テン泊の山歩き・その4
2015/10/24(Sat)
10月24日

昨日は熊に食べられる事も無かったようで、無事起床w
だってテン場周辺に<熊など野生生物出没注意>の看板が一杯有るんだもん^^;
着替えて、お湯を沸かす
朝食はシリアルバーで済ます
河童橋近辺で何か食えるだろうから我慢です
IMG_1427.jpg
テントを仕舞って出立!
この辺もモルゲンロートは山の天辺だけ
あぁそうか!
常念さんとかの山脈が有るから日が当たらないんだな
IMG_1428.jpg
横尾、良いトコですた
また来るよ~
IMG_1429.jpg
やや雲が有るものの、今日も良い天気になりそう
IMG_1430.jpg
明神の山々には雲が掛かってます
IMG_1431.jpg
生き物のように雲の形が変わる
見ていて飽きない
IMG_1432.jpg
大分歩いて来ました
昨日までの山行を思うと、林道歩きがホノボノとして感じられます
IMG_1433.jpg
いやー
平和だなぁ
そうそう、平和と言えば、この辺りまでくるハイカーな方々って結構居るんだよね
実に軽装で、実に観光然としてて・・・
こういう方々って僕ら山歩きな人達とは少し違ってて、すれ違いに挨拶しても黙って通り過ぎる人が多い
コレって僕ら山好きは当たり前にしてる事が、彼らにとっては当たり前では無いんだろうなぁ、と考えさせられた
そりゃそうだよね、彼ら観光目的な方々は身の危険を感じる所に赴くわけじゃぁ無いんだから
北アルプスの山々に入ると、すれ違う人皆誰もかれも当たり前のように挨拶します
これって単なる挨拶の意味だけじゃ無くて、相手を気遣う意味が込められていると思うんだよね
具合悪く無いですか?とか、怪我して無いですか?とか・・・
命の危険が有る山の中ではお互い様
んでも、下界に降りるとそういう感覚が消えうせて、僕ら山歩きな人間は少し寂しいというか面食らうのです・・・
んな事考えながらの長い、ながーい林道歩きですた(^^ゞ
無事上高地到着
9時半発のバスに間に合いました!
長野名物、おやきを食べたりして時間を潰す
シャワーが有るらしい、という情報が有ったので探したんだけど、アレってバスターミナル近辺じゃなくて、河童橋近くだったんだね^^;
失敗失敗
IMG_1434.jpg
バスの車窓から、大正池
IMG_1435.jpg
焼岳
IMG_1437.jpg
麓はまだまだ紅葉が綺麗でした

こうして無事今回の山行が終わった
再び天気に恵まれて最高の山日和でした~
しかし、前回の1週間山に入ってたのと比べると、少々物足りない・・・(^^ゞ
また今度、上高地だったら雪の時期にも来たいですね(^^♪
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
テン泊の山歩き・その3
2015/10/23(Fri)
10月23日

朝起きるとテント内がヒンヤリ
さっぶ~(>_<)
朝食も涸沢ヒュッテで頂く事にしてあるので、速攻着替える
寝袋出ると寒い~~~
夜明け前なので外はまだ暗いです
ヘッデン点けて夜みたいなキャンプ地を歩く
ヒュッテに入ると、入り口にストーブが!!!
助かるぅ
朝食にはまだ少し早いので、ストーブで温まりながら他のお客さんとお話
ヒュッテ泊の方から「テント寒かったでしょーー自分ぬは無理だぁ」とか言われる^^;
時間になり食堂へGO
朝食もとってもおいしゅうございました(^^♪
お腹一杯食べて満足!
食べてる間に外が明るくなり始めたので撤収
帰りがけ、昨日頼んでおいたお弁当を受け取る
今日は日程的に小屋で昼飯って訳にはいかないのでお弁当を頼んでおいたのです(^^)
皆さんにお別れを言って外に出る
IMG_1386.jpg
おぉ!大分明るくなってきたなー
IMG_1387.jpg
テントに戻ると、、、、ありゃりゃ!?
IMG_1389.jpg
フライ真っ白、凍ってたのね~~~
寒いわけだ^^;
IMG_1388.jpg
今日も良い天気になりそうな予感!
今回は涸沢に二泊の予定なので、テントはそのままザックにはお弁当と最低限の荷物だけ入れてパッキング
そうこうするうち
IMG_1391.jpg
おぉ!
モルゲンロート!!
IMG_1392.jpg
朝日の当たる所だけ燃え上がりました
IMG_1393.jpg
涸沢槍も燃えてます!
IMG_1394.jpg
綺麗だなー
今この稜線を歩く人は居るのだろうか?
こんな時歩けたら凄い景色を見れるんだろうなぁ
さて
オイラも出発だっ!!!
今日は北穂高岳にチャレンジですっ\(~o~)/
キャンプ場を横切って涸沢小屋に向かって行き、右脇に登山道入り口が有ります
IMG_1396.jpg
ココから
最初は岩の階段になってます
IMG_1397.jpg
この位置からだと山頂は見えない
グルリ巻くようです
IMG_1398.jpg
太陽がもうあんな高さに!
今日も良い天気ぃぃいいいい\(~o~)/
IMG_1399.jpg
登って行くと、唐突に・・・おぉう!
こんなん登るんか!?
ま、ココは足や手を置く所が一杯有って見た目よか登りやすかったっす
IMG_1400.jpg
ガレガレの岩場地帯
見てるとなんか崩れそうだよーー
IMG_1401.jpg
テン場がもうあんなとこに
この辺りは岩の上を渡り歩く感じです
IMG_1402.jpg
うーむ
どう見ても崩れ落ちてるようにしか見えない・・・^^;
IMG_1403.jpg
斜度はこんな感じ
IMG_1404.jpg
暫く行くと、壁出現!
うぉ~これが地図に載ってた鎖場かぁ!?
しっかしこの傾斜、しかも岩の表面が平らで思った以上に滑る!!
怖!
出来るだけ鎖に頼らず、しっかり足場を固めながら登りました
IMG_1405.jpg
ココ下るのかぁー
怖ぇぇえ(>_<)
IMG_1406.jpg
凄ぇ尖がった稜線だなぁ!
IMG_1407.jpg
涸沢岳
黒々・・・
岩場を降りて行く二人組みを見つけたんだけど、おっそろしーーーーー\(゜ロ\)(/ロ゜)/
よくあんなトコ・・・
IMG_1408.jpg
奥穂
凄まじい山容
IMG_1409.jpg
まるでノコギリのようだね
オイラにはまだまだ早い・・・
IMG_1410.jpg
日陰には雪が
IMG_1411.jpg
北穂分岐到着
ヤレヤレ
しかしココに来るまで至る所に<コッチ行っちゃ駄目!>な×表示が有りました
昔はコースだったけど、今は歩けないようになった所なのかな?
崩落とか多そうだもんね・・・
ここから北穂山頂まで残り200m
もうすぐ!
グルリ巻いて、岩の階段を登ると・・・
IMG_1412.jpg
着いたっ!
とうとう着きました~~~\(~o~)/
北穂高岳、制覇!
山頂には誰も居ません
独り占め!
IMG_1413.jpg
歩いて来た登山道が見えます
IMG_1414.jpg
笠ヶ岳?
行ってみたい
IMG_1415.jpg
黒い要塞もいつか制覇してみたいものです
IMG_1416.jpg
デカイ山だなぁ
稜線歩き楽しそう(^^)
IMG_1417.jpg
槍ヶ岳!
ついこの間歩いた道が良く見える~(^^♪
来年は西鎌尾根~雲の平を・・・
IMG_1420.jpg
涸沢のテン場はあんな小さいw
この後北穂高小屋に行って一休み
噂のテラスからの絶景を見る事が出来ました~~~\(~o~)/
蝶、常念、大天井、燕とグルリ眺める事が出来る、本当に眺めの素晴らしいテラスですね
ココで涸沢ヒュッテ特製弁当を頂く
あれだけご飯お腹一杯食べても2~3時間歩くとお腹空くんだよなー(^^ゞ
北穂高小屋も小屋閉め作業の真っ最中でした
小屋の方と少し話をしたんだけど、もうすぐ小屋閉めだそうです
オイラも後ろ髪引かれつつ下山する事に
IMG_1421.jpg
下りは早いなぁ
んでも、岩ゴロゴロなので注意です
IMG_1422.jpg
これってやっぱ表面から崩壊し続けてるんだろうね
北アルプスの山々を歩いていると、至る所でこういう風景を見る
そのうちこの景色が無くなってしまったりはしないのだろうか・・・
大切にしなければ
IMG_1423.jpg
ルートを自分で考えながら降ります
北穂はこういう急な岩場が多かったです
IMG_1424.jpg
無事涸沢のテン場まで降りてきました~(^^♪
で、今日はココでもう一泊のつもりだったんだけど、まだ時間有るし明日の日程を考えて横尾まで降りる事にしました
テントを仕舞い、撤収
涸沢ヒュッテさんにテント泊の札を返しにいったら今日の分の宿泊料を返してくれました
感謝!
涸沢から横尾まで、コースタイムでは2時間10分
うまくすると3時半には着けるかな?、と思ったんだけど・・・
テン泊装備を詰め込んだザックを背負って歩き始めると、思った以上に体が重いーーー
やっぱ北穂往復の疲れが有るみたい(>_<)
んでも、横尾まで行ってしまえば明日が楽になる!
頑張って歩きます
昨日苦労した延々と続く登りを下る
この辺り、山の谷間を歩くので日が遮られて暗くなるのが早い!
ヤベエ^^;
本谷橋まで行けば後は楽になるので頑張ります
そこに行くまでの下りも辛いんだけど~~~

本谷橋到着

ココで暫し休憩
ここまで来ると周りの山の頂も低くなって見通しが良いので日が当たる!
ようやく安心できた
後は比較的フラットな登山道をひたすら歩きます
あっれー、こんな遠かったっけぇ!?
降りて来た事を少々後悔(w)しつつ、黙々と歩いて行くと、アレ?正面から何か来るヨ???

