
一旦休憩
愛澤さん曰く、良いペースで降りてきたらしい(^^)
IMG_0536.jpg
この後、あの噴気口を見に行きます
IMG_0537.jpg
見上げると、もう山頂は遥か
降りる時は早いんだよなー
再び降りて、スノーシューデポ地点へ
そうそう、思ったんだけど、北海道の人って登山道で会う人と挨拶しないの?
オイラ声掛けるのが普通だと思ってたから不思議だったんだけど、殆ど挨拶無いんだよねー
ナゾだ・・・

途中から登山道を外れて、真ん中の大きな谷に降りて行く
いよいよあの噴気口へGOだ!
んで

IMG_0538.jpg
ご=========
IMG_0539.jpg
ずごぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおお
[広告] VPS

IMG_0540.jpg
コッチはさらにブシュ==============
IMG_0543.jpg
さらにずごぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおお
[広告] VPS

噴気口の周りは雪が融けて大きな穴になってました
凄い勢いで噴出していて、火山活動の活発さを思い起こさせます
そうそう、ココ、夏場はここまで近づけないらしい
冬ならではの楽しみですね

後はノンビリ下山
振り返り振り返り、景色を楽しみながら歩きました
素晴らしい体験だった
[広告] VPS

この眺め、忘れられないな~
いつかまた来よう!
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大雪への道その2
2015/05/02(Sat)
朝、気持ち良く起きて先ずは風呂っ!
昨日は殆ど揺れも無くて快適だった(^^♪
船の旅、結構好きかな
ノンビリしてて良い
さてさて、朝飯朝飯

IMG_4912.jpg
今日も良い天気ですっ
IMG_4913.jpg
この景色を眺めながら風呂に入れるという贅沢w
IMG_4914.jpg
周りを見渡せど、見えるのは海、海、海
伸びる航跡がまっすぐ
IMG_4915.jpg
群青の海を眺めていると、あっという間に苫小牧港到着です
仙台からだと7時過ぎに出て翌11時到着、金曜の夜に出てくるのが丁度良いスケジュールなのです
IMG_4916.jpg
船倉の様子
今回初めて車で乗船したんだよねー
そう言えば、やっぱバイク少なかったなー
5月連休だと山沿いにはまだ雪も残ってるし、寒そうだし・・・

IMG_4917.jpg
もうすぐ下船です

苫小牧港に下りて、先ずは飯!と思ったんだけど、港近くのホッキで有名なマルトマ食堂に行ってみたら長蛇の列\(゜ロ\)(/ロ゜)/
諦めて先に進む・・・
IMG_4919.jpg
おぉ!
山見えてきた~!!!
高速走っても超ツマラナイのでALL下道で
IMG_4920.jpg
北海度らしい風景
やっと春が来つつある感じですね
IMG_4918.jpg
牧草が青々と
向こうには連なる山々
今日の日程は苫小牧港から宿泊地、東川町までの移動
まだ冬の気配の色濃く残る道内をひた走る!
この季節、普通まだまだ道内、特に山間部には雪が残っていて、時に雪が降る事も有るらしいけど、今年は暖かくなるのが早いみたいで雪は高い山以外は殆ど無いですね
バイクで旅する人も少ない感じ
これならバイクでも全然大丈夫ですねー
オイラも7月はバイクで来よう(^^)

東川到着
今夜の宿泊地に考えていた道の駅<道草館>に着くと、モンベルが有るのにビックリ!!
結構人も居るなー
しかし駐車場が意外に狭くて、しかも街のど真ん中であんまりロケーションが良く無い・・・
ココに来る途中見かけた公園の方が良い感じだったので今夜はソッチに泊まる事に
んでは、夕食の食材を仕入れてからお風呂に入りに行こう~
町から少し離れた所に温泉が有るのを見つけていたのでGO!
<森のゆ>という温泉で、宿泊も出来るし公園も有って、キャンプ場まで有るトコなのでした
スゲー(゜o゜)
んでも、キャンプ場はホテルの目の前だし、家族連れで満員な感じで賑やかなのでイマイチかなー
早速お風呂にGO!
お湯は無色透明で特徴の無い湯だけどサッパリして気持ち良い
ユックリ漬かって上がりました(^^♪

後は先ほどの公園に行くだけなんだけど、気になる所が有るので寄り道
山の方に車で暫く走るとそれは有る
IMG_4922.jpg
↑コレ、大雪山の湧水です
大雪に降り注いだ雨が山体に染み込み、長い年月を掛けココに湧き出ているのです
天然のフィルターでろ過された水は飲用可能!
ココは公園になっていて、駐車場脇に水汲み場が作られているんだけど、300m程歩くと原水湧水地に行けるのです
これは300m歩いていった終点、湧水地です
IMG_4923.jpg
透明で澄み切った水が止め処なく溢れて流れて行きます
そうそう、先ほどの東川町にはナント上水道が無いそうですっ!\(゜ロ\)(/ロ゜)/!
それはこのとても綺麗な水が豊富に有るので皆さん井戸水で生活されているそうです
食事もお風呂もミネラルウオーター
良いなぁ~
しかしココ、駐車場から木道を歩いて来るんだけど、出没注意>の看板一杯有るのよ^^;
しかも夕方だったから、怖くて(汗
熊出るなー、熊出るなー唱えてますたwww
IMG_4924.jpg
湧水地点
飲んでみたら冷たくてとってもおいしい水でした
サッパリしてて癖の無い水です
そうそう、公園の水汲み場には施設維持管理用の募金箱が有って、100円以上の御協力をお願いします、と書かれていたので100円入れてきました(^^)
IMG_4925.jpg
大雪より流れ下る川
IMG_4926.jpg
頭上にはお月様
遠くに明日上る大雪の山々

明日が楽しみだ(^^)
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大雪への道
2015/05/01(Fri)
5月1日
定時で会社をばっくれて、仙台港へGO!
今年も行くぜ北海道~\(~o~)/
IMG_4911.jpg
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。