スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
放浪の旅Ⅵ
2009/06/02(Tue)
今日のお宿、<孫六温泉>に到着しますた
ふいぃチカレタチカレタ^^;
しかし孫六、秘湯感タップリ、随分山奥に有るなぁ
IMG_1139kai.jpg
周りはこんなです!
目の前には川が
IMG_1135kai_20090607155316.jpg
宿にはこの川を渡って入るんです
IMG_1137kai.jpg
一瞬、XRで橋を渡って行こうかと思ったんだけど、止めました(^^ゞ
止めて正解w
IMG_1136kai_20090607155524.jpg
結構大きな川です
この川、どーも硫黄臭いんだよね(゜o゜)
宿の人に聞いたら、周りの温泉から流れ込んで匂いがするようだって言ってました
てっきり孫六も硫黄泉かと思ったんだけど、違うのね
驚き(~o~)
受付して、ココの説明を聞く
何でも、この孫六温泉は自家発電だとか!?
あまりの山奥っぷりに電気が来ていないらしい(汗
だから、11時になるとお風呂までの電気が消えるとか
え???
そう、孫六温泉には<内湯>は存在しないのですっ!!!
全て宿の建物の外に湯小屋が有って、一旦宿から出て近くの湯小屋に向かうというスタイルなんですね
ほえぇ
宿の建物は山小屋風
部屋は広いんだけど、中もやっぱり山小屋風ですた
飯は5時半から7時まで
早くね?
部屋食では無く、食堂に集まって頂くスタイルです
早速お風呂に向かいましょう!(^o^)丿
孫六には石造り(コンクリ?)・岩風呂・露天風呂と風呂の数は結構多いです
先ずはノーマル風呂(笑)に入る事に
先客は居ない
戸を開けて、入ると・・・

うわおっ(゜o゜)

わ、ワイルド!
ってか、良い意味でワイルドw
悪い意味で言うと豪快過ぎ(爆
床はコンクリ打ちっ放し^^;
湯船・・・掃除してる?
この温泉独特の湯の花が付いてて、一見湯垢のようにも見えたり^^;
ご、豪快過ぎる!
まさに秘湯!
んでも、このお湯凄く温まるねー
匂いも殆ど無いし、不思議なお湯だぁ
続いて、岩風呂を覗いて見る事に
どーれっ・・・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
・・

(*_*)
ココは海ですかっ!?
どうも源泉から独特の成分が出てくるみたいで、湧出口に袋が掛けてあるんですよ
それに成分が付いてて、まるでフジツボやらナニやらが付いているかのよう(キモ
ひえぇぇぇぇ(>_<)
こりゃ入れん!
無理(-_-;)
何だよコレ~っと思いつつ、隣の露天に向かう
すると、こっちの湯は普通に透明
しかも、目の前を川が豪快に流れていて、グッドルッキン!
おぉ~こうじゃなくっちゃー(~o~)
日の傾きつつ有る空を眺めつつ、暫くノンビリお湯に浸かってぼ~~~~~~っとしてますた(^^♪
関連記事
この記事のURL | バイク・温泉ツーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<放浪の旅Ⅶ | メイン | 放浪の旅Ⅴ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://halusuke.blog31.fc2.com/tb.php/1005-5f519b90


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。