菅生サーキットゲームファイナル・フリー走行2回目
2005/10/26(Wed)
フリー走行1回目の感じから、もう少し車を安定させる方向に振る事にした。
まず、リヤのトーを0からインに1mmに変更。
いやー、現場でトー調整なんて初めてやりました^^;
おやびん、有り難う御座います
んで、リヤが粘らず簡単に流れてしまう症状を抑えるためにフロントダンパーの減衰を1段硬くしてみた。
どうも姿勢変化が大きくてフロント荷重になり過ぎているような感じなので。
最初はリヤの車高を下げようかと思ったんだけど、一度に多くの変更はハマル原因になるし、あまり前上がりになるのもチョッと考え物だったので却下。
これで走って見て傾向を見る事にする。
その他のセッティング変更は無し。
↓撮影・おやびん
1130144789kai.jpg

コースイン
車は一度走ってこなれているので最初から飛ばす。
アタック1周目
フロントダンパーを1段上げた効果で舵の効きが良い。
減衰を上げて動きが悪くなるんじゃないかと思ったけれど、そういう感じは全く無い。
ノーズダイブも明らかに減って頭の入りが良い。
タイヤはまだ完全に温まってはいないがフィーリングの良い間がチャンスと飛ばした結果、この周33秒927をた叩き出す。
車載映像を見ていると良く分かるのだが、ライン取りが正確になっている。
1回目の走行ではラインを外す場面が多く、自分の感覚と車の動きが乖離している様子が良く分かったのだが、それが少なくなっている。
続けて翌周もアタックを継続する。
やはり3周目に入るとタイヤが完全に温まってグリップが向上。
しかし、それに乗じて進入速度を上げ、コーナリングスピードを上げていこうとすると呆気なくテールがスライドを始める症状が出た。
1回目の走行で感覚は掴みつつあったのでそれも考慮したライン取りに変更。
タイムアップを目指す。
2回目の走行で目立った変化はハイポイントコーナーでの走り。
ここは続くレインボー、その後のバックストレートとタイムに響くコーナー
今まではどちらかと言うと進入後、弱アンダー傾向で曲がらない感じがして必要以上にスピードを落としてしまう事が多かった。
しかし、今回の仕様変更によって唐突なテールスライド(粘らない)が発生するようになってしまった事に対処するため、進入から溜めて車の挙動を押さえ込みつつ無理なく流すような走り方になっていた。
結果的にハイポイントコーナー進入速度は以前よりアップ
怪我の功名って感じですかね(^。^)
温まって向上したグリップを生かして各コーナーにハイスピードで進入、速度を維持してタイムを稼ごうとしたんだけど、そうするとやっぱり挙動が乱れて上手くない・・・
もう少しリヤのグリップを稼ぐ方向にしないとまだダメみたい
結局、アタック1周目に記録した33秒927がベストだった。

33秒927
34秒057

55秒701でピットイン

車載映像を見ていて気が付いたんだけど、ピットに入り、開口一番
ダメ
って・・・(^^ゞ
続いて
リヤがダメ
だそうで・・・・
怖いっすよマジっすよhalusukeさん
おやびん、スイマセンm(__)m
ヤレヤレ

フリー走行1回目・2回目の総合では結果的にはトップでポールポジションを獲得する事が出来た。
ただ、自分では不満でしたね~
だってもっと速く走れるハズなんだもん
正直
33秒ナンテ・・・
オセーヨって気分でした

この後の決勝に向けてセッティング変更
リヤの車高をダンパー全長で0.5mm下げる事にした。
↓撮影・おやびん
1130144972kai.jpg

車高調整中、視線を感じてフト振り向くと写真撮ってるおやびんが(爆
あと、ブレーキがエア噛んでふにゃふにゃになってきたのでエア抜き。
これでどうなるか
現場で出来るセッティングはやったので、後は全力で走るのみ
おっとその前に、人間のガス補充しておかなきゃ(笑

食うと眠くなりますね(^^ゞ

寝ました
すると・・・
写真撮られてましたぁぁぁあ
ふげ~って寝てるトコ(核爆
↓お昼ね中・撮影おやびん
1130145501kai.jpg

不覚っ

各部の温度ナド
水温80℃
油温86.5℃
rev8220RPM
speed215km
ブースト1.1

ダンパーF2段目R3段目
ウイング2段目
Rトーイン1mm
関連記事
この記事のURL | サーキットのこと | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<菅生サーキットゲームファイナル・決勝スタート編 | メイン | 菅生サーキットゲームファイナル・お友達編>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/10/27 08:57  | | #[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://halusuke.blog31.fc2.com/tb.php/14-353862e7


| メイン |