何だ?、と良く見たらお猿さん!
しかもデカイ!!!
一匹のお猿さん(多分オス)が堂々と登山道の真ん中を歩いて来たのです!
オイラ目が点(w
おさるさんも逃げる訳でも無く歩いて来て、オヤ?とでもいうような顔をする
オイラビックリしつつそのまま歩く

両者マジマジと見つめあいながら通過(爆
いや~驚いた(^^ゞ
その後少しして横尾大橋通過
横尾山荘到着~~~
やれやれ^^;
山荘の受付に行ってテン泊の手続きをしつつ、受付のオネーサンにその辺の登山道でデカイお猿さんとすれ違ってビックリしたと話したら、女性だとウキ======!!!って威嚇されるって言ってた(^_^;)
お、オトコで良かったですwww
IMG_1425.jpg
橋の麓にテント設営
IMG_1426.jpg
貸切っす(^_^;)
今晩は予備のアルファ米を食べて夕飯にしますた
オカズはマーボー茄子だっ!
予備持って来てて良かった~~~
ココもなかなか静かで良いテン場ですね
明日はもう帰る日かぁ
山で過ごす日々は時間の経つのがホント早い
今日も良い一日だった


[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
テン泊の山歩き・その2
2015/10/22(Thu)
10月22日

昨日は梓川のせせらぎを聞きながら、グッスリですた(^^ゞ
サッと起きて着替え
先ずはお湯を沸かして朝食準備です
バーナーはSOTOのウインドマスター&オプション五徳
このバーナー、ホント火力が強力でお湯が沸くのが早い!
あの独自構造ゆえかな
お勧めですよ(^^)
今朝はα米とフリーズドライの親子丼、それにスープです
アマノのα米美味しいのでお気に入りです
毎日でも大丈夫ですね!
食べ終えたらササッとテント撤収
目の前には梓川と北アの山々、、、すんばらし~~\(~o~)/
プラティパスに水を補給して、荷物をザックに詰めて準備が出来たら出発だ~~~!
IMG_1320.jpg
すんばらしい景色ですっ!
今日も良い天気だっ
しっかしザック、背負う時重いな===!
んでも背負ってしまえば意外に重さを感じないのです(^^)
さすがバルトロ65
IMG_1321.jpg
小梨平キャンプ場から梓川沿いの遊歩道を歩いて行くんだけど、こーんな綺麗な流れが一杯見れます
このまま飲めそう!
IMG_1322.jpg
遊歩道沿いは明るい森で歩いていてとても気持ちが良い
IMG_1323.jpg
こーんな感じの道が続きます
テン泊装備でもサクサク歩けます
IMG_1324.jpg
河童橋から1.5km地点まで来ました
次の明神まで1.2km、と
IMG_1325.jpg
明神岳がずっと見えます
IMG_1326.jpg
しかし美しい景色ですねぇ
雪の季節も良いかも
IMG_1327.jpg
少しアップダウンで出てきました
この程度でもテン泊装備だと息が切れるねw
IMG_1328.jpg
山から梓川に注ぐ流れ
ホントに水豊富
IMG_1329.jpg
見える姿が変わってきた
登山道は無いのかなぁ?
IMG_1330.jpg

と、いう事だそうです(^^ゞ
ナルホド
IMG_1331.jpg
この奥にも池が有るそうです
が、スルー(^^ゞ
先を急ぎます
IMG_1332.jpg
徳沢まで3.4km!
IMG_1333.jpg
ナルホドね、ピークが一杯有るんだ
IMG_1334.jpg
広々~
向かいの川原でキャンプしたい!(危ないけど
IMG_1335.jpg
護岸工事してあるのね
小梨平が大分離れた
IMG_1336.jpg
ホント広い!
春先は増水してるのかなぁ?
IMG_1337.jpg
徳沢到着!
ココでトイレ休憩w
上高地から6.4km来ましたね(^^♪
横尾まで3.9km、そして今日はその先の涸沢まで行くからまだまだだ^^;
IMG_1338.jpg
徳沢園は山小屋と言うよりホテルのように立派ですた!
んで、ココのキャンプ場がとっても良い雰囲気なのだよね(^^)
ユックリキャンプしてみたいなぁ
IMG_1339.jpg
徳沢園から少し進むとこの看板が
横尾まで1時間も掛かるらしい・・・
IMG_1340.jpg
道は相変わらず
IMG_1341.jpg
明神岳の姿も大分角度が変わってきた
遊歩道歩きが変化に乏しいのでついつい周りを見てしまう(^^ゞ
IMG_1342.jpg
ココも登れんのかな?
IMG_1343.jpg
チョイト山が近づいてきた!
川原に車の轍が有るね
資材運搬用かな?
IMG_1344.jpg
そうこうするうち、横尾到着!
やった~~\(~o~)/
10時前に着いたので、休憩しつつ時間を潰す
横尾山荘で昼飯にするので~
あの橋を渉ると、いよいよ山岳地帯に入って行きます
ココまでは山では無い、と(^_^;)
ココ、横尾山荘さん、ナント!山小屋なのにお風呂が有るそうな!!!
良いな~~~
水の豊富さをあらわしてますねー
IMG_1345.jpg
下記高知から11km、涸沢まで6km
腹を満たして出発だぁぁぁああ\(~o~)/
IMG_1346.jpg
横尾大橋、立派な吊橋です
殆ど揺れません
チョイトがっかりw
この橋の袂に「この先は山岳地帯だから装備の無い人は入ってはイケマセン!!!」って書いて有ったっけ
そんなすんごい山道なの!?
IMG_1347.jpg
橋の上から、右側
これ、自然の造詣か?
それとも護岸工事?
何か不自然・・・
やっぱ雪解け時には相当な水量になるのかも
IMG_1348.jpg

上高地に向かって流れて行きます~
IMG_1349.jpg
屏風岩
日本最大級の岩場だとか
クライマーさんが居ないか探しちゃいました
IMG_1350.jpg
横尾の岩小屋跡、だそうで・・・
ココが山小屋だったの!?
IMG_1351.jpg
勾配がついて山道らしくなってきた
IMG_1352.jpg
この辺りはまだまだ綺麗だね
IMG_1353.jpg
屏風岩の向こう側のお山
ナニ山でしょう?
IMG_1354.jpg
ナナカマド?
赤が綺麗
IMG_1355.jpg
沢発見!
熊居そう(^_^;)
IMG_1356.jpg
気持ちの良い空です
IMG_1357.jpg
本谷橋まで来ました
やれやれ
実は、橋は有りません
冬季休業に伴って撤去してあるのです
本当は立派な吊り橋なんです
ココで暫し休憩
丁度居合わせた方とお話
若いお兄さんとおじいちゃんで、親子だそうです
先行された紅いザックと青いザックの方
この先暫し同行します(^^)
IMG_1358.jpg
休憩して、オイラも出立!
IMG_1359.jpg
本谷橋を過ぎると、道はこんな感じに!
遊歩道から登山道へと変身!
テン泊装備を背負っての登りが辛い(>_<)
ジックリ行きます
IMG_1360.jpg
こーんな谷間を行きます
岩場で北アらしくなってきた
IMG_1361.jpg
あっ!
見えた\(~o~)/
多分あの下
しっかし登山道は左方向に続く
どうやらグルリ巻いて入っていくみたい・・・先は長い(^_^;)
IMG_1362.jpg
あそこかぁぁ
いやー
長ぇ~~
遠い~~~
IMG_1363.jpg
振り返って
正面の谷間をグルリ巻いて登って来ました
遠いなーー
テン泊装備が辛い・・・(>_<)
IMG_1364.jpg
最後の石階段がキツカッタ~
やっと着いた~~~\(~o~)/
涸沢到着!!!
手前が涸沢ヒュッテで向こうが涸沢小屋
しっかしテント2張りしか無いぞ!
こうして上から見ると何処にテント張っていいのか分からんね^^;
ヒュッテでテン泊の受付をして、いざ!
IMG_1365.jpg
や~
凄ぇーーー
スケールでか過ぎて距離感狂うわ(^_^;)
IMG_1366.jpg
雪渓も残ってるね
しっかしグルリと何て風景!
IMG_1367.jpg
向こうにもデカイ雪渓がっ
ヒュッテは冬季閉鎖に向けて小屋閉め作業の真っ只中ですた
IMG_1368.jpg
ウロウロして、やっとこ場所決めてテントを張る、の図www
この後石の位置調整してピンと張りなおしますた(^^ゞ
ココは岩が風除けみたいに積まれていて、尚且つ眺めも良いので決めました
IMG_1369.jpg
幅は良いんだけど、意外と狭くて出入りが窮屈
手前はソーラー充電継続中
ザックに付けて歩いているので十分充電されてはいるんだけどねー
折角なので満充電に向けて
IMG_1370.jpg
と、思ったら稜線上から県警のヘリが下りて来た!
遭難か!?!?
IMG_1371.jpg
myテントからの景色
良いねぇ
IMG_1372.jpg
上の方は雪が有るね
登れるかなぁ・・・
危ないかなぁ
IMG_1373.jpg
凄ぇトンガリ具合
あんなトコ歩けるのか!?
IMG_1374.jpg
北穂高小屋が右上に見えます!
明日はあそこまで行く予定
距離感がどうもおかしい
IMG_1376.jpg
散歩していたら、岩にこんな
IMG_1377.jpg
こちらはホラー風
IMG_1378.jpg
コッチだぞっと目印が続く
IMG_1379.jpg
雲、沸き立つ
凄いスケール
IMG_1380.jpg
パノラマコース、、、らしい
IMG_1381.jpg
紅葉の残り香
IMG_1382.jpg
コチラも
日が翳るとサスガに寒くなります
涸沢ヒュッテさんはテント泊でもヒュッテで食事が出来ます
夕食2500円
朝食1500円
弁当1000円です
たっけ!(>_<)
んでも、小屋で食事が出来ると持って歩く食料が減らせるので大助かりっす!!!
IMG_1384.jpg
今日の夕食
多彩なオカズ、しかも美味しいです(^^♪
豆腐まで有るし!
手前の巾着もグー
IMG_1385.jpg
ご飯はナント混ぜご飯と白いご飯を選べます
勿論お代わりすれば両方食べられますwww
この日ヒュッテ宿泊の方は6人程
周囲の山の話や皆さんの山行の話で盛り上がりました~(^^♪
山好きが集まってるから自然と仲良くなれますねー
そうそう、先程の県警のヘリは実際に要救を運んで来たそうです
遭難だったんだ・・・
間近にすると身が引き締まる思いですね
楽しいけど、一歩間違えば命に係わる・・・

食事が終わったらヘッドライト灯してテントに戻ります
いや~寒くなってきたー
明日に備えて早めに寝よう!
明日が楽しみだ~~~\(~o~)/










だったんだけど!



