スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2012北海道ツー・3日目・その2
2012/09/16(Sun)
湖畔の撮影会を終了w、またまた走り出すます!
洞爺湖には湖畔すぐ脇を走れる道が有るんですね~
一部車だとすれ違いが困難な場所も有るけど、バイクだから無問題w
IMG_3819.jpg
それにしても洞爺湖、思ったより遥かに大きな湖で、走り甲斐が有ります!
IMG_3820.jpg
この道は殆ど車も通らないので快適(^^)
IMG_3821.jpg
水が綺麗だなー
湖畔周遊道路も終わり、一端2号に合流
実はこの辺りでお昼になって、積丹の海のやさんお勧めの洋食屋さんに行くつもりだったんだけど、行ってみたらこの日は団体さんが入っててダメだった(>_<)
仕方なく洞爺湖温泉街を廻ってみる事に
なんかイイとこ無いかな~~
とある大きなホテルの下を通り過ぎようとしたその時、道端で可愛い仲居さんがナニやらボード持って立ってますよ!?
何だ!?、と振り返ってみると<ランチバイキング>と書いてあったような・・・
少し先でUターンして戻ってみたら、確かに<ランチバイキング>と書いてありますた!
「ボードに釣られて来ました!」って言ったら笑ってた^^;
ココは洞爺湖温泉・湖畔亭さんです
ランチバイキング1000円で、300円プラスでお風呂セットにする事も出来ます(^^)
バイクは湖畔亭正面玄関脇に停めさせてもらえてラッキー
大きなホテルですねー
従業員の皆さんは目が合うと皆さん元気良く挨拶してくれます
さてさて、肝心のバイキングは、と言うと・・・

グーですっ!


メニュー豊富だし作りたてのものを出してくれるものが多くて好印象
しっかりデザートで締めて満喫!
元取った?www
腹を満たしたら、お次はお風呂です
湖畔亭のお風呂は9階に有るそうです
行ってみると・・・

(゜o゜)
\(◎o◎)/
\(゜ロ\)(/ロ゜)/

ナント!目の前に広がる洞爺湖、絶景ですっ!
全面ガラス張りの内風呂はまるで露天風呂かのような開放感!
著色の湯花が浮くお湯も柔らかで、湯加減も丁度良くて長湯可能です(^^♪
洞爺湖を眺めながら、暫しボーーーッとしてました(^^ゞ
贅沢だ・・・

バイキング&温泉を満喫したら、再び出発
703号に入り、やって来たるは・・・
IMG_3822.jpg
昭和新山!
いや~、久々に来たなー
中学校の修学旅行で来た以来だよ(汗
相変わらずモッコリした山肌からまだまだ元気に煙を出してました(^^)

