新天地!
2015/02/28(Sat)
気温が上がって急激に春の気配ですね(^^)
うちの近所も冬枯れ色だった野山やその辺の道端がどんどん緑になってきててビックリ!
植物ってスゲー

と、言うワケで\(-o-)/

どんどんシーズンオフに向かいつつある(?)雪山へ、今日も行ってみよーーーー\(~o~)/

向かった先は、蔵王エコーライン
宮城側から登って~
すみかわスキー場!
エコーライン、何度も通ってきたけどすみかわスキー場来たの初めてだ(^^ゞ
意外とこじんまりとしたスキー場なのね
麓で6℃だった気温もコチラではマイナス2℃ほど
思ったより寒く無いなー
車を停めて、サクサク準備
今回は一応バラクラバ持って来た
上の方チョーーーー寒かったら顔凍るよね(~_~;)
先ずはリフト券を買う、、、、と、思ったら、2番、3番リフトの除雪が完了してないらしく、まだ動いてないそうな
現時点で9時半
9時からリフト動くって事でこの時間に来たのにーーー
まぁ、仕方無いので暖かい休憩所でノンビリ
ついでに登山届けも記入しといた
初めて書いた!!!\(◎o◎)/!!!
10時過ぎてリフト稼動
んじゃ行きますかーーーっ!
ゲレンデにはボードやらスキーを楽しむワカモノが
ボードのが多い感じだなぁ
スキー場来たの何年ブリだ!?
最後に滑ってから15~7年ブリくらいカモ!(^^ゞ
リフトの乗り方は忘れてなかったw
おぉー
背中のザックで椅子に深く座れないよぉぉ
怖ぇ===(>_<)
しかし、リフト乗ってると寒いね
今日は寒さを予想していつも着ないミドルまで来てるんだけどなー
さすがに初っ端から全然歩いてない状態でリフト乗ると体温まって無い分サブイわな

第二リフト乗車

リフトは3本乗り継いで上まで行くのです
周りを見ると登山者はオイラだけー
下には登山の人も居たんだけどなー

第三リフト乗車

高度が上がって眺めが良い!
雲は有るものの、空も青くて綺麗だっ
こりゃ良い時来たカモ!?

第三リフトを降りると正面に看板が
IMG_0353.jpg
観光ツアーコースの方に歩いて行きます
IMG_0354.jpg
先には先行の登山の方々が
登りをツボ足で歩き出す
いよいよだっ!
しかし、登りだとスキーとかボードの人は酷いね
特にボード最悪(~_~;)
その脇をサクサクと歩いて行くオイラ
チョット優越感?ww
先に進むと道は二股に
右の方に行きます
ココ、どうやら樹氷観光の雪上車が通る道らしい
雪上車のキャタピラの跡で少々歩き難い^^;
IMG_0355.jpg
左上はお約束の指w
良い天気!
人も少ないし、やっぱ蔵王は広大で眺めもなかなか
IMG_0356.jpg
この辺りは樹氷じゃ無いのね
意外に木も出てて、融けた??
IMG_0357.jpg
向こうに連なる山々が見えます
IMG_0358.jpg
良い空だ!
IMG_0359.jpg
くわーーーーっ!
体が温まって暑くなってきたのでミドルを脱ぐ
結構高度感が有ってシンと冷たい空気
良いねぇ!