2時頃、寒くて目が覚めた
風も少し吹いてる
こりゃダメだ、寒くて寝られんよー
ダウンジャケットを着込んで寝袋に入る
足にはダウンのテントシューズを履いた
これで寝られるかな?


[広告] VPS


[広告] VPS
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
テン泊の山歩き
2015/10/21(Wed)
10月21日

松本より新島々まで電車で移動
ココも単線なのね~
ノンビリと車窓を眺めながら行くと、窓の外には山の景色が広がり始めます(^^)

新島々駅到着

ココからバスに乗り換え
向かった先は勿論、上高地!
上高地って初めて行くなぁ
車窓には見事な紅葉の山々が!
綺麗~
焼岳を過ぎ、長~いトンネルを抜けると、上高地!
池とかはあんまり興味無いのでオイラは上高地バスターミナルまで行きます(^^ゞ
IMG_1305.jpg
凄い人!
ビックリ\(◎o◎)/
外国の方も多いです
お腹空いたので信州名物、おやきを頂く(^^♪
しかし凄いね
こんな立派な施設が有るとは
IMG_1306.jpg
ターミナルで美味しい水を補給して、早速出発!\(~o~)/
森の中に伸びる明るい遊歩道を歩きます
IMG_1307.jpg
こーんな感じなので、登山者よりも観光、ハイキングな方が殆どな感じですた
オイラ今回テン泊なので65ℓのザック背負ってるので目立ちます^^;
IMG_1308.jpg
有名な河童橋!
眺め凄ぇ
梓川綺麗だな~~
この辺り、みやげ物屋さんとか食堂が多いです
オイラもココでお昼ご飯に
んでも、味噌チャーシュー不味かった・・・^^;
さすが観光地w
IMG_1309.jpg
腹が落ち着いたら早速出発
しっかし良い眺めだな~
IMG_1310.jpg
途中、梓川に流れ込む山からの流れ
水凄ぇ綺麗!!!
さすが北アだっ!
IMG_1311.jpg
そうこうする内、本日のキャンプ地の小梨平キャンプ場に到着
受付して、キャンプ場の説明を聞く
初めてだかんね
とっても開放的で雰囲気の良いキャンプ場だな~~~
なんつっても眺め、コレだよ!
IMG_1312.jpg
先客が結構いらしたので、出来るだけ眺めの良い場所を選んでテント設営
出入り口を開ければ眺めは↑(^^♪
目の前は梓川
IMG_1313.jpg
皆さん林の中に張る方が多いですねー
因みに、カyンプサイトはここだけじゃありません
遊歩道沿いにも有って、かなり広いです
んでも、オイラはこの梓川沿いのトコが気に入った(^^♪
風も無いし
IMG_1314.jpg
テント正面はこんな感じ
気持ち良いなぁ
IMG_1316.jpg
夕焼け
山間なので日の出とか夕焼けは直接見えない
IMG_1317.jpg
明神岳
IMG_1319.jpg
暮れ行く~

この後夕飯
ココ、小梨平キャンプ場は食堂が有るのでそちらでご飯を食べる事が出来ます
今夜は長野名物山賊焼き定食~

さらに!

コチラにはお風呂も有るのですよ!
今回宿泊地として選んだポイントの一つです
日程的にはもと先に進めたんだけど、お風呂に入りたかったので~(^^ゞ
温泉じゃ無いけど、以外に広くて良い湯でした!
温まって、ご就寝~
明日が、楽しみだ~~~
[広告] VPS


[広告] VPS
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山の武器!
2015/10/19(Mon)
10月19日

終に我が家にも、<山の武器>が届いた!

IMG_1283.jpg
じゃーんw
ピッケルでっす
IMG_1284.jpg
買ったのは、クライミングテクノロジー社のハウンドG・50cm
IMG_1285.jpg
イタリア製でつ(^^)
強度は<T>
届いた時箱が超軽くてナニが来たのかと・・・(^^ゞ
持ってみるとホント軽い
IMG_1287.jpg
絶妙にカーブしています
雪面に打ち込む時使いやすいらしい
異形断面で握り易いです
IMG_1286.jpg
グリップ付き
あ、ピックのカバー買わないと~~
今年の冬は西穂高岳とか赤岳辺りにも行ってみたいな~~
雪山が楽しみだっ
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
里山にも秋が
2015/10/18(Sun)
10月18日

北アルプスの興奮冷めやらぬ感じだけど、秋を愛でに地元の里山にGO!
IMG_1288.jpg
泉ヶ岳へ行きました
既に登山口でも紅葉が
IMG_1289.jpg
秋のお山は色合いが綺麗で良いですね
IMG_1290.jpg
黄色多し!
IMG_1292.jpg
赤も負けちゃいませんぜ
んでも、もうピークは過ぎたかなぁ
IMG_1291.jpg
雲は有るものの、気温低めで歩き易い
IMG_1293.jpg
良い感じ!
IMG_1294.jpg
賽の河原辺りは終わりだね
下界の山が燃えている!
IMG_1295.jpg
眺め良しっ
IMG_1296.jpg
良い空だ
水神の水場で一休み
頂上まで行きます
IMG_1297.jpg
頂上に着いたら北泉ヶ岳方面へ
コチラも良い眺め
IMG_1298.jpg
北泉ヶ岳
IMG_1299.jpg
雪が積もれば下の尾根を歩いて降りる事が出来ます
この後北泉ヶ岳方面に降りて行きます
こちらは有る行く人がグッと減りますね
IMG_1300.jpg
コチラの森もなかなか
IMG_1301.jpg
分岐に来ました
水神に向かいます
IMG_1302.jpg
まだまだ綺麗ですね
IMG_1303.jpg
気持ちの良い山歩き
IMG_1304.jpg
グルッと廻って降りてきました
このコースは手軽で良いですね
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ほねほね
2015/10/17(Sat)
10月17日

とあるプロジェクト(?)の為に発注したブツが届いた!
IMG_1282.jpg
↑コレ
骨骨~w

一体ナニかと言うと・・・

IMG_1279.jpg
<エアマット>ですっ
テント泊の時に寝袋の下に敷いて寝心地を良くする為の物の空気を入れて膨らませて使うタイプのものですね

実はマットは持っていた(サーマレストのネオレスト)

実際使ってみたら、就寝中にマットから落ちるのが気になるという問題(?)に悩んでしまったのです^^;
全身用に長いの買ってみて、それが巻いてもカナーリ容量を食うという事もビックリw
マット本来の性能としては、寒さ対策という点ではOK!
んでも、寝心地としてはややゴツゴツして今一だな~と思いますた
んで、エアマットはどうなんだろう?って事で実物を見に行ってみたんだけど、寒さや寝心地という点では及第点でも<落ちる>問題は解決しないなぁ、と思った次第
うーむ
何か良いモノ無いかな?とネットを彷徨ってみると・・・

有りました

てか、ナンダコレ!?!?でした^^;

何せマットに穴空いてるんですよっ
見つけたのはクライミットというメーカーのイナーシャ・オゾンという代物
IMG_1281.jpg
枕もついております
IMG_1280.jpg
これは秀逸なアイデアだなー
今までもモンベルのエア枕を愛用していますた
寝心地や軽さは良いんだけど、超軽いエア枕だけに、チョイト頭の下から動くという問題も・・・
その点オゾンは枕が一体になっているので枕が逃げる心配が有りません!
しかも枕とマット本体とエアバルブが別になっているので枕は使わない事も出来ます
本体も穴開きの骨骨構造な分吹き込む空気の量が少なくて済み、準備が簡単です!

さらに

このオゾン、通常のマットのように<寝袋の下に敷く>訳では無いのですっ\(◎o◎)/
IMG_1276.jpg
↑このように、寝袋の中に入れて使います
これによってどんなに寝相が悪くてもマットから落ちる事は無いのですっ!!!
マットの厚みも適度で、中に入れる事によって寝袋が狭くなる感じもありませんでした
IMG_1277.jpg
枕もベストポジションw
しかもこの枕、中央に向かって十字の凹みが付けられていて、頭が落ち着きます、動きません!
とっても寝やすいのです(^^♪
収納についても、空気を抜いて畳んで丸めてしまうと非常にコンパクト!!!
容積比はネオレストの比ではありません!!!
重量も354gと軽く、万一の破損に対してもリペアシートが同梱されているので現場でも安心でしょう
早く試してみたいな~
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北ア・縦走っ! その7
2015/10/11(Sun)
10月11日

朝起きて、身支度を整えて1階に下りる
外は雨、結構強く降ってるみたい(>_<)
これじゃ日の出は見れない、、、残念!
今日は速攻で降りて、風呂(温泉だっ!)入って9時半のバスには乗るつもりなので朝食は1回目、5時には食べよう!って事で早めに並ぶ
オイラが並んだ後から次々集まって来て長蛇の列に
オイラは先頭の列で、20分前には並んでおいて良かった~~~(^^♪
朝食開始
テーブルに着いたら早速ご飯と味噌汁、漬物など次々よそって準備完了
同じテーブルについた女の子達は山小屋初めてだったみたいで、手際のよさに圧倒された!って驚いてたw
いっただっきまーーーす\(~o~)/
美味しい朝食をお腹一杯食べて、速攻部屋に戻って準備
最終チェックをして出立!
下はレインウイエアを履いて、上はハードシェルで代用
今回初めて用意したレイングローブも装着
よっしゃ!
同室の方々に挨拶して、出立
玄関に下りると、大勢の人が
どうやら強い雨と吹きすさぶ風に躊躇して様子見てるみたい
オイラはサクサクと靴を履いて、おもむろに戸を開け、出発
外に出ると、風は強いけど歩くのには問題無い
視界も十分に有る
こりゃ大丈夫だ!
今日は急いでいるのでサクサク下山
雲で景色も良く無いし、写真撮る事も無いので進む進むw

しかーし!

