スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お試しで
2009/06/12(Fri)
またまた試してみました<フルシティロースト>
今回買ったお豆さんwは・・・

ルワンダ ミビリッチチャトウオッシングステーションです

IMG_1224.jpg
豆は楕円で小さめだけど、チャニアリバーよりは大きいですね
挽いた時の香りはチャニアリバーよりは酸味が感じられる香りです
IMG_1226.jpg
では、早速淹れて見ましょう~、、、、と、その前に
今回は秘密兵器投入\(~o~)/
それは・・・
IMG_1209.jpg
↑これ
ついに珈琲抽出用のポットを使う時が来た~~~
南部鉄瓶で沸かしたお湯を移して、いざ勝負!(違
どれ

おぉ~(~o~)
お湯が細く出て、量の調整がし易いねー
しかも、独特な注ぎ口のお陰で豆の真上から垂直にお湯を静かに注ぐ事が出来ます!
こりゃ良いわ
もっと早く買っとけば良かった(>_<)

さて、珈琲が入りましたよ!
どれどれ・・・
あ、コレも美味い(^^♪
酸味は思ったよりも全然少なくて、気にならない
あっさりしつつも苦味、甘みの主張が有って良い感じ
チャニアリバーも美味しかったけど、ミビリッチも悪くないな
フルシティでもお湯の温度に気をつければ酸味を抑えて甘みを引き出す事が出来るんですよねー
前に試しにフレンチローストのルブーマAAでお湯を沸騰したてで淹れて見たら、これが苦いのなんの!!!
苦味と共に嫌なエグミも出てきて全然違ったんですよ!
お湯の温度でかなり味のコントロールが出来るみたいです
まぁ、温度だけで無くて、お湯を注ぐスピードとか、粉の量とか、いろいろ条件を変えてみると、同じ豆でも味わいが違ってくるのです
それもまた珈琲の奥深い所!
自分だけの美味しい一杯を淹れる為にも、これからも色々試すぞ~~\(~o~)/
関連記事
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<続いて~ | メイン | 放浪の旅ⅩⅠ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://halusuke.blog31.fc2.com/tb.php/1018-49d53008


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。