前方にスノーシューの集団が歩いてて、追いつきそうになると休憩しつつ歩いてきたんだけど、彼らが左側の山に入って行く
アッレー???
事前に調べてみたら右側を登るハズ・・・
んでも目印の旗竿も立ってる
コッチ行ってみるかぁ?
見ると雪が深いようなので、ワカンを履く事に
ワカンを履き終えると「こんにちわー」と後ろから声をかけられた
振り返ると一人の初老の男性が
「ココは何処に出るんですか?」と聞かれたので、オイラ今日初めて来たので分からないと答える
男性と暫し話をすろと、やっぱり右側を登るそうな
大黒天はこの先だそうなので、このまま除雪車道(?)を行くコトに
初老の男性とお話しつつ歩く
誰かと一緒に歩くの初めてだ・・・
男性は前に登りに来て天候の悪化で登れなかったそうな
この先の大黒天に刈田岳へと続くルートが有るらしい
男性はアイゼン履いて、手にはピッケル!
おぉースゲー\(゜ロ\)(/ロ゜)/
ってか、この状況でその装備居るか!?
どー見ても役に立ってない気がするのですw
むむむ・・・イロイロ教えてくれるけど、イマイチ頼りない・・・
てか、やっぱり気使うなぁ、、、歩くペースとか・・・
写真撮る事にして男性に先に行ってもらう
ヤレヤレ(^^ゞ
そうこうする内、大黒天到着
IMG_0360.jpg
おぉー
IMG_0361.jpg
夏場はココ登るんだなぁ
しかし肝心のルートが見つからない
IMG_0362.jpg
先に進むと先ほどの男性が困った顔して立っていたので聞いてみると、トレースが埋まってルートが分からないそうな
フーム
しかし、アレ辿っていくんですよ、と言われて見た先には意外に太いポールが立っている!
アレなの???
しかも何か山肌と平行してない?
このまま突っ立ってても意味が無いのし、オイラはワカンだから新雪の上でもノープロブレムなのだ!
チョイと行って見ます、と雪の中へGO!
少し登ってポールに近づいて見ると、それは実は雪上車道を示すポールなのであった
なーんだ違うじゃんか~~~
下の方でウロウロしてる男性はもう信用しないぞっ!
自分でルート探そう!!!
先ほどの大黒天で見た夏用ルートに有った杭(?)が気になって、周りを見ていると、今オイラが居る斜面の頂上付近に1本大きめのポール(?)発見
臭うな・・・w
よし、方向としては大黒天を登って刈田岳へ向かう方向だし、何より除雪車道を歩いても面白く無いのでこの斜面を登る事決定!
少し沈む所も有ったけど、ラッセルする程じゃ無い
ズンズン登って行くと凍っていて足場が固くなって行く
ゼイゼイ言いながら登りきると、先ほどのデカイポール発見
結果的にはコレは何かの柱で、道標では無かったものの、大黒天から続く道には出れたので結果オーライ
IMG_0363.jpg
おぉ~
良い眺め!
雄大だなぁ
杭が頂上に向かって続いてる
それに沿って登って行くと、前方に今度こそ本来の等間隔で立つポール発見!
しかも先ほどのスノーシュー軍団(?)まで現れた!
間違い無い!!!
斜面を登りきってポールの立つ登山ルートに入ると、下のほうに除雪車道が見えた
あー、もう少し先まで歩くとこのルートに入れたんだな~
あのオッチャンに騙されたわw
まぁ、これで一安心
IMG_0364.jpg
周りを見るとチラホラとスノーモンスターが!
おぉっ!
良いねぇ!!
これを見る為に登ってきたような物なんだからー

しかし、このルート、所謂<稜線>に出たみたいで急に風が強くなってきた!!!
しかも寒いっ!!!
オマケにガス?雲?
どんどん見通しが悪くなっていく~~~~~(>_<)
蒼空が・・・

気持ちを切り替えて集中、再び登り始める
この辺りから傾斜がキツク、息が上がる
登り続けると高度が大分上がって凄く寒くなってきた!!!
オマケに風強い===
顔が痛いのでバラクラバを装着!
オマケに隙間から雪が目に入るのでサングラスからゴーグルにチェンジ!
再び歩き始めると、バラクラバのお陰で顔が痛くない(^^♪
少し呼吸がし辛いものの、そんなに酷くない
持って来て良かった!
稜線は一部ガリガリに凍った所は有るものの、やっぱり雪が積もっているのでワカンでOK
アイゼン履く程じゃ無い
ガスで薄っすらと曇る視界の先、斜面が切れてきた
頂上か!?

唐突に頂上だった

ネットで見た氷のカタマリになった避難小屋が最初に目に入って、続いて氷で妙な大きさになった鳥居、そして神社

やった~~~~~
頂上や!
IMG_0366.jpg
コレなんだろう?
記念写真撮ってる人達居たけど・・・
一体ナニ???
IMG_0367.jpg
モッコリモンスターと海老の尻尾
IMG_0368.jpg
何もかも面白い形に凍ってる
IMG_0369.jpg
標識もこの通り^^;
IMG_0370.jpg
終に到着!
結構ガスって来た・・・
結構嬉しくって辺りをウロウロしてみるw
何処もかしこも凍りのカタマリだーーーー\(゜ロ\)(/ロ゜)/
IMG_0371.jpg
<鳥居>の、ようなモノw
何か昔のTVゲームのエイリアンみたいな形してるなぁ
IMG_0372.jpg
こうして写真で見るとチョッとキモイ^^;
ナンデこんな形に凍るの!?
IMG_0373.jpg
不思議な事に、神社は神社の形にキレイに凍ってる
ナンデ?
IMG_0374.jpg
ホラ
どうしてなんだろう・・・やっぱカミサマのお力?
IMG_0375.jpg
辺りは鱗状の氷だらけ