この1週間でさすがに足に来たのか左ひざが痛い(>_<)
庇いながらの下りでペースがイマイチ
そんでも頑張って降りて、ようやく・・・
IMG_1275.jpg
着いた~\(~o~)/
2時間8分で下山ですた
まだ8時すぎです
足痛くなかったら2時間切ってたなー

登山口に有る中房温泉に向かいます
いやー、1週間ブリのお風呂だよぉお^^;
早く着いたので、ユックリ、ノンビリ入れます(^^♪
いや~気持ち良い~~~

その後ヒーコーを頂いて、ノンビリ休憩
9時半のバスに乗りました

穂高駅に着くと、下界に戻って来た気分になりますね
あー、山降りちゃったんだなぁ、と少し残念
素晴らしい山行だった
また歩きたい
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北ア・縦走っ! その6
2015/10/10(Sat)
10月10日

5時前には起きて着替え終了
ヒュッテ西岳での泊まりも2回目ともなれば慣れたもの
ストーブの周りで温まりながら皆さんとお話
5時半になって朝食準備が出来たと呼ばれ、食堂へ
そうそう、昨日の夕飯、おかずがオイラだけハンバーグだった(^^ゞ
連泊って事で変えてくれたそうな
感謝!
美味しい朝食を食べながら外を見るも、外はまだまだ暗くて良く見えない
今回御一緒した方々は静岡の方だそう
皆さんベテランで山の経験も豊富、お話を聞いていてとても面白くためになる事ばかり
オイラはまだまだやなぁ、と思う
美味しい朝食を腹いっぱい食べて、ご馳走様っ!

出発の準備を終えると、そろそろ良い時間
どれどれ・・・

IMG_1241.jpg
正面に常念小屋の明かりが見える
常念さんの頭上には輝く月と星の姿が(^^)
IMG_1242.jpg
ホントはもうちっと星見えてるんだけど、オイラのコンデジだとこれで精一杯
IMG_1243.jpg
雲に隠れて上がってくる太陽がなかなか見えない・・・
IMG_1244.jpg
来たかー!?
IMG_1245.jpg
輝いてる!
凄いエネルギーを感じる
IMG_1246.jpg
こりゃ来たか===!
朝焼けに染まる雲
IMG_1247.jpg
月がまだ見える
IMG_1248.jpg
出た~~~~\(~o~)/
IMG_1249.jpg
今日も良い天気になりそうだっ
日の出見たから安心して出立w
お世話になりました~~~また来ます!
IMG_1250.jpg
早い!
もうあんなトコまで!
太陽パワー全開だっ
IMG_1251.jpg
朝焼けに染まる北アの山々
何て美しい光景だろう
IMG_1252.jpg
青空っ
IMG_1253.jpg
東鎌尾根、槍ヶ岳
大喰岳とか稜線には雲が
よく歩いたなぁ
IMG_1254.jpg
ココも何て事なくなってしまった(^^ゞ
IMG_1255.jpg
槍出たっ
IMG_1256.jpg
あっちは涸沢が有るハズ・・・いつか行ってみたい
IMG_1258.jpg
憧れの山々になりますた
IMG_1259.jpg
赤が綺麗です
IMG_1260.jpg
大天井ヒュッテが見えるねー
今回は大天井岳には登らず、巻いて向こう側に行きます
IMG_1261.jpg
黒い要塞・北穂高岳!
山頂直下に小屋が見えるぅぅ
よくあんなトコに建てたなぁ
IMG_1262.jpg
1本だけ黄色
まるでスポットライトみたいに映えて綺麗
IMG_1263.jpg
大天井ヒュッテまで戻って来た
分岐に来たら燕岳方面へ向かいます
意外だったのは、歩く人が少ないのか、道は狭いし結構な岩場が続く事!
ヒョイヒョイとよじ登ります
IMG_1264.jpg
中央の稜線をむこうからずーーーっと歩いてココまで来ました
しっかしココは道狭っ!
誰も歩いて無いし^^;
IMG_1265.jpg
岩山だなぁ
おっ
向こうにダム湖が見えるね
あっちの方にも行って見たい
IMG_1266.jpg
右前方を巻いて登ると、どうやら燕岳への稜線に合流するみたいだね
IMG_1267.jpg
と、思ったら、こういう崖っぷちを歩いたりもする^^;
IMG_1268.jpg
こんな感じ
これは予想外だったなぁ
ワクワク(^^♪
落石注意だ
てか、アノ先登るのか!?
IMG_1269.jpg
登りますた^^;
コッチは雲が多いなぁ
今晩から崩れて明日は雨らしい
IMG_1270.jpg
無事合流
こっからは楽々稜線歩きです
IMG_1271.jpg
雲海に薄っすら浮かぶ山並み
幻想的
IMG_1273.jpg
見覚えの有る道
もうすぐでつ
IMG_1274.jpg
この辺り、まだ薄っすら秋色かな
この後無事に燕山荘到着(^^♪
さっそくチェックインしてお昼にしますた
その後喫茶室でヒーコー
贅沢やなぁ・・・
今回は土曜という事も有って、人気の燕山荘の事だから満室も覚悟したけど、6人部屋に5人で悠々ですた
夕飯時、支配人から明日の天候の話が有って、雨で風が強く荒れるとの事
もう一泊!を力説してましたねーwww
その後はノンビリ星空を眺めてから寝ました
とうとう明日は下山です
寂しい!
まだまだ山に居たいなぁ・・・


[広告] VPS


[広告] VPS
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北ア・縦走っ! その5
2015/10/09(Fri)
10月9日

目覚めると、風が鳴る音が聞こえる

耳栓してるんだけどな~~~~~~~(-o-)
仕方無いのでサクサクと着替え、食堂へ

食堂の窓は真っ白に凍り付いて外がよく見えない

こりゃヤバイかな・・・
アイゼン持って来て無いし・・
風が強い

暖かい味噌汁を飲んで、美味しい朝食をお腹一杯食べると落ち着いた
単純だなぁw
お茶を頂きながら天気予報を見ると、雪と強風は朝方まで、後は晴れるとの事
んでも、3000mもの高所でこんなコンディションは初めてだったし、無理はしたく無い
上高地に降りようかと思う、と皆さんと相談してみると、これから天気良くなるし、勿体無い!!!と
考えていると、窓の外が急に明るくなってきた!

おぉ!?

みんなで外に出てみると、風は強いものの空は明るく晴れてきた!
しかも小屋の周りは真っ白だけど雪は積もってはいない

こりゃ大丈夫か!?
最終的には自分自身の判断だけど、明るく輝く太陽を見て予定通り行く事を決めた
6時半頃、小屋を出る
外は風は強いものの、青空が広がっている!
辺り一面霜で真っ白だっ
IMG_1197.jpg
凍りつく地面
霜と霜柱だらけ
んでも、雪が積もってないだけOK!良かった(^^♪
大キレットは見に行かなかった
自分にはまだまだ早い、と思うしこれ以上見たら行きたくなってしまうし!!!
IMG_1198.jpg
この向こうに大キレットや穂高の山々が
来年やね(^^)
IMG_1199.jpg
と、言いつつも見てしまうw
意外にも穂高の山々は黒々としていた
雪積もらなかった!?
IMG_1200.jpg
南岳へと登り返すと見えてしまう穂高^^;
積もってはいないけど、霜降りてんね
展望台に同室だったじいちゃんが
手を振ってくれた
嬉しい(^.^)
道中気をつけて!
IMG_1201.jpg
黒い要塞
いつか、あそこへ・・・
IMG_1202.jpg
下界に雲は有るものの、やっぱ雲一つ無い青空\(~o~)/
凄く風強くて寒い
緊張ゆえか、荘厳な空気を感じます
何て世界に居る事か
IMG_1203.jpg
安曇野は雲の下
この地と彼の地の違いに思い馳せる
IMG_1204.jpg
何もかにも凍り付いて、違う世界に来たかのよう
否が応にも<死>を意識してしまう
IMG_1205.jpg
それでも、<これ>を見ると‘いつかは’と未来に思いを馳せてしまう
よぉおおおおっし!今日もガンガン行くでぇ!!!\(~o~)/!!!
IMG_1206.jpg
おはよう、槍!
昨日歩いた道が続く
今日も歩くで!
IMG_1207.jpg
分岐到着!
IMG_1208.jpg
これから降りて行きます
IMG_1209.jpg
3000mの稜線から、下降開始!
しっかし凄ぇな、この斜面
IMG_1210.jpg
痩せ尾根を下り、鎖場を越えて降りてきた
IMG_1211.jpg
こ、コレ<天狗池>じゃ無いよね???
IMG_1212.jpg
氷河が作り出したる地形、らしいが・・・よく分からん^^;
ガレガレな事だけは分かるw
IMG_1213.jpg
荒涼~
IMG_1214.jpg
槍様と東鎌尾根
IMG_1216.jpg
ガレガレの岩場を歩いて行くと、池発見!
この日は風が強くて逆さ槍は見られなかった
残念!
IMG_1217.jpg
ホントはこれが写るはずだったんだけどね(^^)
IMG_1218.jpg
兎に角、超ガレッガレの岩場を延々歩く^^;
槍沢が見えてきた
IMG_1219.jpg
大分下ったね
IMG_1220.jpg
歩いた稜線を下から眺める、の図
しかしガレガレ
IMG_1222.jpg
やっとこさ槍沢の登山道に合流
ふう^^;
これから上高地方面へ、さらに下降
IMG_1223.jpg
槍沢
あの雪渓が沢の流れになって、梓川に
上高地の辺りじゃ立派な川
凄いなぁ
水が尽きること無く流れてる事に驚きだよ
んでも、まだ上には雪渓残ってるし、もうじき雪の季節になるから水源としては無くなる事は無いのだろうね
IMG_1224.jpg
この後登り返すのあの辺かなぁ?
IMG_1225.jpg
登山道はこんな感じ
傾斜は緩いけど、ずーーっと下りなので足にはくるね^^;
IMG_1226.jpg
この辺りはまだまだ紅葉が綺麗
IMG_1227.jpg
登り口は何処だろう・・・
IMG_1228.jpg
美しい
IMG_1229.jpg
まだまだ捨てたもんじゃ無いね!
IMG_1230.jpg
これ、ずーーーーっと下ると上高地かぁ
登りが続くから大変そう
実際、槍沢登ってくる人達みんなバテバテだったな(^_^;)
あとどれくらいですか!?って何度聞かれたか
IMG_1231.jpg
綺麗な谷ですな
IMG_1232.jpg
振り返ると、槍は見えなくなった
IMG_1233.jpg
もう大分降りてきたんだけどなー
何処まで降りるんだ!?
IMG_1234.jpg
心配になってGPSで確認したら、もう少し降りた先に分岐が有る事が分かった
んで、ようやく到着!
大曲の分岐です
ここから東鎌尾根に登り返します!
IMG_1235.jpg
地図には槍沢へのエスケープルート、何て書いて有ったけど、こりゃ大変だ!!!
歩く人も少ないのか、道が荒れてるし何より予想外の急勾配\(゜ロ\)(/ロ゜)/
IMG_1236.jpg
沢を渡って反対へ、ってのが何箇所か
IMG_1237.jpg
なかなか近づいてこない尾根
林の中に入って風が無いし日当たり良いしで暑いっ!
IMG_1238.jpg
槍沢が漸く下のほうに見える・・・ゼエゼエ(>_<)
IMG_1239.jpg
喘ぐように登って、漸く、ようやーく水股乗越到着
やったーーーー\(~o~)/
やっとこ東鎌尾根に登り返した
もう二度とココ登りたくないwww
ココで南岳小屋で作ってもらったお弁当を食べる
やれやれ(^_^;)
んでも、事前の計画通りに来てるのは褒めて良いんじゃね!?
食料計画も万事OK!
IMG_1240.jpg
東鎌尾根、最初に下った時はホント怖くて大変な思いをしたけど、こうして戻ってきたら何て事無い!?
梯子も普通~
やっぱ経験か・・・
槍まで歩いて、槍登って、南岳越えて、結構な難所を越えてきたからこそ、かな(^^)
今日はヒュッテ西岳まで戻って、予定通り宿泊
大天井ヒュッテまで行けそうな気もしたけど、無理せず予定通り宿泊しますた
結果的には正解だった
ユックリ体を休める事が出来たし、この日御一緒した方々との交流も勉強になったし、ためになったから
夕方は残念ながら雲が出て夕焼けは見る事が出来なかった
明日の朝に期待!!!
明日も楽しみだ~~~

