着々と
2012/07/01(Sun)
ロングツーリング準備ちうでっす(^^ゞ

7月13日はお休みを頂いたので4連休っ!なのです
で、ロングツーリングと言えば荷物どうするか、ですよね
XRで使用中のサイドバッグの使い勝手の良さから、隼にはパニアケースをつけようかと思ってたんだけど・・・
一端考え中(~_~;)
ナゼなら・・・

隼結構幅が有るから

では無く!

結構重いから(爆

乗ってる間は全然いんだけどねー、やっぱ歩いて押す場面では重さを感じるし、倒さないか緊張する(>_<)
だから、これにさらにパニア付けて重量増(取り付けステーも!)になるかと思うと、チョット・・・
XRでもサイドバッグ付けて荷物満載すると切り返しで重量感有ったしなぁ
で、今回隼についてはサイドバッグ作戦は取らず、シートバッグで行く事にしますた

XRでサイドバッグ使ってたのにはワケが有りまして・・・
一番最初にXRでロングツーリングに出た時、荷物積むのに大きめのシートバッグ使ったんだよね
IMG_1114kai.jpg
これは2009年6月だなー、懐かしい~!
IMG_1143kai_20090608223649.jpg
こんな感じにバッグを積んで、バイクへの固定はネット
ただ、XRにこのサイズのバッグを縦に積むと乗車スペースに制約が出来て正直乗り難くなったし、なによりバッグの固定がイマイチ
柔らかいバッグを伸縮するネットで固定したもんだから、動くんだよね^^;
落ちるんじゃないかと気になって仕方なかった

次に日常の使い勝手を良くしようと導入したサドルバッグが予想外に使いやすかったのでサイドバッグの導入を決意
IMG_2796.jpg

IMG_1918kai.jpg
これが大正解!
予想より積載量が少なかった事を除けば、バイクへの積み下ろしも簡単でとても使い易くて良い選択でしたねー
XRの場合シート高が有るのでシート上に物が無くなるのも良かったです
荷物の上を足振り上げて乗るの大変だし~w
この状態で北は北海道まで、カナーリいろんなトコまで走りに行きました(^^♪
でもね、一つ困った事が・・・
それは、防水じゃ無い
雨の中走ると思った以上に中は濡れる!
仕方無いので濡れたら困る着替えなんかは大きなゴミ袋に入れてから詰めてましたwww

そんな事から、今回の選択では以下の条件を満たす事にしました

・バッグの確実な固定(と、簡単な着脱)
・防水であること
・XRのサイドバッグの時もそうだったように、バイク側に残る固定用のステー等が大げさで無く、バッグを外した時もスッキリしている事

ネットを彷徨って検討した結果・・・決まりましたっ!
IMG_3663.jpg
イキナリ完成写真w(^^ゞ
クリーガUS30ですっ
イギリス製らしい
製品には<DP>のマークが入っているんだけど、これは<ドライパック>の意味で完全防水を謳っています
容量は30L
バックルやループが至る所に付いていて、バッグの固定や追加装着まで考えられた製品です
IMG_3665.jpg
試しに3泊分の着替えとカッパを詰めてみたんだけど、まだ入りますねー
IMG_3666.jpg
リヤシート上に積むのに丁度良いサイズかな
IMG_3673.jpg
バッグの固定はリヤシート下、シートレールに固定した付属のループを使います
IMG_3674.jpg
ループは4箇所で、使わない時は簡単に隠せます
IMG_3667.jpg
このループにこれまた付属のアルミバックルの付いたベルトを引っ掛けて固定します
IMG_3668.jpg
バッグとの固定はこのように簡単確実です
IMG_3669.jpg
IMG_3670.jpg
バッグを固定するのにベルトを引っ張ってテンションを掛けるんだけど、余ったベルトが踊らないように抑える金具まで標準装備しています!
IMG_3671.jpg
横から見るとこんな感じ
バッグの積み下ろしもバックルを外すだけ、と簡単だし、降ろした後の持ち運びがし易いようにショルダーベルトまで付属してます!
至れり尽くせり(^^♪
IMG_3672.jpg
このクリーガの良い所は、他のクリーガ製品とのジョイントが簡単に出来る事
手軽に容量UPが出来るのです!
いやぁ、凄いねクリーガ!!!

これで後はタンクバッグ付ければいんじゃないかな~(^^♪
関連記事
この記事のURL | バイク・温泉ツーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<おさんぽ(^^) | メイン | 花盛り~(^^♪>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://halusuke.blog31.fc2.com/tb.php/1388-1849b424


| メイン |