続いて453号に入り、海に出ます
今度は37号に入って海沿いを
綺麗な海を眺めながらの走行になる、ハズだったんだけど、この辺りから雲行きが怪しくなってきた(~_~;)
しかも意外に交通量が多くてペースも上がらないー
長万部から5号に合流、海沿いを行くも前方は真っ黒な雲が低く垂れ込めて、、、雨降りそう~~~
雨が降ると、今日この後ヤリタイコトが出来なくなるのと、延々続くチンタラ走行に疲れてきて国縫から高速乗っちゃいました(^^ゞ
八雲を過ぎた辺りでとうとう雨が~(>_<)
しかもSAもPAも無いのでそのまま走るしかなーい!
んでも、隼走ってれば肩から下は足の先まで殆ど濡れない
落部で降りる頃には幸い雨も止みました(^^)
5号から67号に入ります
今度は海岸沿いから一転して山の中へ
しかも結構な山道で、威たる所に「熊(ヒグマ!)出没注意!」の注意書きやら看板がっ
で、出るのか!?^^;
恐々走って行くと、終に到着、今夜のお宿<銀婚湯さん>でーす
到着すると、駐車場には車が一杯です!
おぉー人気なんだなぁー
中庭には立派なお庭が有って、その傍らに木造の宿本館が
歴史を感じさせる建物です
中に入るとハキハキしたおばちゃん(女将さん)が応対してくれました
ココ銀婚湯には内風呂、露天風呂の他に貸切で入れる露天風呂がいくつも有るんですねー
中でも大きな丸太をくり貫いて湯船とし、そこに源泉が掛け流されているという、温泉好きには堪らない風呂が!
それが目当てで来たのです(^^ゞ
部屋は広々として落ち着いた和室
着替えたら早速風呂へ!
しかも貸切っ!
貸切露天風呂に入るには、先ず1階の受付に行きます
で、そこで希望の風呂のカギも貰って、風呂の場所を教えてもらいます
ナント旅館から結構離れた所に風呂が有るらしい!
丸太露天は一杯だったので、空いてる風呂にGO!
玄関を出て左手に広がるお庭を抜けます
抜けたら旅館裏手に出るんだけど、そこから少し歩いてその先に広がる明るい林の中に入って行きます
途中途中には看板が有って方向が分かるようになってるんだけど、風呂の姿は一向に見えません
明るいとはいえ立派な林の中を森林浴しながら歩いて行くと・・・
林の中に建物が!?
終に到着~\(~o~)/
意外と歩いたなぁ
これなら夜間は入れないのが分かるよー
ココは露天では無く、倉湯となっているお風呂です
渡された鍵を使って戸を開け中に入ります
すると、思ったより広い空間、中央に岩風呂がこしらえて有りました
早速湯浴みおば
3人は入れるかな?というくらいの湯船にはやや茶色のお湯が静かに注がれて、静かな倉の中に凛とした空気が漂ってます
掛け湯をして、入浴
思わず、あ~~~~~~、と声が出るくらい気持ち良いお湯!
こんなの独り占め出来るなんて、贅沢やな~
静かにゆっくりお湯を楽しんで上がりました

部屋に戻って暫し休憩、またまた出撃です!
今度はカメラ持って行きますよ(^^ゞ
さて
宿を出て、先ずはお庭に入ります
IMG_3823.jpg
こーんな小道を抜けて行きます
IMG_3824.jpg
裏に出るとこーんな看板が
IMG_3825.jpg
途中の林
さっきはこの奥に有る倉湯に入りました
IMG_3826.jpg
こーんな立派な林なんですよ
IMG_3827.jpg
その先には道が続いてまして・・・
IMG_3828.jpg
!?(゜o゜)
つり橋!?
IMG_3829.jpg
宿専用つり橋・・・スゲエ
IMG_3830.jpg
ドキドキ
このつり橋、渡ると結構大きく揺れるんだよね~
下は意外に流れの激しい川
怖いよぉw
IMG_3831.jpg
渡った先にはこーんな風景が
一体どんだけの敷地が有るの!?
IMG_3832.jpg
やっと着いた^^;
面白いのはココは鍵開けて入るんじゃ無く、鍵閉めて入るんです
IMG_3834.jpg
中に入ると脱衣所が有って
IMG_3833.jpg
露天!
この岩風呂、従業員の方々が自ら彫り上げたそうですよ
岩風呂に注ぐお湯は先ほどのとはまた違うお湯だそうです
源泉が何本か有るそうで
風呂の傍らには紅葉の木が有って、これから紅葉の時期には綺麗なんだろうなぁ
IMG_3835.jpg
お湯と一緒に自然も満喫出来る露天風呂でした!

宿に戻って今度はお楽しみの夕飯です(^^♪
夕食は部屋食なんですね
んで
IMG_3836.jpg
運ばれて来たのは地の物を生かした新鮮な食材ばかり
派手な料理は無いかもしれないけど、どれもこれも美味しくて満足!
IMG_3837.jpg
こういうスタイルも良いね
北海道には最北の醸造所が作る日本酒が有るんだけど、銀婚湯さんで飲めました!
かなーり辛口な酒でした~
満足\(~o~)/
関連記事
この記事のURL | バイク・温泉ツーリング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2012北海道ツー・4日目 | メイン | 2012北海道ツー・3日目>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://halusuke.blog31.fc2.com/tb.php/1414-aa7ba727


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。