[広告] VPS


[広告] VPS
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北ア・縦走っ! その4
2015/10/08(Thu)
10月8日

4時半起床
昨日は結局同室はおっちゃんのみ(女子二人は別室w)
テン泊の人は居たけど寂しい限り^^;
ココは場所的にこんなもんなのか?
ボディーシートでサッパリしたら、朝ごはんですっ
相変わらず眺めの良い食堂です
おっちゃんは今日は槍ヶ岳小屋まで行くそうな
途中まで一緒ですな(^^)

美味しい朝食を終えたら出発準備
この季節、日の出がどんどん遅くなってくるから外はまだまだ暗い
凄烈な朝の空気の中、外に出て暫し待っていると・・・
IMG_1118.jpg
出たっ!
常念さんの傍ら、雲海から登る朝日
IMG_1119.jpg
常念さんのでかいシルエット!
手前の屋根はトイレ
黄色のタンクは天水を貯めた手洗いなんだけど、凍って出なかった
寒い===
IMG_1120.jpg
反対側、槍から続く稜線が色づいてきた
IMG_1121.jpg
黄金色~
良い色になってきたー!
しっかし今日も雲一つ無い空ぁ!?
IMG_1122.jpg
太陽が出てくると一気に明るくなります
IMG_1123.jpg
朝焼け朝焼け(^^♪
雲少し有ったねw
遠くのたなびく雲も綺麗だなぁ
IMG_1124.jpg
御来光!
今日もがんばろうって気になる!
さてさて
日の出も見たし、明るくなってきたからそろそろ出発しよう!
各自出立します
みなさん気をつけて~
IMG_1125.jpg
ヒュッテ西岳を出てからすぐに急激な下降になるんだけど、暫くはまぁ普通の山道って感じです
それが・・・

梯子3レンチャン


怖っ\(゜ロ\)(/ロ゜)/
先行する女子2名はヒョイヒョイ降りて行く・・・怖くないの!?
オイラはビクビクのんびり下降ww
IMG_1126.jpg
上から降りてきますた
結構な斜度でつ
IMG_1127.jpg
しかし、眼前には槍ヶ岳!
うおぉ近くなってきた!!!
正面がこれから歩く東鎌尾根、槍の右に延びるのが超デンジャラスな北鎌尾根
尾根の取り付き結構降りるなぁ^^;
これから歩く登山度が見える~
IMG_1128.jpg
無事下まで降りて一息
右手に見える沢と遠景
IMG_1129.jpg
沢音が聞こえます
大分下だね
IMG_1130.jpg
正面にこの後歩く稜線、左に穂高の山々
雄大だなぁ
IMG_1131.jpg
さて、行きますか
登山道はこんな感じ
IMG_1132.jpg
と、思ったら、コレかい!?
IMG_1133.jpg
なんか、、、コレ、、、大丈夫なんだろか?
崩れない?^^;
IMG_1134.jpg
下のほうはまだまだ紅葉綺麗です
IMG_1135.jpg
水俣乗越まで来ました
まだまだです
槍沢に抜けるルートが有りますね
IMG_1136.jpg
むっ!?
階段出現
いよいよ登り始めたぞ
IMG_1137.jpg
背後から射す日の光が幻想的
IMG_1138.jpg
先ほど見上げた階段まで来ました
何か白い?
IMG_1139.jpg
霜ですな
足跡クッキリ
IMG_1140.jpg
出た~~~三連梯子!!!
固定方法が何か怖い・・・^^;
IMG_1141.jpg
ヒイヒイと越えると槍様がっ
しかしまだまだ登るよ
IMG_1143.jpg
槍沢も見える角度が変わってきた
IMG_1144.jpg
近くなってきた~~~\(~o~)/
上にも下にも小屋有るね
IMG_1145.jpg
凄ぇ山容だなぁ・・・ノコギリか?
IMG_1146.jpg
ガレてきました
アッツ行けコッチ行け指示があります(^^)
IMG_1147.jpg
北鎌尾根
オッソロシイとこですな
IMG_1148.jpg
燕岳方面
IMG_1149.jpg
眼下に殺生ヒュッテ
落石大丈夫なのかな?
IMG_1150.jpg
これから山腹を巻くように小屋の下まで上がります
IMG_1151.jpg
コレ渉ってよじ登る、と
木道の上落石かな?
IMG_1152.jpg
うああ(>_<)
何か梯子も有るぅ
IMG_1153.jpg
分岐
IMG_1154.jpg
あ!
登ってる人が居る~
IMG_1155.jpg
さらにゼイゼイ良いながら、ようやく着きました~\(~o~)/
山荘のベンチで暫し休憩しよう!
しっかし裏側もさらに広大な眺め!
凄い!!!
行って見たい!
IMG_1156.jpg
遥か彼方、ずーーっと歩いて行けるのだろか?
IMG_1157.jpg
なんて景色だ・・・凄いとしか良いようが無いよ
この後少し休憩して、いざ!!!
槍に挑戦だ~~~\(~o~)/
IMG_1158.jpg
着いた

てか、途中で写真撮ってる余裕無くって^^;

誰も居ない

頂上貸切状態!!!

標高3180m

人生最高到達地点!\(~o~)/!
やった~
山頂は思ったより広い
風が結構強い・・・
感無量
IMG_1159.jpg
こちら北鎌尾根側
すっげぇ眺め良いな!
IMG_1160.jpg
こちら西鎌尾根側
すげぇ!
IMG_1161.jpg
雲海が広がる
なんて眺めだっ
IMG_1162.jpg
正面、南岳方面、その向こう穂高の山々
IMG_1163.jpg
槍沢、超ヶ岳方面
IMG_1164.jpg
歩いて来た東鎌尾根
その向こうに常念岳、さらに、さらに、、、

これが3180mの風景かっ


IMG_1165.jpg
こんなトコ歩いて来たんだなぁ
この後下山
当然ながら途中の写真は有りません(汗
この後槍ヶ岳山荘の食堂が開くのを待って昼食
一休みして出立!
槍ヶ岳山荘のテン場、凄く眺め良いね
今度テン泊してみたいなぁ
テン場を急激に下降、そうすると正面には・・・
IMG_1166.jpg
コレ^^;
アレ登るのね
これから大喰岳、中岳、南岳と稜線が続きます
IMG_1167.jpg
アッチの山も歩いてみたい
IMG_1168.jpg
降りてきました
これから南岳へGO!
IMG_1169.jpg
槍様、また来るで!
しかしガレガレ
IMG_1170.jpg
遠ざかる槍ヶ岳
この辺3000m越えてます
IMG_1171.jpg
3000m越えの稜線歩く事が有るなんてなぁ・・・自分でも信じられんw
IMG_1172.jpg
ホント稜線歩きだね(^^♪
穂高の山々も近づいてきたっ
IMG_1173.jpg
雪渓も
氷河が作り出した地形らしい
IMG_1175.jpg
中岳かな?
左右崖^^;
IMG_1176.jpg
大体こんな感じです
目印が等間隔で有って助かります
IMG_1177.jpg
ええと、、、あそこ行ってココ登って・・・なのね
IMG_1178.jpg
日陰にはこないだ降ったであろう雹や霰が残ってます
IMG_1179.jpg
取り付きました
急斜面で撮ったからブレブレだ(^^ゞ
IMG_1180.jpg
中岳制覇!
IMG_1181.jpg
南岳に向かいます
結構な高度感で気持ち良い
IMG_1182.jpg
中岳頂上
ここまでず~~~~っと3000mを越えてます
IMG_1184.jpg
これ降りて、左の谷間を登るのね^^;
左の指先、岩場で擦れて解れてますね
掌側が上部な手袋が欲しい
IMG_1185.jpg
ガレッガレな岩場を降りてきた
IMG_1186.jpg
こんなです
ナンデこんなにガレガレなの???
IMG_1187.jpg
眺め良好
気分爽快
IMG_1188.jpg
アレを下ってきますた
ガレガレ山だっ!!
IMG_1189.jpg
再び登り
ふえぇアソコまで行くの???
IMG_1190.jpg
おっ!
先行者発見
こうして見ると天気よさげだけど、実は結構な強風です(>_<)
寒いのでハードシェル着込んで歩いてます
持って来てて良かった~
IMG_1191.jpg
天狗原への分岐確認
明日はココを降りる予定
しかし南岳デカイ^^;
IMG_1192.jpg
振り返る
おぉ~結構歩いて来たよーーー
IMG_1193.jpg
南岳制覇!
途中、岩陰で蹲る先行の方を発見
声掛けたら、どうやらあまりの強風に風が弱まるのを待ってたみたい
まだ大丈夫だけど、暗くなったら怖いので頑張って先に行く事に
風邪に吹っ飛ばされないよう踏ん張りつつ歩き出したらおっちゃんも歩き出した
しっかし風強ぇ===
寒いよぉーーー
IMG_1194.jpg
ヒイヒイ良いながら歩いて、小屋が見えてホっとする
右手はテン場ですね
風除けかなぁ?
IMG_1195.jpg
眺め~
IMG_1196.jpg
黒い要塞!