お腹が空いたのでご飯にしたいんだけど、強烈に風が強くなってきたし、雪混じりのガスで視界が!!!
もっとこの辺りを散策したい所だけど、視界が利かない中無理するのは危険だ
ホワイトアウトしたら怖いので早々に下山する事に
先行のスノーシュー組はまだ神社辺りに居る
大丈夫なんだろか?

避難小屋まで来たので中を覗いてみようと入り口へ
入り口には休憩中と思しき方々のスノーシューやらストックが多数
避難小屋は諦めて先を急ぐ事に

見渡すとガスで白くなってて見通しが利かない!
ホワイトアウトか!?
どっちに行ったら良いか分からなくなりそうで一瞬焦る^^;
まだ足元は見えるし、来た方向も分かるので良いものの、一人で真っ白は怖いなぁ
GPS買うかな

登ってきた稜線に出るとポール発見、ホッと一安心
サクサクと氷と雪を踏みしめる音を楽しみつつ下降
IMG_0376.jpg
道標もこんな
どうやら風は一方向からしか吹かないみたい
IMG_0377.jpg
小太りのモンスターも居てますw
IMG_0378.jpg
頂上はもう見えん・・・
IMG_0379.jpg
痩せっぽちのモンスター行進中
IMG_0380.jpg
コッチはうつむき加減のモンスター
何かいろいろ個性的で見ていて面白い

途中、木陰に窪みを見つけたので休憩する事に
ヤレヤレ~
薄手のグローブに換えて食事の準備
持ってきたカップラーにお湯を入れて、待っている間お握りを食べる
お握りウメー!
でも冷たい(~_~;)
カップラーで暖まろう!
おぉ~ウメーーーー\(~o~)/
んでも、急激に冷めていくのにはマイッタ!!!
さすが極寒の地だ
今何℃くらいなんだろう、、、今度温度計持って来よう
食事をマッハで終え、撤収
グローブを換える
今回はプチ凍傷にはならなかった

ポールを辿って降りていく間に広大な雪原に踏み込んで遊ぶ
IMG_0381.jpg

IMG_0382.jpg

IMG_0383.jpg

IMG_0384.jpg
やっぱ蔵王は広大だなあ
今まで歩いてきた太白山や泉ヶ岳とは全然違う
んでも、このルートは登りの長さで言えば泉ヶ岳の方が長くてキツイかなぁ・・・
意外にアッサリ登れたし(^^ゞ

除雪車道に出た
後は道を歩いてゲレンデを下る

・・・
・・






長い
ながーーーーーーーーーーーいっ

来るときこんな長かったかぁ???
てか、やっぱ疲れているせいか!?
凄く長く感じるよぉおお(>_<)
下りのハズなんだけど、あんまり楽じゃ無い
キャタピラで掘り返された雪面なので歩き難かったりするのだ
景色を眺めつつ歩く
これでもっと天気良かったら眺めサイコーなんだろうけどなぁ

よっとこさリフト終点に到着

ヤレヤレ(~_~;)
てか、こっからゲレンデ歩いて降りるのかよ~~~~~~~\(゜ロ\)(/ロ゜)/


・・・
・・


ゲレンデはとっても広かったw

リフトで上がるのは短い気がしたんだけどなー
颯爽と滑るボードやスキーの方々がとても羨ましかったのはナイショだっ!w
延々と歩いて、漸く下山
先ずは下山のサインを書く
休憩所で残りのお握りを食べて、少し休憩してから撤収

いやー
今回も新たな挑戦が出来て楽しかった~~~
今度は山形側から登ってみたいな

今回の教訓
・バラクラバは強風下で有効
・ゴーグルも強風下で有効
・ルート確保、確認は必須!!!

雪山怖いけど、今しか見れない景色が見れるし、歩く道は自在だし、楽しいな
また来よう!
関連記事
この記事のURL | ノンジャンル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<えぼつー | メイン | すわいこぉ~!な、天気>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://halusuke.blog31.fc2.com/tb.php/1551-c3d0dc14


| メイン |