スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
NEW!
2011/01/28(Fri)
<初タミ!>、に続くまたまた初物です(^^ゞ

今度は具合悪くなったワケじゃ無いんですけどw

実は・・・
茶筒、、、

茶筒買いましたぁっ\(~o~)/

発端は手持ちの茶筒がボロくなって使い難くなってきた事
蓋が開け難くてねー
元々以前頂いたお茶に付いてた茶筒で、まぁオマケみたいなもの
サイズ的に丁度良かったのでそのまま使ってたのです(^.^)
しかし・・・
こないだお茶新しいのに入れ替えるついでにフト思いついて洗ってみた
すると・・・
端っこから黒い液が!?
鉄芯でも錆びたかぁ?
うーん
もういい加減長いことコレ使ってきたし、長く使うものだからもチット良い茶筒が欲しいなー、と(^^ゞ
最初は木製のモノを探したんだけど、カビる可能性が有るので未塗装のものは却下
んでもただの塗装とか染料系もイヤだなぁ・・・VOCとか(違う?
んで、伝統の漆塗りのものなんかも見つけたんだ~(^^♪
んでも、結構するのと、デザインが今一ピンと来ないので買う一歩手前で躊躇
アマゾンなんかで探すとそれこそ山ほど出てくるけど、どれもこれも今一過ぎる~\(-o-)/
うーむ
贅沢する気は無いんだけどなー
なんか、こう職人の一品!のような品の方が、やっぱ長い事大事に使える気がするんだよね~
ペアスロープのキップコートとか、大峽製鞄の鞄とか、やっぱ高くても良いモノは飽きずに長く使えて結局お得だと思うんだよね(^_^;)
早々何度も買うものじゃ無いしw
んで
急いで買い換えるものでも無かったから、ノンビリ探してたら・・・

めっけ\(◎o◎)/


IMG_3036.jpg
買ってるし・・・(^^ゞ
開化堂さんの茶筒です
IMG_3035.jpg
こんな立派な箱に入ってきます(~_~;)
後から分かったんだけど、開化堂さんは創業明治8年、茶筒の老舗だったんですねー
銅・真鍮・ブリキ・銀(!)など材質もイロイロ有って、今回は殺菌効果も有るらしい銅製を選択
ブリキと迷ったんだよな~
IMG_3041.jpg
底には開化堂さんの印が
IMG_3043.jpg
蓋はこのように上部で留めるタイプと落とし込むタイプの2種類が有ります
IMG_3044.jpg
内側はおそらくブリキ製
これらはみんな一枚の材料から職人さんが切り出して曲げてくっ付けて仕上げる、全て手作業で生まれるそうです
驚くのは上蓋は位置を合わせて乗っけると自重ですーーーっと閉まっていくんですよ~!
すごいなぁ
それと、このお茶筒、使うたびに手のひらで撫でていくと色艶が変わっていくそうなんですよ
そういう変化も楽しめるんですね~(^^♪
慣らしから使い込んで自分のモノにしていく感じで、良いですねー
楽しみだなぁ
関連記事
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<お気に入り(^^♪ | メイン | 初タミ!?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://halusuke.blog31.fc2.com/tb.php/1277-861d03b4


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。