無事到着しますた(^^♪
今日の宿泊は6名ほど
暫し山の話で盛り上がりました!、、、と、思ったら
先ほど風で避難されてたおっちゃんが持参のウイスキーを御馳走してくれました(^^♪
サントリーの山崎
ストレートで飲んだんだけど、美味い!
山崎美味いなぁ
一休みしてから大キレットを眺めに行きました
一言、圧倒
凄いね
素人が行くトコじゃ無い感じ・・・
その後皆で楽しく夕飯を食べたんだけど、ここで小屋の方から衝撃の報告がっ
ナント!
現在笠ヶ岳方面んで積雪・積もっているとの事!
ヒエエ\(゜ロ\)(/ロ゜)/
この後このあたりも雪が降ると思われる
うわ~~どうしよう!?
場合によっては明日以降の予定を考え直さないと!
心配しつつ早めの就寝
さて、どうなる事やら!?



[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北ア・縦走っ! その3
2015/10/07(Wed)
10月7日

5時には起きて、着替え
昨日は6人部屋で4人だったからユックリ寝られて気分爽快!
洗顔シートでサッパリしたら朝食ですっ
オイラはお一人様組のテーブルなんだけど、昨日も御一緒した方々とテーブルを囲む
一人のオッチャンがオイラの着てたファイントラックのウエアに興味深々でイロイロ聞かれますた^^;
何でも、オッチャンの地元の山屋には売ってないそうな・・・
オイラは気に入ってるし、日本製ですから是非!っと薦めておきましたw
常念小屋はご飯がおいしい(^^♪
朝からお代わりしつつお腹一杯食べたんだけど、一つ気になる事が・・・
それは、丁度端っこのテーブルになって、小屋の人達の部屋(?)が見えたんだよね
そしたら、テーブルの上に朝食が用意してあって・・・オイラ達の飯が終わったら食べるんだろうね
ご苦労様~、と眺めていたら、ナント!
テーブルの上に<納豆>発見!!!

納豆!?

あれ、良いなぁ・・・
納豆好きなオイラとしては、是非納豆をオカズに出して頂きたいと思ったのでした(^^ゞ

朝飯を終えたらそそくさと外へ
そう、毎度恒例日の出ショーの始まりです!\(~o~)/
IMG_1043.jpg
白々と開け始める空
良い色だっ
正面は一の沢登山道す
IMG_1044.jpg
今日も良い天気になりそう!
穂高も槍も雲一つ掛かって無い!!
IMG_1045.jpg
風が無いので雲が動きません
正面やや右から御来光か!?
ワクワク
IMG_1046.jpg
来た~~~~~\(~o~)/
IMG_1048.jpg
力強い太陽が今日も上がって来ました!
IMG_1049.jpg
太陽の上昇と共に、穂高や槍も燃え始める
IMG_1050.jpg
もぉるげんろうっと!!
御来光ショーを満喫したら、準備を整えて出発ですっ
同室の皆さんと挨拶を交わしてしゅっぱーーーーつ!
IMG_1051.jpg
6時、外に出ると燦燦と輝く太陽(^^♪
気持ち良い一日になりそうだっ
そうそう、この時期虫は殆ど居ませんね
8月は悩まされたなー
IMG_1052.jpg
横通岳に続く登山道入り口から、常念さん
昨日キツカッタな~^^;
常念岳ってこうして見ると優しい山容で歩き易そうに見えるんだけど、実際歩くと全然違うんだよな(汗
IMG_1053.jpg
今日はこれから丁度正面を横切る手前の稜線に向かいます!
ガンバルぞうっ
IMG_1054.jpg
雲の切れ間から市街が見えます!
ホント良い天気!!!
IMG_1055.jpg
常念小屋が小さくなってきた
あのギザギザがねー、、、こうして見ると普通の登山道に見えるんだけどねーー
ホントに大変(以下略
IMG_1057.jpg
富士山が見える!
高度が上がってきました
IMG_1058.jpg
アレは八ヶ岳かな?
何度も立ち止まって見てしまう景色
IMG_1059.jpg
横通岳を登りきって、ここからは気持ちの良い稜線歩きです(^^♪
左前方にはこの後上る大天井岳が
IMG_1060.jpg
3枚重ねの稜線の真ん中に向かうわけです
反対側だ・・・あんなトコまで行けるのかいな?
今日泊まる小屋も左端に見えてるんだよねー
IMG_1061.jpg
相変わらず開放感抜群!!!
しっかし早朝で日陰だからか、カナーリ寒い!
ハードシェルまで着込みました^^;
IMG_1062.jpg
振り返るともうここまで歩いて来ました
歩きって意外と早い
昨日はあの常念さんの向こう側から歩いて来たんだなぁ
IMG_1064.jpg
いや~高度感抜群!
ずーーっと向こうまで見えるよ
IMG_1065.jpg
日本の屋根とは良く言ったものだ・・・
IMG_1066.jpg
さてさて、鞍部まで降りてきましたよ
これから這い松の尾根を登り返しです
その前に一休みw
IMG_1067.jpg
一面の這い松です
広いなー
IMG_1068.jpg
緑の中に赤が目立ちますね
この辺はもう紅葉は終わりな感じ・・・
IMG_1069.jpg
藪漕ぎ(這い松漕ぎか?)すると松脂でベタベタになるらしい^^;
IMG_1070.jpg
だいぶ上がって着ましたね~
IMG_1071.jpg
遠くの山々までよーーーーーっく見えます
雲一つ無い素晴らしい天気
IMG_1072.jpg
太陽燦燦
雄大だなぁ・・・
IMG_1073.jpg
やっと登った^^;
アレ?
大天井岳ってまだこんな先なんだっけ!?
ぐはぁ(吐血
IMG_1074.jpg
槍の見える角度が変わってきた
IMG_1075.jpg
おっ!
オイラ発見!
棒人間!w
IMG_1076.jpg
コチラはクッキリと人間に(^^)
IMG_1077.jpg
燕岳方面
やー、凄いな
あんな歩いたんだぁ
IMG_1078.jpg
下界も良い天気のようです
IMG_1079.jpg
うおぉこんな歩くんだっけか!?
なんかもっと近い気がしてた・・・(^^ゞ
IMG_1080.jpg
と、言いつつぐっと近づく大天井岳
IMG_1081.jpg
着きますた(^^♪
人は殆ど居ませんねー
少し寂しい
小休止
冬季小屋、寒いらしい(>_<)
槍ヶ岳方面に向かいますー
IMG_1082.jpg
大天荘、また来るでっ
IMG_1083.jpg
ここから大天井ヒュッテに向かい、ガレガレで急な下降になります
足元に気をつけないとね
IMG_1084.jpg
大分降りてきた
しかし凄いな
どうやったらこういう地形になるんだろ?
IMG_1085.jpg
谷間~
IMG_1086.jpg
植生の無い所はどんどん風化して崩れてしまいそう(>_<)
IMG_1087.jpg
凄い斜面
転げたら下まで止まらない・・・
IMG_1088.jpg
常念さんからココまで5.5kmかぁ
IMG_1089.jpg
槍ヶ岳まで7.5kmです
遠いような近いような^^;
この後大天井ヒュッテでお昼ご飯
カレー食べてエナジー補給だっ!
IMG_1090.jpg
トイレ行って出立!
ここから先は未知の世界だっ
喜作新道突入だ~~~\(~o~)/
最初は歩き易い普通の遊歩道・・・
IMG_1091.jpg
あの上から降りてきますた
IMG_1092.jpg
細いけど、歩き易い道が続く
山腹をトラバースする感じなのね
IMG_1093.jpg
アレ登るっぽいな・・・
IMG_1094.jpg
紅葉の名残が
綺麗だったんだろうなぁ
IMG_1096.jpg
凄い景色だなぁ
凄いトコに居るなぁ
IMG_1097.jpg
槍周辺はまだまだ雪渓が残ってるね
万年雪!?
IMG_1098.jpg
あの向こうの茶色い山は何山なんだろう?
行って見たいなぁ
IMG_1100.jpg
紅葉の名残
黄色と赤の競演
IMG_1101.jpg
富士山真正面!
ズームしてみた
IMG_1102.jpg
常念小屋が見える!!!
あそこから歩いて来たんだ・・・
よう歩いたなぁ
IMG_1103.jpg
今日の終点、ヒュッテ西岳まで1.3km
赤岩岳山頂は登りません
巻きます
IMG_1105.jpg
頼りなげな登山道が続く
しっかしココ切り開いた喜作さんって凄いね!
IMG_1104.jpg
コンナだもん(怖
IMG_1106.jpg
やや荒れ気味
ズンズン歩くよ
IMG_1107.jpg
こんな感じで続く
右側から来ました
IMG_1108.jpg
凄い景色
IMG_1109.jpg
ココ転げたらヤバイな・・・
と、思ったら甘かった!
ナゼなら
IMG_1110.jpg
うえぇ!?
なんか頼りないロープ有るんだけど!?

てか、こんな両脇切り立ったナイフエッジなトコ行くんかよーーー\(゜ロ\)(/ロ゜)/
IMG_1111.jpg
冷や汗もんで乗り越えたら見えたヒュッテ西岳
奥は涸沢
IMG_1112.jpg
うおぉ槍が近いぜー!
てか、この尾根が明日歩く東鎌尾根か===!
何かゴツゴツで凄いね
IMG_1115.jpg
ヒュッテ西岳手前に看板が
うむむ・・・疲れた、、、疲れてるけどこれは登らにゃイカンだろ!
IMG_1114.jpg
登りますた
ゼエゼエw
真正面に常念さんや歩いて来た表銀座が!
今夜の宿、ヒュッテ西岳さんに到着です
こじんまりとした小屋で、今日の泊り客は4名
IMG_1116.jpg
夕焼け
常念さんが紅く染まる
IMG_1117.jpg
右端がテン場
明日も良い天気になりそうだ!
この後夕飯
ヒュッテ西岳さんのn食堂は2面が大きな窓になっていて、槍や常念方面が良く見えます(^^♪
止まりの方々とお話して、早めに就寝~
明日も楽しみだ~~~~

[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北ア・縦走っ! その2
2015/10/06(Tue)
10月6日

5時前に起き出し着替え
そうそう、今回は前回の縦走時の反省を生かして着替えを持ってきました
帰り用のじゃ無くて、小屋に着いたら着る用です
小屋に着いたら、汗で湿ったベースとミドルレイヤーを脱いで乾燥室で乾かします
で、小屋に居る間は薄手のメリノウールのベースを着てその上にポリゴン2ULジャケットを重ね着
汗で濡れたウエアが着乾くのを待つまでも無く暖かくて快適です(^^♪
小屋用の着替えが1枚増えるだけだから、重量的にも問題無いし
ポリゴン2ULも超軽量なのでOK!
んでも、総合的に見ると他にダウンジャケットも持って来てるしグローブも3種類(メッシュ・ウインドストッパー中厚・冬用2層)
その上ハードシェルも・・・んでもハードシェル持ったからレインウエアの上着は持ってこなかった
あ、グローブト言えばレイングローブも持って来てたっけ!!
総重量はソコソコ・・・^^;
んでも、テント泊よか断然軽いから、いっか!

そろそろ日の出の時刻なので、ダウンジャケットを重ね着して外へ
IMG_0985.jpg
白々と空け始める空
<日の出>って日の出時刻以降明るくなるイメージが有ったんだけど、山の上だと日の出時刻より結構前から明るくなります
高い所に居るせいだろか?
しかし今日は一面の雲海
雲海から顔を出す峰峰
雲海の上には雲一つ無い晴天(?)が!
今日は良い天気になりそうっ
IMG_0986.jpg
反対側の穂高の山々はまだ暗い
日が当たってないかんね
IMG_0987.jpg
遠く円錐形の影は富士山ですっ!
結構大きく見えるのに驚いた
他にも八ヶ岳とか、浅間山とか、色々見えます
右下の明かりが蝶ヶ岳ヒュッテ
IMG_0988.jpg
凄い雲海!!!
一面見事な雲海!\(~o~)/
こんなの初めて見た!スゲェ!!
正面は浅間
IMG_0989.jpg
風が無いので雲が動きません
下界はドンヨリした曇り空かなー
IMG_0991.jpg
おっ!?
IMG_0992.jpg
来たっ\(~o~)/
IMG_0993.jpg
また一日が始まる!
IMG_0995.jpg
毎回思うんだけど、お天道様って力強い
日の光を浴びるとそれだけで元気になる気がする
IMG_0996.jpg
モルゲンロート
IMG_0997.jpg
槍までスッキリ見渡せます
さて
無事に日の出も見れた事だし、朝飯だ~~~
朝食開始時間は過ぎてしまっていたので、残り4食!!!(^^ゞ
片づけ中のオニーサンにすいませーんと一言(汗
速攻で食べましたw
食べた後は出発準備!
今日はどんな景色が待っているのだろうっ

IMG_0998.jpg
出立!
6時、小屋を出ると、もうすっかり蒼い空が広がってます(^^♪
気持ち良い~
IMG_0999.jpg
モクモクの雲海は彼方まで続く
IMG_1000.jpg
蝶ヶ岳ヒュッテ、お世話様!
さよーならーーー
IMG_1001.jpg
穂高の山々に蝶ヶ岳の影が掛かる
向こうの人達も良い天気で喜んでるだろうなぁ(^^)
IMG_1002.jpg
これから向かう常念岳が前方に見えます
この辺り、紅葉は終わってますねー
今はもっと下の方が見ごろみたい
残念っ!
しっかし、朝の凛とした空気の中歩くのは清清しいね
IMG_1003.jpg
横尾の分岐に来ました
ココを降りていけば槍沢に
勿論オイラは真っ直ぐ進む
IMG_1005.jpg
秋色の尾根、その先にどデカイ常念岳!
下って登って下って登るのかぁ・・・^^;
IMG_1006.jpg
大キレットや槍が近づいて来ました(^^♪
右前方の尾根が明後向かう西岳ヒュッテの有る尾根
喜作新道を通って行きます
その裏側、今は見えないけど東鎌尾根を通って槍だ~~~\(~o~)/
こうして見ると遠いなぁ
IMG_1007.jpg
穂高の山々
こうして見るとゴッツゴツの岩山だ(~_~;)
IMG_1008.jpg
歩いて来た道を振り返る
蝶ヶ岳ヒュッテはもう見えないなぁ
はるか彼方まで雲一つ無い
ホントに良い天気!
IMG_1009.jpg
昨日は左下、雲の下から上がって来たずら\(-o-)/
IMG_1010.jpg
本当に美しい雲海
IMG_1011.jpg
足元には霜柱がザックザクですっ
長い!
やっぱ朝は氷点下のよう
IMG_1012.jpg
暫く歩いて行くと、梯子出現!
下りながら、何だか頼りない感じだなーと思ったから、降りてから梯子揺すってみたらグラグラ!!!
殆ど固定されて無い====\(゜ロ\)(/ロ゜)/
コワっ
IMG_1013.jpg
再び雲海に癒される・・・アア美しい(#^.^#)
IMG_1014.jpg
常念さんが近くになりました
森林限界を逆に超えた模様
この辺りだと2500mくらいだそうです
この後森林の中に下って行きまする
少し雲が稜線を越えて来てますね
IMG_1015.jpg
降りてきたお山
正面には再び登り返す山が^^;
IMG_1016.jpg
木々の間から白く輝く雲海
IMG_1017.jpg
赤と緑のコントラスト
実はこの後、登り返した山の頂に立ったんだけど、前方まだ森になっていて見通せない
しかーし!
何故か道が二股に分かれてしまっているのである!!!
こりゃドッチだ!?!?
地図を見ても登山道は一本しか無いんだけどなー???
ココで慌てずGPSを取り出すオイラ
map64、電源ON!
ドレドレ・・・
map64がGPSを補足、現在地表示
あー、やっぱ登山道は1本しか無いんだなー
右に向かうのが正しい、と
再び木々の間に伸びる道を歩き始めるオイラ
果たして・・・
IMG_1019.jpg
ドドーン
常念さん出現!
おー
合ってた合ってた(^^♪
こういう時GPSは便利だなー
しっかし、これからアノ岩場登るの?
マジ?
IMG_1020.jpg
登り始め、常念岳本体に取り付くと結構な岩場になります
ヒエエ岩登り^^;
IMG_1021.jpg
手足総動員で取り付く所も多くて、登山と言うよりクライミングですか^^;
岩場の連続
小休止しつつ槍様を眺めるの図
IMG_1022.jpg
大分上がって来たかな?
目印は有るので良く探せばルートを間違う事は無いでしょう
IMG_1023.jpg
蝶ヶ岳は大分向こうに
テクテク歩いて来ましたよ(^^♪
IMG_1025.jpg
大きな岩場を乗り越えて、やっと頂上か?、と思ったら・・・まだまだ先だ(>_<)
デカイ山だなー常念さん!!!
IMG_1026.jpg
右に下れば8月に登って来た一の沢登山口ですね
IMG_1027.jpg
沸き立つ雲
ゼイゼイと文字通り這うように岩を乗り越えて登った先に・・・
IMG_1028.jpg
着いた~~~\(~o~)/

常念岳、標高2857m、制覇っ!

因みに100名山!
IMG_1029.jpg
近くに居た方に撮ってもらいました
嬉しさのあまり寝てます!?www
IMG_1030.jpg
取り直し(笑
IMG_1031.jpg
何か撮ってくれた方が納得出来なかったみたいで、もう一枚^^;
あ、有難う御座います
IMG_1032.jpg
山頂には祠が有りました
山の神に感謝!
嬉しい~~~
IMG_1033.jpg
山頂からの素晴らしい眺め!
槍様!
IMG_1034.jpg
燕岳方面!
IMG_1035.jpg
穂高~
IMG_1037.jpg
さてさて
ノンビリしたら出発です
今度は下り
三又への分かれ道
ココまで一緒に登った方々とお別れ
いつかまた何処かで会いましょう!お元気で!!
IMG_1038.jpg
一人下り始めたはいいけど、この下りがキツかった(>_<)
ガレガレの下り坂が延々続く
こりゃ下から(常念小屋から)見たのとえらい違うなーー
IMG_1039.jpg
途中の斜面で
槍様も大分位置が変わったね
IMG_1040.jpg
こーんなトコを下ってます
延々と(>_<)
IMG_1041.jpg
降りれども降りれども近づかない常念小屋だったけど、やっとこそこまで~~
あー足に(腿に)来た===
IMG_1042.jpg
恐るべし常念岳!!!
舐めてましたスイマセン(^^ゞ

勝手知ったる(?)常念小屋に到着でーす
ヤレヤレ
今回は8月と違い2階のコジンマリとした6人部屋だったけど、さすがに空いてるので4人で使えました
脱サラして大阪でコーヒー豆屋を開いたオニーサンと定年間近のベテラン二人組みとオイラ
4人で色んな話に花が咲き、オッチャン達が御馳走してくれた乾きモノを肴にビールで乾杯(^^♪
楽しい夜でした
山好きの、しかも色んな年齢の方々と話をするのは楽しいですね
13時半頃から突然霰が降ってビックリ!
夕方は雲が多くて残念ながら夕日は見られませんでした
明日はどんな景色が待っているのだろう!?
楽しみだ

[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北ア・縦走っ!
2015/10/05(Mon)
10月5日

松本駅発6:27分の電車に乗る為5時半起き
前夜準備しておいた朝飯をパパっと食べて出撃~~~

IMG_0923.jpg
松本駅前
現在11℃ですっ!
肌寒い~(>_<)
チラホラとこれから登山に向かう同士の姿が!
松本から大糸線に乗り、豊科駅まで移動、6:51分着
駅前で前夜頼んであったタクシーと落ち合い、乗り込みます
豊科駅から三股の登山口まで40分程で到着
前回の一の沢登山口より近いかな?
IMG_0924.jpg
三股登山口に着くと、予想外な事に駐車場一杯!?
平日だよ???
凄いなぁ
IMG_0925.jpg
登山口へは駐車場奥から続く林道へ向かいます
IMG_0926.jpg
砂利道の林道を暫し進みます
うおぉついに来たーーーー!!!
実は前回の初北ア縦走時、本当はココ三股からの登山を考えていたんだけど、自分の体力や時間取りが分からなかったので無理せず計画縮小したのです
てか、今回は前回よか計画拡大してんだけどねww
IMG_0927.jpg
水場の殆ど無い登山道だと思っていたのに、ナント沢沿い!?
こりゃ良いや(^^♪
IMG_0928.jpg
林道をテクテク歩いて行くと、登山口に到着!
ココから本当の北ア縦走が始まるのですっ
うおぉぉおおおおお!!!
因みに、一の沢登山口では居た登山指導員のじっちゃまはコチラには居りませんですた^^;
チャント登山届け出したけどね
三股登山口からは直接常念岳に迎える道も有ります
オイラは蝶ヶ岳に行きます
てか、この看板、<登山口>の英語表記違ってない?
LIMBING>になってる・・・
LIMBING>じゃ・・・^^;
IMG_0929.jpg
うおぉぉぉおおおおお!!!
ココから始まる===!
意外と狭いし、何か雰囲気が地元の泉ヶ岳みたい・・・^^;
IMG_0930.jpg
再び看板
ココで常念との登山道が分かれます
結構厳しい道らしい
常念岳まで7.1km、蝶ヶ岳に向かうより遠いんだなぁ
二人程先行の方がいらしたんだけど、両名共こっちへ
ちょ、蝶ヶ岳人気無いの!?(違)
IMG_0931.jpg
沢水が綺麗(^^♪
一の沢と違ってコッチは鬱蒼としてて深山な雰囲気
IMG_0932.jpg
早速木道出現
んでもカナーリしっかりしてて安心
この辺りは紅葉もまだまだな感じだね
IMG_0933.jpg
予想外な吊橋出現!
あんまり揺れませんですた
写真撮ってるおっちゃんが居るので見てみると・・・
IMG_0934.jpg
おぉ!
こりゃ綺麗だ(^^♪
もちっと紅葉してたらもっと綺麗なんだろうなぁ
IMG_0935.jpg
さらに歩くと水場到着
てか、水場ってこの右に移るチョロチョロな流れ!?
一の沢とえらい違いだ^^;
公式には三股登山道唯一の水場がコレです
この先には水場が有りません!
チャント水持って山に入りましょう
目指す蝶ヶ岳ヒュッテまであと5.6kmかぁ・・・
一応、登山口から5時間見ています
どうなる事やら・・・
IMG_0936.jpg
階段出現!
ココまでは平坦な道だったけど、こっから延々登りが続きます(>_<)
ガンバルぞ~~~~
IMG_0937.jpg
と、思ったら早速<ゴジラみたいな木>出現!!!
ほえー
本当にゴジラに見えるぅ!
自然って面白い事してくれるなぁ(^^)
蝶ヶ岳ヒュッテではゴジさんと呼んでいる模様
お茶目
IMG_0938.jpg
ココで1km
こんな前半でメインイベント終了か!?、、、ナンテ(^^ゞ
IMG_0939.jpg
少し開けてナカナカ気持ちの良い森に
鬱蒼感が無くなって良い感じ
しかし残念なのは松本市内からここまで空は相変わらずドンヨリした曇りな事
晴れじゃ無かったのぉぉぉぉおお!?(>_<)
IMG_0940.jpg
どよーん
と、言いつつウハウハで歩いてるんだけどねw
IMG_0941.jpg
もわーん
どうやら雲の中に入った模様
IMG_0942.jpg
ぜよ!?
九州の方?広島の方?

さすが平日だけあって、ここまで誰にも会ってません
静かな山の中を独り占め
うーん、贅沢だ(^^ゞ

と、思ったら、下山してくるおっちゃんと遭遇
上の天気を聞いてみたら、後20分くらいで雲抜けて、上は晴天だよ!って
嬉しい~~~

んで、頑張って歩いて行くと・・・

IMG_0943.jpg
雲抜けたっ
上見えたっ
めっちゃ青空じゃーん
嬉しい~~~
IMG_0944.jpg
向こうの山腹は綺麗に紅葉してます
IMG_0945.jpg
コチラも良い感じに
IMG_0946.jpg
お日様が照るって良いですねぇ!
凛とした空気の中歩きます
IMG_0947.jpg
デカイ山が見えてきました!
IMG_0948.jpg
谷間にたなびくのはガスじゃ無く雲ですっ!
段々標高が上がって来ましたよ!
あのデカイ山、常念岳かな
IMG_0949.jpg
登山口からここまで、視界の開けない木々の間を黙々と歩いて来てて結構疲れてきたんだけど、休んでばっかだと時間が掛かる一方
後少し、あの先まで歩いたら休憩しよーーーって休憩先延ばししつつ頑張って歩いていたら本当に休憩地に出てビックリw
ココは<まめうち平>
やっとユックリ休めるーー
ザックを降ろして行動食を取りつつ水を飲む
あ~~~気持ちいいなぁ・・・
んでも、サスガに10月の北ア、風は冷たくて動かなくなると急激に体が冷えます
標高は1900m!
後3.9km
IMG_0950.jpg
何故かグニャグニャな看板
IMG_0951.jpg
徐々に傾斜が増しつつ岩ゴロゴロに
登山道は明確で、目印も的確に有るので迷う心配は無いでしょう
IMG_0952.jpg
ダブル看板
ナゼこんな・・・^^;
終に標高2000m
後3.1km
なかなかやな~
IMG_0953.jpg
時折木々の間から現れる山肌が美しい!
結構登って来たよー
IMG_0954.jpg
コチラもなかなか
綺麗ですねぇ
IMG_0955.jpg
空が青井ぜっ!
しかし蝶ヶ岳の天辺は何処なんだ?
IMG_0956.jpg
常念さんもグワっと
IMG_0957.jpg
あと2.5km
標高がよく分からん!
IMG_0958.jpg
大分上がったなー
なんか雲海っぽい
IMG_0959.jpg
沢?
ガレガレ
IMG_0960.jpg
何とかベンチ!w
標高2350m!
後1.7km
まだまだや(>_<)
楽しいけどキツイ・・・
IMG_0961.jpg
段々と道が北アらしくなってきつつ・・・梯子出現!
いよいよガツガツ登り?
IMG_0962.jpg
ゼエゼエ
ん?
おぉーーー!
雲海だぁぁぁぁああ\(~o~)/
綺麗~
IMG_0963.jpg
おぉ~
一面の雲海だよぉ!
こんなの初めて見るなぁ!
凄ぇ~~
IMG_0964.jpg
大滝山との分岐まで来ました!
もうチョットぉ!
IMG_0966.jpg
そして美しい雲海!!!
下界は曇り空かぁ
IMG_0967.jpg
蝶ヶ岳ヒュッテ発見!
やっと着いた~~~\(~o~)/
この辺で標高は2600mを越えてます!
正面の穂高の山々や槍ヶ岳には生憎の雲が
残念!
IMG_0968.jpg
コチラ側はスッキリ、クッキリ!
連なる山々まで綺麗に見えます(^^♪
しっかしやっとこ着いたなー
コースタイムをちょいと切るくらい掛かったなー
ヤレヤレ
ヒュッテにチェックインして一休み
昼飯にカレーを頂く
さすがに人は少ないな~
てか、ココ食堂にはストーブ点いてるけど、大部屋には暖房皆無、寒いっ!!!
ストーブ点けてくれ~~~~~
IMG_0969.jpg
一休みして、夕焼けを見に外に出ました
伸びる稜線、その先に常念岳
常念さんには明日アタックですっ
IMG_0970.jpg
穂高の山々の向こうに沈む太陽
相変わらず雲が掛かってます
しかし壮大な光景だなぁ
IMG_0971.jpg
眼下は一面の雲海が広がります
風が殆ど無いので雲が動かないのね
IMG_0973.jpg
黄昏ゆく・・・
なんて広い
IMG_0974.jpg
優しく燃える山々
IMG_0975.jpg
沈み行く太陽
雲が取れて山容がハッキリ見えます
ゴッツゴツの岩山なんだなぁ物凄い!
IMG_0977.jpg
秋の空
最後の陽光
IMG_0978.jpg
コッチも雲が上がって来た
IMG_0979.jpg
生き物のようにうねる雲
優しく色づく
IMG_0980.jpg
雲の下、さらに現れる山塊
なんてスケールだっ
何処まで続く!?
IMG_0981.jpg
槍が出たっ!
あっちまで行くんだよー
信じられない!?^^;
IMG_0982.jpg

IMG_0983.jpg

IMG_0984.jpg
美しい夕焼けを見たら、晩御飯を食べます(^^♪
後はノンビリ同部屋の方とお話
相変わらず寒いけど、持ってきた装備が正解だったなぁ!
ダウン着るまでも無い気温だけど、ファイントラックのポリゴン2ULジャケットが丁度良かった(^^♪
軽いし薄くて蒸れないし、寝るとき着込んで暑すぎなかった
凄くコンパクトに仕舞えるから、持ち歩くのも邪魔にならない!
今日はパンツまで履かなかったけど、ポリゴン2UL、良いです!
さてさて、明日に備えて寝ましょうか
明日も楽しみだ~~~

[広告] VPS
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
再びの北ア!、の前に・・・
2015/10/04(Sun)
10月4日

仙台より移動、向かうは松本!
再び北ア縦走にチャレンジですっ
前回8月のお試し縦走で地図上のコースタイムと自分が実際歩いたタイムとの差が有る程度把握出来たので、
それに基づいて計画を立ててきました
まぁ、今回は前回とは違う経路を辿るから、コースタイム通り又はそれ以下になるかそれ以上になるかは分からないんだけど・・・
んで、今日は明日からの縦走に備えての移動日だったんだけど、前回8月は行けなかった所にお出かけ!

それは・・・

IMG_0918.jpg
国宝、松本城!
IMG_0919.jpg
松本城、カナーリ大昔に一度来た事が有るんだけど、あんまり覚えてないのでまた来ましたw
IMG_0920.jpg
姫路城見ちゃうとそれ程大きく感じ無いけど、渋くてカッチョイイ城じゃ!
IMG_0921.jpg
堀は思ったより浅いし、城全周には無いのね・・
IMG_0922.jpg
館跡等も有ります
天守は込んでいるそうなので行きませんですた(^^ゞ
御爺ちゃん、御婆ちゃんが一杯だっ!

その後駅に戻ったんだけど、行きたかった唐揚げセンターが一杯だったのでコンビニ飯となる(T_T)
まぁいいや、節約だっ!
明日に備えて早めに就寝~

さあって、今回はどんな山行になることやら!?
楽しみだーーーー\(~o~)/
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |